スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OJIBAH「THE FIRST CAUSE」の感想

2010.08.29 | Posted in 音楽

ZAKAIでアルバム未収録のCD-Rが特典として付いて売っていたのを何度も目にしつつも、買うことを先延ばしにした結果、在庫無しとなってしまったが故、仕方が無くAmazonで購入。なんつーこった。

OJIBAH「THE FIRST CAUSE」 2010.05.19 OJIBAH「THE FIRST CAUSE」

SD JUNKSTAという個性的なMCの集団の中では、比較的オーソドックスなフローのOJIBAHという印象から一転、トラックのリズムから外れようが強い剛性を持っているとも言えるフローによって強引に引き戻す力を持つOJIBAHのラップは、聴いていてハラハラさせられなく、安定感があって凄く良い。

ただ、OJIBAHのラップが印象強すぎて、どうしても個々の曲に対する印象が抜けきらない。確かに、OHLDによるM-3「Distance」なんて戦慄的で格好良いし、BACH LOGICによるM-10「South Xide Chronicle」も攻撃的なメロディは好み。トラックに引っ張られて印象は多少左右するものの、最終的にはOJIBAHの強いラップに覆われて運ばれる。好みから外れるトラックでも、OJIBAHの強いラップに覆われ中身が隠されて運ばれる。同時期に聴いたhaiiro de rossi「SAME SAME BUT DIFFERENT」と異なるのは、haiiro de rossiのラップはトラックに乗っているのだけれど、前記した通りOJIBAHのラップはトラックを覆っていると感じた。それでも、好きで何度も聴いてるけれどね。

そんな中、最後のM-11「GOING」ではやや実験的なラップを見せる。トラックにもピアノが入り交じって、最後にフッと作品を昇華させようとしているのか。実験的と言ったのは、どうにもこのフローはOJIBAHが苦しそうな印象を持ったし、トラックもなんだか少し浮いてしまっていた気がした。ただ、作品全体の緩急という意味では、こういった曲がもっとあれば、個々の印象が抜ける気はした。贅沢なもので、一定水準以上なものでも安定した供給があると、不満が生まれてしまう。勝手だよね。

佐々木希「噛むとフニャン feat. Astro」の感想

2010.08.14 | Posted in 音楽

本タイトルをYouTubeで初めて目にしたとき、誰かがRemixしたのだろうと思っていた。聴いてみれば、佐々木希がイントロを歌い終わってからのつなぎが凄く自然で、且つ、PVにもAstroの面々が登場してきた辺りから、まさかの公式曲だと気が付き驚く。

佐々木希「噛むとフニャン feat. Astro」 2010.07.21 佐々木希「噛むとフニャン feat. Astro」

普段耳にするメロディにラップが乗るという、二本の線が交わったときの高揚感は抑えられなくて、こういった賛否ありそうな曲であろうと手放しで乗っかることのできる自分は、PVの再生ボタンを連射連射。それにしても、なぜたむらぱんではなく佐々木希にスポットライトを当てたのだろうか。そりゃ佐々木希を起用すればセールス面ではある程度見込めるのだろうけれど、たむらぱんはShing02の「接近」にてラップをしている訳で、たむらぱんであればもっと面白いことになるのではと残念でならない。どうせなら佐々木希にも1バース分ラップさせても面白いかと。

あとさ、こういった曲って「普段耳にしているメロディ」と「ラップ」の融合が面白いのだと思うのだけれど、なぜ、それをRemixした曲を入れるのだろうか。土台ひっくり返して、CDの容量を埋めるかのように収録されたRemixは、カラオケバージョン2曲を含めて不要。

余談。YouTubeにあったAstro「eraser」が凄く良い。やっぱり、Astroの魅力はtaoにあった気がするなあ。



MIDICRONICA「#501」と覆面レスラー

2010.07.17 | Posted in 音楽

ひと月程前、改めてサムライチャンプルーを見て、「san francisco」が聴きたくなって。

MIDICRONICA「#501」 2005.04.27 MIDICRONICA「#501」

MIDICRONICAの設定が、小中学生の妄想が記されたノートの1ページをそのまま転記してしまったかのような、そんな読んでいるこちらが辱められているような気分にさせられる。しかしそうは言ってみたはものの、MIDICRONICAのやや無機質な音の部分がこの設定とリンクしていて、決して馬鹿にはできないなとも思った。さらに言うと、各メンバのラップは何を言っているかわからなく、日本語ではあるのだけれど、その聴き取りにくい部分がこれまた無機質だと思うことを助長させてくれる。

あと、MIDICRONICAにはメンバの名前に3桁のコードネームが割り当てられている。それは、客演陣も同様で、まさに覆面集団なのだけれど、CDケース裏面を見れば「feat. 114 a.k.a 坪井(アルファ)」というように、覆面として登場したそばから、自ら覆面を脱ぎ捨てて、俺は坪井だぜへっへーと言わんばかりに設定の粗を露呈しているところに、どうせならラップするまで覆面を着用しておけよと思う。

まあ、客演陣の名前一つで購入意欲の上がり下がりがあるので、コードネームだけでは、、、というのも理解できるけど、「お前、平田だろ。」と言われるのではなく「俺、平田っす。」って覆面レスラーが自己紹介しだしたらちょっと嫌。



Tiara「Message for you」の感想

2010.06.15 | Posted in 音楽

静岡県浜松市出身のシンガーソングライターTiaraの1stアルバム。

Tiara「Message for you」 2010.05.12 Tiara「Message for you」

まずティアラを想像してみます。そう、頭に乗っけるアレです。次にアレを頭に乗っけていそうな人物を想像してみましょう。そこでその人物にお歌を歌っていただくことにします。できました。その歌っている人物こそTiaraです。つまるところ、TiaraがTiaraであるゆえんは、ティアラを頭に乗っけていそうな、少したがが緩んだ歌声にあるのは間違いなくて、この上無いほどのティアラ感が表れている本シンガーの絶妙なネーミングだけでお腹いっぱい。決して嫌いではありません。おしまい。

BENI「Lovebox」の感想

2010.06.14 | Posted in 音楽

BENI名義の2ndアルバム。

BENI「Lovebox」 2010.06.02 BENI「Lovebox」

1stアルバム「BITTER & SWEET」の焼き増しのような作品と言えばしっくりくるだろうか。それもそのはず。1stも今作もその大半以上が今井大介によるもの。1stが好きな人にとっては、その延長ともいえる作風に満足することはできるだろう。注目はやはりJAMOSAとの共演であるM-6「Girl's Night」だけど、残念なことに今井大介の軽快なトラックとJAMOSAの歌声は合わないといった印象。シングルで発売されたM-2「ユラユラ」のサビは抜群に好み。

それにしてもあの手この手でテーマ「Love」をこねくり回すBENI。次回作につけられるコピーが目に浮かぶほどにわかりやすい。あと、M-14「Message」という過去の喜びと悲しみに感謝を送るような曲を、テンプレートに従ったかのように最後に配置するあたりは、YU-A「You Are My Love」を見習って欲しい。YU-Aのこのアルバムの「流れは」とても好みだったから。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。