スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

到着待ち

2009.08.19 | Posted in 音楽

やっと購入した。タワレコ、HMVに行っても、そもそもこの人の棚が無い。やっと手に入りそうで歓喜。haiiroのラップは、Michitaとの共演で聴いた事があり、凄く好み。声質からか、肩に力が入っていないように聴こえる独特なラップは凄く心地が良い。SLYE RECORDSはEccyの作品をリリースしているレーベルでもあるため、haiiroのソロ作品も大きく期待をしている。

haiiro de rossi「True Blues」 2008.11.21 haiiro de rossi「True Blues」

その存在はAmebreakで初めて知った。このようなピアノを主体としたメロウなトラックはインストでこそよく聴いていたけれど、日本語でのラップが乗せられた曲は珍しいと思っていた。最初はちぐはぐに感じていたのだけれど、だんだんとその印象が緩和されたので思い切って。

Roundsville「Love Delight」 2009.06.03 Roundsville「Love Delight」

要のMC、弘光が脱退したMIC BANKに些か不安があるものの、少し気になったので。全編Volta Mastersがプロデュースしている点にもやや不安がある。但し、Volta Mastersのようなメロウなトラックに、MIC BANKの男臭いラップがどのように混ざるかは非常に楽しみ。いやしかし、このタイトルはちょっと想像できないのだけれど。。。

MIC BANK「アイノギフト」 2009.06.24 MIC BANK「アイノギフト」

これが最も新しい作品か。この人のラップはCIPHER BREAKAでの活動や客演で耳にしていたけれど、別段好きでは無かった。ただなんとなく気になって購入。KIN DA SHER ROCKはポップな路線が多いような印象を持っていて、今作にもポップなものを期待している。事前に聴いた「パワーオブミュージック」は好み。但し、歌の濃度が濃いと言うべきか、KIN DA SHER ROCKのラップ濃度が薄いと言うべきか。

KIN DA SHER ROCK「ぼくのきもち」 2009.07.29 KIN DA SHER ROCK「ぼくのきもち」

以上、到着を楽しみにしている作品群に対する心持ち。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。