スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SD JUNKSTA「GO ACROSS THA GAMI RIVER」の感想

2009.08.09 | Posted in 音楽

取り敢えずさくっと聴いた感想を。

SD JUNKSTA / GO ACROSS THA GAMI RIVER 2009.08.05 SD JUNKSTA「GO ACROSS THA GAMI RIVER」

期待外れ。NORIKIYOのラップに魅せられ、BRON-Kの歌心に酔いしれ、OJIBAHの切れのあるラップにも、TKCの独特なフローにも耳を奪われた。その面々が揃っているクルーなのだから、それはそれはハードルが上がっていたという点はあるけれど、期待を下回った点は事実。作品を通して一番印象に残ったのはWAXのラップ。あのねちっこさのあるフローが凄く耳についた。

YouTubeで見たSAG DOWN PARTYの映像で「普段のくだらない話を真空パックにした」という事を言っていたが、その言葉が本当によく当てはまっているのだろうと容易に想像ができる。特にM-5「イッちゃってイイ? part.1」からM-8「イッちゃってイイ? part.2」にかけて。skitを挟んで通常の会話からラップに入り、各MCのラップが紡がれていく。通常、skitから曲に入る流れは良く見かけるものの、4曲に渡って一つの流れを表すこの曲群には、大胆なやり方だなあと感じた。と同時に、今作品中にskitが多いという印象を助長させている点もある。というよりも実際に多いわけだけれど。

大所帯クルーだけあってマイクリレーが堪能できる点はやっぱり面白い。皆でワイワイ楽しい雰囲気が出ているところは大所帯ならでは。ソロ作品でのこの期待外れ感だったら救いようが無いけれど、マイクリレーにて色々なラップが聴けるのであれば、期待外れだったとしてもこれはこれでなかなか長く聴けるかも。また、ソロ作品で格好良かったからと言ってクルーとしての作品に同じものを期待する方がナンセンスか。

個人個人で言えば、NORIKIYOは相変わらず格好良い。ただしこれだけMCがいると出番が少なくて寂しい。BRON-Kはフックばかりという印象。やっぱり良いなと思ったのはOJIBAH。音への乗り方が巧みで、フローも独特な緩急の付け方で非常に良い。10月にソロアルバムが発売されるという事で凄く楽しみなMC。ただ、歌詞に「bitch」が多い。出てくる度に「bitch」好きだなーと思いながら聴いていた。DJ ISSOもラップしていた。おまけ程度。必要無い。

で、ZAKAIで付いていた「人間交差点~ORIGINAL VER~」。アルバムに収録されている曲、予約特典の曲、全ての中で最も格好良い。はっきり言って、ZAKAIで予約購入しなきゃ損なくらい。Amebreakにてそれを聴く事が可能。(予約特典の場合は、トラックの女性の声が無い。)

http://amebreak.ameba.jp/media/2009/08/000967.html

これはテーマの切り口一つだと思うのだけれど、例えばキリコの「ありがとう。名無しの2チャンネラー諸君。」なんかはネタ感満載で面白かったりするけれど、SD JUNKSTAのようなラッパーが2chって言うだけで少し引く自分がいる。それはネタとして言っているとしても。今回で言えばDEFLOが言ってるんだけど、なんかこう、所謂ファビョっているようにしか見えなくて滑稽。そんな事歌詞にするくらいなら黙っていてくれと切に願う。

メモ
 M-4「SA.GA.MI. ORIGINAL ~RE: SA.GA.MI~」 / 元ネタ:Nas「Warrior Song」(多分)




2009.08.12 追記

OJIBAHの歌詞にbitchが入ってる曲は2曲だけだった。好んで頻繁に聴いていた、M-5「イッちゃってイイ? part.1」とM-21「レイノヤツ ~SAG DOWN PARTY~」に入っていたために、その印象が根付いてしまっていた。

各MCの参加曲数を数えてみたところ、

 NORIKIYO / 12曲
 BRON-K / 11曲
 TKC / 10曲
 KYN / 9曲
 WAX / 15曲
 OJIBAH / 13曲
 SITE / 2曲
 DEFLO / 3曲

という結果から、WAXのラップが印象に残った点も頷ける。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。