スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUJU「What's Love?」の感想

2009.07.16 | Posted in 音楽

JUJUを知ったのは、DJ MASTERKEY「DADDY'S HOUSE VOL. 1」に収録された曲「MEANING OF LIFE feat. Hi-Timez + JUJU」にて。これが2001年だから、改めて考えると、活動期間は思いのほか長いんだなあ。

昨年、Spontaniaに客演した曲「君のすべてに」が280万ダウンロードという大ヒットを記録したのも記憶に新しいけれど、デビュー間もなくに共演したHi-Timez(現Spontania)とJUJUが、7年後に同じメンバで大ヒットを記録したという、絵に描いた感動ストーリーのような気がして一人盛り上がった。ただまあ、実情はそんな感動的では無いだろうし、2005年にもこの三人は共演しているわけで、この一人での盛り上がり、「自作自演乙。」と言わざるを得ないけれど、なんだか少し感動的ではないか?

JUJU / What's Love? 2009.03.04 JUJU「What's Love?」

JUJU名義の作品を最初から最後までしっかり聴くのは初めてかもしれない。JUJUの声質から想像するに、悲し気なメロディが大半を占め、間違いなく食傷気味になるだろうと思って手にしたのだけれど、それは杞憂で、色とりどりな作品という印象だ。

Wikipediaを見るとジャズシンガーを目指していたのだから、寧ろM-5「My Life」のような曲の方を得意としているのかな。それだったら、作品中にもっとこういう曲があっても良かった。色とりどりと表現したけれど、それでもやや悲し気な曲に偏っている感は否めないから。ただこの曲は小気味良い。

M-6「I can be free」なんかも、JUJUの違う側面が見えた。メロディとしては、どこかで聴いた事があるような気がするけれど、こういう曲も違和感無くこなす事ができる、なかなか器用なシンガーだなあ。

特に楽しめた曲は、前述したM-5に加え、M-1「What's Love?」、M-3「U Got Me」あたりかな。どの曲も平均値を上回っているため、これという曲があまり無いのだけれど、作品全体としては、なかなか飽きさせずに聴かせてくれる。唯一飽きる要因としてはJUJUの声質。M-2「素直になれたら」のSpontaniaなんて申し訳程度のラップ量だし。過去の繋がりを使って、もっと色々なラッパーの客演があれば面白い、なんて思うのは、普段日本語ラップを聴いているからか。

M-2「素直になれたら feat. Spontania」


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。