スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「くレーベルコンピ【其の四】」の感想

2009.06.25 | Posted in 音楽

がっかりだ。

くレーベル 其の四 2009年発売 くレーベルコンピ【其の四】

MIX CDという事は知っていたのだけれど、サブタイトルに「~INST&KREVA~」と付いている事を購入後に気が付いた。これは嬉しくない。KREVAのラップは好きだけれど、くレーベル作品に参加しているMC陣の曲が繋がれていく様が聴きたかった。このがっかり感は、KREVAのMIX CD「BEST OF MIX CD NO. 1」と同じものを感じる。因みに今作のジャケットは、このMIX CDのジャケットをサンプリングしている。

KREVA / BEST OF MIX CD NO. 1 2007年発売 KREVA「BEST OF MIX CD NO. 1」

と言いつつもまあ想像していたよりは楽しめた。KREVAのバースだけを抜き取って聴くとそれはそれで新鮮味があった。なにより、自分自身、くレーベル作品の曲は殆ど知らないが故に、トラック自体も楽しむ事が出来た事に起因する。特に、M-7「風の唄」、M-16「フィールド・オブ・ドリームス」のトラックが気になる。どうやらこれは「【其の一】」に収録されている曲のようだ。。。ヤフオクかな。高いだろうなあ。

個人的に、MIX CDはBGMとして流すケースが多い。そういう意味では、なんだかんだで重宝しそうな気もしてきた。ただ、MIX CDによくある、MCによるDJの名前をシャウトするシーン。それはそれはもうふんだんに盛り込まれている。この文化、やめていただけないだろうか。どうも好きになれない。しかも今作には非常に多く含んでいるため、「熊井吾郎」という単語のフローが耳に残って仕方が無い。

Amebreakのインタビューにて

普通のストリート仕様のミックスCDを出すぐらいなら撒いた方がいいなぐらいに思ってたから、作品として出せるものとしてはこの切り口が一番面白いのかなと



とKREVAが言っているが、それはそれで撒いて欲しい。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。