スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COPPU「One place」の感想

2009.06.18 | Posted in 音楽

この際だから、歯に衣着せずに思った事を素直に書く。あっ、そうそう。17日リリースのはずが13日くらいに届いたのには驚いた。

COPPU / One place 2009年発売 COPPU「One place」

前作「Story teller」で聴いたときの印象は「普通」という点に終始した。あと、以前の記事に記した通り、音がシャカシャカして非常に耳障りだった。(トラックのメロディ感は好みではあっただけに残念だった。)

で、今作。前作にて「普通」である事が「普通」では無かったけれど、流石に2作品目となると耐性が出来てしまい、何とも思わなかった。やはりラップは前回で感じた通り、フローに抑揚が無く、一本調子。M-3「居場所 remix」での最初、

なりふり構わずタイムリーな
面倒な指図に適当なあいずち



という部分は「おっ」と思ったけれど、結局それっきりだった。前作からさほど期間が空いたわけでは無いし、十分予想できたけれど、やはり少しは期待していただけに残念極まりない。但し、トラックの耳障り感は払拭され、聴こえは良くなったように思う。

前作では特に感じなかったが、各曲の歌詞のテーマが一貫して、MCという道を選んだことに対する想い。まあ、統一感はあるが、そこの統一感は不必要。もっとテーマの幅を広げて欲しいところ。

M-4「Everyday」に客演しているanmituとう女性MC。はっきり言って聴くに耐え兼ねる。フローは一本調子、早口のラップを披露するも舌がもつれていて、よくこれで作品発売まで持って来れたなあという印象。wenodで購入したため、特典CD-Rが付いていたのだけれど、その中に「Everyday」の偏見ジロー Remixが収録されていた。Remixでのトラックはややエレクトロニカ調のトラックで、メロディ感が薄まっており、MCのスキルが浮き彫りになり易いトラックの上で聴いたanmituのラップは酷かった。というよりもここではCOPPUのラップも酷く聴こえた。

一応、特典CD-Rの中を以下に記す。

01.I got a race(AIR.EI-ONE Remix)
02.Everyday feat. anmitu(偏見ジロー Remix)
03.Story teller(ICE MINT Remix)

特典CD含め、このICE MINTの作るトラックが好みだ。哀愁漂うメロディ感がなかなか良い。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。