スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMA-CHI「RED NAKED」の感想

2009.06.11 | Posted in 音楽

予習、2作品目。

COMA-CHI / RED NAKED 2009年発売 COMA-CHI「RED NAKED」

本作品が発売された時の印象としては、「本作品が2ndアルバム??」というものだった。COMA-CHIは、客演にて本当に良く見かけた。それが頭にあったためか、自身の作品では2作目という点に驚いた。

1stアルバムの頃よりも今のスタイルの方が好みである事は前記事で記した通り。前作の作風とは違い、一気にメジャーの色合いが出たという印象。作品全体の統一感は無い。

今作にはM-7を折り返し地点として、2つの流れがある。前半の、ラップを主軸とし、B-GIRLを全面に押し出している流れ。後半の、シンガーの部分も出しつつ、ラップとの併用を行っている流れ。特に後半のスタイルが好きで、歌とラップの切り替えが上手い事出来ているなと。M-10「Beautiful Day」なんかは歌い上げるようなフローも見せていて、これも良い。やっぱり、作品全体を聴くと、器用なMCだなあという思いにかられる。この器用さが、客演として多数から声がかかる理由なのかな。使い勝手が良いというか。(これは悪い意味ではなく)

COMA-CHI「perfect angel」


で、面白かったのは前半の最後に置かれた、4つ打ちビートのトラック。この曲はその他とは全く色合いが違っていて、作中にこういう曲が1つあると面白い。

後半の最後には、RHYMESTER「B-BOYイズム」をまんま使った「B-GIRLイズム」。完全に色物だけれど、こういうのは面白い。オリジナル歌詞を引用していたりして、ニヤリとしてしまう部分も多い。ただ色物だけあって、何度も聴きたいとは思わない。一度聴けば十分。

作品中で最も好きな曲は、DJ MITSU THE BEATSプロデュースのM-8「自傷症ガール don't cry」。これなんかはJazzy Sport色が出ているように思う。このトラックはタイトルとぴったりで、凄く良い。

駆け足だったけれど、一応は予習をしておいた。さて、新作を購入しに行きますか。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。