スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯「AROUND中央区」の感想

2009.05.22 | Posted in 音楽

ここ一週間、遊戯のアルバム「AROUND中央区」を聴きまくっていた。一つの作品を短期間でこれほど聴いたのは久しぶりかもしれない。いや、それは、「格好良いから」という事ではなく、何と言うか、模索していたと表現するほうが自然だ。

遊戯 / AROUND中央区 2009年発売 遊戯「AROUND中央区」

全15曲中10曲を手掛けているAKIO BEATS。それが原因なのかはわからないけれど、まあ通り一遍な印象。そんな印象の中、EVISBEATSプロデュースのM-8「ごらんあーれ feat. 韻踏合組合」、VAXIMのM-13「Street Cruising feat. L&J」なんかが箸休めとなった。ただ、M-8は良くも悪くもEVISBEATSというトラックで、M-13もやはりその他のトラックと似たような色合いを持ってはいたけれど。

と言いつつも、AKIO BEATSプロデュースのトラックでも、

M-7「Stand Up!!! feat. NORIKIYO」
M-11「I got it」

は好きだ。「Stand Up!!!」はNORIKIYOによる補正もあるけれど、HOOKが何と言っても好き。「I got it」は作中唯一の静かめなトラック。これは、通り一遍な作品の中で映えていた。もともとこういう静かめなトラックが好きというのもあるけれど。ただ、トラックでいえば、M-15「Outro」が一番好き。なんか余韻を残すようなトラックで、作品の終わりを告げるにはぴったりだ。

今作を聴いて、やはり遊戯のラップは格好良い。韻の踏み方も踏み外し方も独特で、聴いていて全く苦にならない。で、最初に記した「模索していた」というのは、ラップは格好良いのだけれど、トラック面では今ひとつぴんとこなかったからだ。全体として、格好良いのか悪いのか。なんかこう、中央で引っ張られている感覚から抜け出す事ができなかった。ただ、トラックは遊戯のラップとは合っていて、ちぐはぐな印象は一切無かったけれど、逆に「まあこんな感じか」という印象しか残らない面も否めない。

うーん、やっぱり今ひとつ考えがまとまらない。

遊戯「AROUND中央区」CM


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。