スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CRYSTAL BOY「クリスタルボーイ」の感想

2010.12.12 | Posted in 音楽

nobodyknows+からCRYSTAL BOYのソロ作品。リリース元はavex。但し、rhythm zoneに非ず。

CRYSTAL BOY「クリスタルボーイ」 2010.10.27 CRYSTAL BOY「クリスタルボーイ」

CRYSTAL BOYは、心をくすぐるような繊細な言葉の数々と、それを吐露するかのようなフローと声質がとても魅力的で、DJ MITSUの哀愁あるトラックに乗せられれば、それだけでもう心は揺り動かされてしまう程に、この融合による破壊力は凄かった。だから、初期の頃の「understan?」や「センチメンタルバス」らは本当に何度も聴いたし、トラックはDJ MITSUではないけれどソロ曲である「さくら」だって何度も聴いた。

SONYに所属してからの活動後期のnobodyknows+は、パーティチューンが多めになっていって、期待に反しておりどうしても残念な気持ちが拭えなかったが、シングルが発売されるたびにCRYSTAL BOYのラップには注目していたし、他MCへの客演でのCRYSTAL BOYも比較的聴いていた方だと思う。当然、本作品にも期待する訳だが。。。やはりと言うべきか、期待とは異なった。前記した通り「心をくすぐるような繊細な言葉」達を聴きたいのだ。昔の彼女がひったくりにあった地元の話だとか、キャバ嬢に入れ込んで「キミは夜の蝶 独り占めできないの」とのたまう男の物語なんてまるで期待していない訳だ。M-2「情報交換」やM-5「言葉以上… feat. AZU」といった、想像するHipHopのリズムとは凡そ程遠いトラックにもラップを乗せているところは、攻めていて面白いと思う部分はあるけれど。

いや、実はCDを手にする前にYouTubeで数曲聴いてからの購入であったため、予想はしていた。しかも、リリース元がavexであることも手伝えば、これは必然。作品のジャケットを見たって。但し、今後はCRYSTAL BOYとしての活動は増えていくであろうことを考えると、本作品のリリースは素直に喜ぶべきかもしれないなとも思う。

今作品に絡んで一番面白かったのは、今作品に対するアーティストのコメントの中にKEN THE 390のコメントがあったこと。勿論KEN THE 390はavexのrhythm zoneからCDをリリースしているため、何ら不自然ではないのだけれど、だいぶ前のwenodラジオで、元SMRYTRPSのメテオとのやり取りの中に、太郎 & KEN THE 390の「Drivin' High」を流した後に「何これ。nobodyknows+?(メテオ)それディスってんの?(KEN THE 390)」というくだりがあったのだ。だから、少し面白いなと。両方好きなMCであっただけに、妙に記憶に残っている。今更引き合いに出してもと思うけれどね。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。