スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KREVA「OASYS」の感想

2010.10.03 | Posted in 音楽

ダブはどこか宗教的で、音の処理によって出来上がるだだっ広い一つの空間が何でも受け止めてくれる唯一神のような存在と重なり、一つ一つの反響音にはこちらの意思とは無関係に音の軌跡を追わせるような効果もあってか、凄く宗教じみていると思うことがある。シンセにおいても、一つ一つの音に伸びがあって、壮大な空間が作られているトラックに関しては、同じことが言える。

KREVA「OASYS」 2010.09.15 KREVA「OASYS」

KREVAのキャリア初となるミニアルバム。やや仰々しく言うと自己啓発的な曲が殆ど。道なき道をひたすら信じて進め。現状に甘んずること無く、出来ないことへの言い訳をせず、常に変化を求め続ける。そして、自分のゴールは自分で決める。周りがとやかく言うな。ということがそこかしこに詰め込まれている。そしてYOUNG PUNCH「エレクトロ・アース・トラックス」のカバーが収録されていて、それがやや自己陶酔しているような歌詞。「エレクトロ・アース・トラックス そして僕らを含んで 消えてゆく 夜空の星」。

シンセにより空間を作り上げ、自己啓発を促し、教祖は教祖で「エレクトロ・アース・トラックス」で自己陶酔。つまり、宗教的、または、胡散臭い自己啓発セミナーがここに出来上がっていると感じた。これがKREVAによるものだから、説得力も増すってもの。それ崇め崇め。

最後に、やはりどうしても触れたくなるのだけれど、M-4「最終回」の歌詞。「陰でコソコソ誰かの文句を言っているだけの奴らが許されるはずがねぇ」。どこまでが「陰でコソコソ誰かの文句を言っているだけの奴ら」なのか、定義が演者と視聴者で乖離していて、この歌詞は全く意味を持たない。ただ自分は、こういった色物じみた歌詞が大好物なだけに、即座にお気に入りプレイリスト行き。どうもごちそうさま。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。