スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将絢 × EVISBEATS「offtaride」の感想

2010.09.11 | Posted in 音楽

くレーベル発。大人のためのネオラウンジHIP HOP。

将絢 × EVISBEATS「offtaride」 2010.06.16 将絢 × EVISBEATS「offtaride」

大人。ラウンジ。将絢。この要素を並べ立てただけでも、その方向性がモザイク無しでくっきりと見える。そこにEVISBEATSがどのような土台を提供するのかが気になっていた。EVISBEATSは「AMIDA」に収録された「シャンティシャンティ」の印象が強い。トラックとしてはラウンジという要素にリンクするところがあるけれど、自分を卑下する部分が、今回のような「大人を楽しんでいます」というところにすっぽりとハマるとは思えなかったからだ。でも意外や意外、聴き入るには落ち着き、BGMとしては引っ掛かりの無いところが見事にラウンジ的だった。再生しているとEVISBEATSだと忘れてしまう程で、久しぶりにCDケースを取り出して歌詞を見ようとしたときに「あーこれEVISBEATSだったっけ」と思ってしまった。

ラップは将絢。この手のトラック、および、テーマにおいて将絢は外さない。夜の街を転々とし、気まぐれな女に怒らずに付き合う優男を演じ、別れて久しぶりに再会し「教えてよ何してた?つらいことも冗談まじりでさ」と言い、またそのうち会いましょうねと別れる。最初から最後まで抑揚無く続く5曲が、これまたラウンジ的。

大人。ラウンジ。笑。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。