スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIDICRONICA「#501」と覆面レスラー

2010.07.17 | Posted in 音楽

ひと月程前、改めてサムライチャンプルーを見て、「san francisco」が聴きたくなって。

MIDICRONICA「#501」 2005.04.27 MIDICRONICA「#501」

MIDICRONICAの設定が、小中学生の妄想が記されたノートの1ページをそのまま転記してしまったかのような、そんな読んでいるこちらが辱められているような気分にさせられる。しかしそうは言ってみたはものの、MIDICRONICAのやや無機質な音の部分がこの設定とリンクしていて、決して馬鹿にはできないなとも思った。さらに言うと、各メンバのラップは何を言っているかわからなく、日本語ではあるのだけれど、その聴き取りにくい部分がこれまた無機質だと思うことを助長させてくれる。

あと、MIDICRONICAにはメンバの名前に3桁のコードネームが割り当てられている。それは、客演陣も同様で、まさに覆面集団なのだけれど、CDケース裏面を見れば「feat. 114 a.k.a 坪井(アルファ)」というように、覆面として登場したそばから、自ら覆面を脱ぎ捨てて、俺は坪井だぜへっへーと言わんばかりに設定の粗を露呈しているところに、どうせならラップするまで覆面を着用しておけよと思う。

まあ、客演陣の名前一つで購入意欲の上がり下がりがあるので、コードネームだけでは、、、というのも理解できるけど、「お前、平田だろ。」と言われるのではなく「俺、平田っす。」って覆面レスラーが自己紹介しだしたらちょっと嫌。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。