スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らっぷびと「RAP GIFT EP」の感想

2010.04.17 | Posted in 音楽

前作で一部のトラックを「ボトムが軽い」と書いたのだけれど、今作は重心がしっかりとしていて安心して聴くことができる。

らっぷびと「RAP GIFT EP」 2010.03.17 らっぷびと「RAP GIFT EP」

ニコニコ動画からその活動が始まったのだから、同じ舞台仲間と共演することは必然と思う。らっぷびととその共演者を知っている人にとっては、この上なく面白い曲であるとは思うけれど、さほど詳しくない自分にとって、聴いた後の新発見こそあれど、聴く前から抱くことのできる高揚感はそこに無い。KREVAとSEEDA、RHYMESTERとRomancrew。これらの共演のように、クレジットを一目見るだけで心が躍ってしまうような組み合わせなんて数えられるほどしか無いし、そんなぽんぽんと出るはずがないのだけれど、らっぷびとは、童子-T、ダースレイダー、KEN THE 390などとも番組に出演している訳で、手を伸ばした中指の先はフガフガと届いているはずなのにいつまでたっても共演しない。焦らすねえ。

そんなことを想いつつも今作は繰り返し聴いている。M-1「トルネード」での影山ヒロノブによる絡み付いてくるほどの歌声は、少し熱を削ぎ落としてほしいが、らっぷびとの勢いあるフローはもう、この曲に限らず全体を通してお手の物だ。逆に、M-7「Love Letter」での落ち着いたフローが今ひとつ。ただ、本曲はゼブラの歌声がとても気持ち良いから十分聴ける。他に、M-3のファミコン体操を引用したラインに懐かしく感じ、抹のラップも安定感があって格好良い。M-5「Like! Like! Like!」の桃井はるこの歌声にも心を持っていかれた。元祖萌えソング女王なんていう冠が付いていたこの女性シンガー。なんだか凄く良くわかる。

最後に。過去作品を含めてRemixが漏れなく格好悪いのは意図的か。ピクリッともこない。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。