スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口リサ「Explosions」の感想

2010.01.30 | Posted in 音楽

インディーズ時代から通算4枚目のアルバム。「山口リサ explosions」で検索すると、佐々木希が大プッシュという記事が、googleでもyahooでも出てくる。

山口リサ「Explosions」 2010.01.20 山口リサ「Explosions」

前作「Crystal Lights」では、まだトラックには黒さがあったのだけれど、今作では一転してそれが全く無い。その兆候は「Sunshine」から見えており(もっと言えば「Crystal Lights」中にもあるのだけれど)、全15曲のボリュームでリリースされた本作でも濁りの無い白さがあった。それがジャケットにまで表れていて面白い。まるで漂白されたかのような。その他の数多のシンガーとの差別化が薄れていっているような印象。

M-3「BLACK BUTTERFLY feat. "E"qual, YOUNG DAIS」では、「分かったような顔で They say like they know me 最初から私のこと決めつけないで 誰かと比べて何か言われたって 私は私 This is my style You know what I mean?」と歌う。どうやら多少の自覚はあるようだ。耳当たりの良いトラック量の増加に比例してか、歌詞もやや恋愛もののラインが耳に残ってしまい、これも前作と異なる点。

今作でも地元静岡出身のMCをフックアップすることは忘れない。「生まれ落ちた時はもう既にSICKNESS…」のコピーで、生まれ落ちた時から既にツルッといってしまっているTAGG THE SICKNESSのU-PACが客演。後は、AK-69、"E"qual、NORTH COAST BAD BOYZのYOUNG DAISも参加。後者2人は、短いバースでの参加ということもあってか、手抜き具合も甚だしい。一方、M-7「Strawberry Candy」はトラックのきらびやかさが加えられているものの、過去曲の「Chocolate」的な側面があって良かった。

流して聴けばそれで十分と感じてしまう程、全体を通して面白みの無い作品だった。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。