スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童子-T「12 Love Stories」弁当

2010.01.11 | Posted in 音楽

「12 Love Stories」というタイトルは、12曲のラブソングにて構成されているから12の恋物語なのだろうけれど、恐らくはどれもこれも同じ道筋をたどったような事実上1つの恋物語だと揶揄したろうかという、意地の悪い心持ちで再生ボタンを押下した。しかし、決してそんなことは無かった。反省しております。

童子-T「12 Love Stories」 2008.09.24 童子-T「12 Love Stories」

3つ。

3つの物語はあった。恋人、両親、子供に対する愛をスマートに吐露する曲郡。それでもたったの3種類。各種類毎に1曲ずつなのであれば、中身の濃いものができるのだろうけれど、ほぼ切り口が同じベクトル(それは、付き合っている設定とか、相談役の設定という差異はあれど)であり、中身の薄いものを引き伸ばし引き伸ばしで多く見せている、まるでコンビニの牛カルビ弁当みたいな曲ばかり。いや、牛カルビ弁当は結構親切な量。コンビニのカレーパンみたいな曲。もうここまでくると、それもう中身が無いの開き直ってるでしょ。という類い。欲しているのは薄皮クリームパンレベルのものよ。

でもそんなカレーパンも、忘れた頃に手を伸ばしてしまう。それほどまでに甘美なるもの。本作品「12 Love Stories」も同様、、、うん、そうでは無いと思う。もう二度と聴かないと思う。M-6「アイノ カチ feat. KREVA」とM-8「In-mail feat. JUJU」以外は。

もっとぶっ飛んだ恋物語があっても良いのではないか。「粉々にして骨まで食べる」と言ってる、LIFE EARTH「REAL LOVE」のような。或はEVIS BEATSの「Just a Moment」での「君はナイル川 君はピサの斜塔 君はモナリザの微笑み」という面白みを持ったような。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。