スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAY'S「Prologue of Amazing」の感想

2009.12.29 | Posted in 音楽

2ndアルバム「Amazing」に先駆けたダイジェスト版。レンタル限定CD。

MAY'S「Prologue of Amazing」 2009.12.21 MAY'S「Prologue of Amazing」

M-1「NAUGHTY BO-Z Non Stop Mix」は、2ndアルバムに収録予定の5曲が、MAY'SのメンバNAUGHTY BO-Zによって繋げられたMix。曲は、

 「I WISH」
 「I LOVE YOUが言えなくて」
 「ONE LOVE ~100万回のKISSでアイシテル~」
 「恋をしてた ~Say Goodbye~(MAY’S×May J.)」
 「永遠」

の順。5曲が繋がれれているにもかかわらず、まるで一つのまとまった曲のように感じた。それは、繋ぎがスムーズということもあるけれど、それよりもNAUGHTY BO-Zが作り出すトラックは音使いが似ていて非常に幅が狭いせいだ。「永遠」のようなバラードへ繋げられれば、ある程度の浮き沈みはあらわれているけれど、全体からすればこの浮き沈みなどあって無いようなもの。特に、「ONE LOVE ~100万回のKISSでアイシテル~」から「恋をしてた ~Say Goodbye~(MAY’S×May J.)」への繋ぎなんてどこだかわからなかった程だった。これは、M-2「HERO☆HERO feat. WISE」にも言える話。ただ、こちらはWISEのラップが味付けとなっていて、少しばかりその変化を楽しむことができた。

2ndアルバムに収録される曲群がどのような展開をみせるかは、本作品である程度の予想ができてしまうようなMixだったように思う。これらの曲がフルで収録されることを考えると、恋愛に関する歌詞とも相まって食傷必至とは思うけれど、まあ聴くのだろうな。BGMとして流しておく分には、じっくりと耳を傾けるような作品ではなく、煌びやかなNAUGHTY BO-Zのトラックがなかなか向いているのかなとも思う。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。