スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spontania feat. AZU「同じ空みつめてるあなたに」の感想

2009.12.08 | Posted in 音楽

今作は、シンガーAZUを迎えた曲。同じくシンガーの客演が大きな助けとなっている童子-Tと違って救いがあるのは、Spontaniaのラップはまだ聴けるという点。歌を織り交ぜつつフローするラップは、確かに派手なトラックとの一体感はある。

Spontania feat. AZU「同じ空みつめてるあなたに」 2009.10.21 Spontania feat. AZU「同じ空みつめてるあなたに」

Spontaniaによるシンガーとの客演自体は全く気にならない。寧ろその融合は大好物であるため歓迎。また、Spontania自身による歌声が嫌いな自分にとっては、サビをシンガーに任せて、ラップに注力していた方が遥かに好み。従って、タイトル曲の「同じ空みつめてるあなたに」は、既存曲と似ているとは思いつつもさらっと聴けると思っていたのだけれど、、、流石にAZUの声質に顔が歪んだ。AZUの声質については以前も同内容を記したけれど、もう何を言っているのか判らない程のノイズ混じり。ハスキーを通り越している。

M-2「One Nation」は、Spontania自身が歌い、ラップをする。いつも通りの派手さが本曲にはある。但し、ここでのMassattackの高速フローは酷い。高速なフローは確かに抑揚が出難いのかなとは思うけれど、これをよく収録したなあという程の一本調子。M-3「感謝 '09(Spontania☆Hi-Timez)」は、Hi-Timez「感謝」のリメイク曲。この曲を聴くと、Hi-Timez時代から、Spontaniaに至るその兆候はあったのだなあと感じた。

余談だけれど、本日iPodでDJ MASTERKEY「No Chaser (We Need A Drink) feat. Hi-Timez」が不意に流れてきて凄く格好良いなあとしみじみと思ってしまった。もっとこういう攻めたトラックでのラップを改めて聴きたい。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。