スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャケットデザイン

2009.10.25 | Posted in 音楽

SNEAのブログにて、建築デザイナーのJulian Hakesによって考案されたハイヒール「Mojito(モヒート)」が紹介されており、このデザインが斬新で、オブジェ代わりに一つあっても良いなと思いました。いやいや、オブジェとしてですよオブジェとして。

Mojito shoe

ところで、このデザインに端を発し、CDジャケットに焦点をあてて考えた事は無かったなあと気が付いた。レコードの場合、ジャケットが大きいために棚の前に置く事によって嫌でもジャケットについてほんの少しだけ考える事があるけれど、CDに関しては全くと言って良いほど考えない。いや、TKC「百姓一揆」のような特殊なジャケットは触れたけれど。

ここで、最近よく聴いているということもあってか、CHIHIROがその標的になったというか、したというべきか。まあ、作品の取捨選択はしてはいるのだけれど、以下がその一例。

CHIHIRO「Jewels」 CHIHIRO「Beautiful feat. Sweep/Bouquet ~ずっとふたりで~」 CHIHIRO「DRESS」

ジャケットに焦点をあててみると、この人の作品は殆どが左からのカット。良くて正面から。これらのジャケットに加え、このシンガーのPVは、左からのカットが多いこと多いこと。そんな事考えながらPVを見ていると、「あと少し。もうちょっと。うん。よいしょ。もうちょっと左向け。」などと邪念が入る。(と、思って「Last Kiss」のPVを改めて見ると遠目の右側からのカットがあったという件についてはこの際置いておく。だってここまで記事書いたんだもの。)

とまあ、どうでも良いのだけれど、CHIHIRO左側自信説を提唱し、誰かに共感していただきたく思い記事にいたしましたとさ。めでたしめでたし。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。