スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古内東子 × KREVA「A to XYZ / スロウビート」の感想

2009.10.19 | Posted in 音楽

「お互いがクリエイティヴィティに刺激を受ける形で意気投合し、今回のコラボレーションが実現した。」とのこと。古内東子にとっては初のコラボレーション。

古内東子 × KREVA「A to XYZ / スロウビート」 2009.10.14 古内東子 × KREVA「A to XYZ / スロウビート」

昔から古内東子の曲が苦手だった。「大人の女性」像が印象付いてしまっており、それが異様な程鼻に付いた。また、なにかのフィルタを通して発せられているような声質がその印象を助長しており、自然と古内東子の作品を避けていたのだろう。KREVA「心臓」に収録された曲にて、その歌声を久しぶりに耳にしたのだけれど意外や意外、すんなり耳が受け入れてくれたのだ。恐らく、今まで散々オートチューンによる歌声をKREVAによって聴かされていたからだろう。古内東子の歌声は、オートチューンを使った歌声とややベクトルが同じ気がしてならない。

そんなことを考えつつ手にした今作。M-2「スロウビート」で、KREVAによるオートチューンを使ったラップと古内東子による歌の混ざり具合はまさに絶妙だった。また、歌詞を引き立てるようなしっとりとしたトラックがこれまた絶妙この上ない。

君が言ってた夢が叶うといいね 見えない荷物もなくなったらいいね
好きとはっきり君に言うより そう願う方が私らしいかな


今度逢えるのはいつ? そうはっきり聞くより
願う方がじぶんらしいかな あなたのH-A-P-P-Y
もちろん 俺が隣にいたいでも



純粋な目で見れば、こういった歌詞に強く惹かれるのも確かではあるけれど、「いい子ぶってんなよこの大たわけ」とも思ってしまう。



M-1「A to XYZ」は、M-2と対照的でややアップテンポ。歌詞についてもM-2とは対照的だ。トラックのポンポンした木琴のような音使いは非常に好みなのだけれど、KREVAバースの入り口がとてつもなく格好悪くて、どうにも受け付けない。

トータルで見れば今作品に対しては非常に好印象。だからといって、今後、古内東子の作品を手にするかは微妙なところ。最後に「スロウビート」のPVについて言うと、古内東子のアップが多すぎて喝を入れたくなる。今後は自重の方向でどうかひとつ。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。