スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOFFet「Jam the Universe」の感想

2009.10.12 | Posted in 音楽

SOFFetの5thアルバム。

SOFFet「Jam the Universe」 2009.09.30 SOFFet「Jam the Universe」

購入してから何度も聴いているもののその度に耳を素通りしていってしまい、期待していた作風とは遠いという事が露になってしまった。

もともとSOFFetの楽曲自体は、HIPHOPからのアプローチよりもPOPフィールドからのアプローチの方がしっくりくるという位、トラック群はとてもやさしくて暖かい気持ちにさせてくれる。SOFFetに求めていたものは、それらのトラックに乗せられるラップを主体とした楽曲なわけだけれど、このところのSOFFetはラップ濃度が非常に薄くなってきてしまって残念に思っていた中で、本作品には、TARO SOUL、COMA-CHI、TSUBOIが客演している曲が含まれているということから、だんだんとラップ主体に戻ってきているのかと少しだけ期待していだのだ。GooFがULTIMATE MC BATTLE予選に参戦したという情報もこの期待を助長させていた。

局所的に見れば確かにGooFはラップをしているし、YoYoは歌を織り交ぜたフローでラップしている。ただ全体を見渡せば、その他の楽曲に埋もれてしまう程に歌っているし、トラックにしてもはっきりと見えるようなビートが刻まれている曲が無くて、これもラップが印象付かない理由の一つでもある。「ソッフェのぽかぽかミュージック」や「Carnival」の頃は、それでももう少しビートが目に見えていた。

そんな中、最も印象に残ったのがM-7「CrossRoad」。スカが取り入れられている本曲は、作品の中で違った風を与えてくれる。M-12「情熱のCarbonation with COMA-CHI, TARO SOUL, TSUBOI, breakthrough」は、全編ラップものの曲だ。YoYo不参加なところが残念だけれど、攻めのある電子音が効いたトラックは凄く良い。GooF、COMA-CHI、TARO SOULの三者は、ラップも歌も両方可能であるためもっともっと面白い事ができるような気がしたのだけれど(COMA-CHIが2バース目で歌っていはいるけれど)、それでも本作品におけるハイライトと言っても良い程に格好良い。一点難があるとすれば、GooFの、

「はいよーお客様いらっしゃいませ。まいど。」



という部分が詰まってしまっていて、曲の出だしから石に躓いているところ。GooFの滑舌の良さが影響してしまっている。滑舌の良さ自体はGooFの持ち味だと思うし、それに関しては全体を通してみても耳当たりが非常に良い。本曲には参加していないが、YoYoの歌は決して上手くはないような気がするのだけれど、そのつつみ込まれるような声質は非常に好みだ。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。