スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEET BLACK「Mine with KEN THE 390」に見る三本の矢

2009.10.04 | Posted in 音楽

「SWEET BLACK」とは?

Sweet(ポジティブ・アクティブ)な希望と、Black(ネガティブ・シニカル)な本音が共存する。そんなネガポジ両面のキモチが共存する20代女子のリアル=SWEET BLACK世代のリアルをテーマに、気鋭の女性クリエーターがオリジナル作品を制作し、mixiを中心としたさまざまなメディアを通じて発信していく、ユーザ参加型のまったく新しいメディアプロジェクト。



SWEET BLACK発の音楽を担当するアーティストとして後藤真希が参加したとのこと。「SWEET BLACK世代」という恐ろしくどうしようもない言葉を必死に流行らそうと躍起になっているプロジェクト側と、アイドルからの脱却を必死に図ろうとしているアーティスト側の利害が一致した、mixi発崖っぷちプロジェクトと捉えた。そこにエッセンスとして加えられたKEN THE 390が、この崖っぷち具合を助長している。簡単にポッキリいってしまいそうな三矢がここに誕生である。という嫌みはここまでにしておこう。

SWEET BLACK feat. MAKI GOTO「SWEET BLACK」 2009.09.16 SWEET BLACK feat. MAKI GOTO「SWEET BLACK」

後藤真希の歌声を聴きたかったわけでは全く無くて、勿論KEN THE 390が目当てな訳だけれど、正直がっかりだった。KEN THE 390はフック担当で、後藤真希による歌がメイン。どうせなら1バース丸々KEN THE 390にあげて欲しかったとは思う。というのも、ここでのKEN THE 390は、自身のシングルで見せるようなウィスパーボイスや、文章のケツが上がるようなフローではなく、いつも通りの声でしっかりとラップしているからだ。トラックもアップテンポ、且つ、やや攻撃的。

でも実は、作品全体を通すとそこそこ聴けたのは事実。KGの力があれど、特にM-4「TEAR DROPS with KG」が。

SWEET BLACK feat. MAKI GOTO「TEAR DROPS with KG」


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。