スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひぐらしのなく頃に」の肩越しから見る「When They Cry」

2009.08.24 | Posted in 音楽

ひぐらしのなく頃に

自分自身、アニメや漫画は絵の好き嫌いが激しく、「ひぐらしのなく頃に」に対しては絵が嫌いだったために敬遠していた。ただ、ネット上でこれだけ騒がれているくらいだから何かあるのだろう、ということと、本作品は絵に似合わず連続怪死事件を題材としており、この明(絵)と暗(題材)が混ざった時の何とも言えない高揚感に動かされたため、レンタルにて一通りを鑑賞。

とまあ、こういう経緯から、「ひぐらしのなく頃に」を見た今、改めてらっぷびとの「When They Cry」の歌詞を眺めてみようかと。

「When They Cry」はらっぷびとがニコニコ動画に投稿して話題となった曲で、今では若干のリメイクが施されて音源として発売されている。ニコニコ動画では、「歌詞が神」というコメントも付いているけれど、元ネタを知らなかった自分は、ニコニコ動画や2chで使用されている単語を随所に入れた色物の曲と思っていた。但し、別段嫌いではなかったし、サビで歌う様は振り切っていて気持ちが良いとも思ってもいた。で、アニメを見たあとに歌詞を見ると凄く面白い。少し感動すらしてしまった。

「ひぐらしのなく頃に」のストーリーは、最初の2行、

螺旋駆けるBirth&Deathで既に 所詮物語り勝てずDestiny
諦め涙目になるYou&Me お願いだ舞台を終焉に



に全てが集約されている。この要約は本当に良く出来ていると思う。その他にも随所にキーワードが出てきており、

無駄と言えない、最後のカケラと砂時計が流れ出す


癒すのは時間のはずが 疑心暗鬼から滲んだ違和感の発芽



なんかも凄く良い。

隠し殺し流した罪滅し 今そらのむこう祭囃し



というラインは、アニメを知らなければ何のことやらさっぱりだけれど、作中の「鬼隠し編」、「綿流し編」、「祟殺し編」、「祭囃し編」をそのままあてがっている事を知れば合点がいく。

ただ、感動と同時にこの曲は誰の視点で描かれたものなのだろうかという疑問も抱いた。単純に「ひぐらしのなく頃に」の要約なのか。「自分しかいなきゃどうすればいい?」と言っている点から、この世界に入り込んだらっぷびと視点なのか。まあ、これらの疑問はどうでも良いのだけれど、アニメを見れば誰でも感じるような事を敢えて明文化。

以上。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。