スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可思議/wonderboy「不可思議奇譚 demo.ep」の感想

2010.02.27 | Posted in 音楽

wenodにて店頭販売、または、不可思議/wonderboyによって絶賛手売り中の6曲入りミニアルバム。メールでも受け付けているとのこと。

不可思議/wonderboy「不可思議奇譚 demo.ep」 2009年発売 不可思議/wonderboy「不可思議奇譚 demo.ep」

現実と幻想。こちら側と向こう側。向こう側の話が、「こちら側から独立した向こう側」として描かれた時の面白みはあるけれど、不可思議/wonderboyの曲(「銀河鉄道の夜」、「世界征服やめた」)をYouTubeで聴いた時、現実を入り口として幻想の世界へと引きずり込まれていく感覚がとても気持ちが良かった。それは、現実と幻想の距離感が絶妙で、加えて、現実として描かれている場面が自身の状況とリンクしたが故にその衝撃が強烈だった。この2曲を聴いて涙。これは心情の比喩でも何でもなく本当に涙ぐんだ。



部屋の片隅でたまりにたまった想いを消化するかのごとく吐露し続け、「バーモント・キッス」を口ずさみ、あきらめにも近い想いを交錯させる。そこに相対性理論による「バーモント・キッス」が流れてくる。この歌声が、張りつめる想いの詰まった部屋の扉をそっと開ける。ここからだ。そっと開けた扉の奥から出てくる想いの丈。最初から最後まで目を背けることができない程の想いに溢れている。本当に凄く良い。

実はこの曲、YouTubeのものとCDに収録されたものは、相対性理論による歌声が挿入される前までが少し違う。収録されたものは「少しずつ減っていくキリンストロングセブンと弱気な僕の自由な日々」と、本を読むように始まり、音質もどこかのステージ上でポエトリーリーディングしているかのような響きがある上、「バーモント・キッス」を口ずさむ場面が「口ずさんでいる」ではなく「歌っている」のだ。これはこちら側と向こう側の距離を離れさせてしまっている。それは最初に書いた「こちら側から独立した向こう側」的で、YouTube版で抱いた感情と同様のものを抱くことはできなかった。

M-1「talk about Spoken Words」、M-2「所信表明演説」では時に強気に「ストーリー一つも作れないような言葉に遊ばれるMCには負けない」と言い、時には自虐的に自身をTHA BLUE HERBのパクりとも言う。特にM-1では、詩人としてではなくラッパーとしての不可思議/wonderboyが見えて面白い。M-2では、アカペラで自虐的に勢いよく表明する。HIP HOPなんて大嫌いと言いつつ、言葉に重きを置き、丁寧というよりも危なっかしくも熱量を持ってラップ、ポエトリーリーディングをする姿がとても気持ちが良い。

3:30あたりから「所信表明演説」。


M-3「人殺しのカクテル」は、殺した恋人の幽霊とセックスをする話。M-4「タマトギ」は、南方の島を旅する旅人が魂を研ぐ老人と出会った話。いずれも不可思議/wonderboyがストーリーテラーとして繰り広げるわけだけれど、少しばかり熱量が邪魔になってしまった。不可思議/wonderboyの声は高いため、少しだけの熱量でも凄く息巻いているように聴こえてしまう。

M-5「銀河鉄道の夜」。今作品に収録された「世界征服やめた」と本曲は間違いなく今後も聴き続けることになるであろう凄い曲。男の夢である「銀河鉄道のレールを作る仕事」という、幻想そのものではなく、幻想への橋渡しをするための現実的な仕事が、この曲が持つ世界への間口をするりと抜け、自身の中一面に広げさせてくれる。また、このトラックの音使いが、宇宙の片隅で仕事をしている姿を容易に想像させてくれて、そこに展開される仕事をしている男からの手紙と、帰りを待っている女からの手紙のやり取りに、もはや涙無しで語ることなんて不可能だろうという想いに。



不可思議/wonderboyの声は高く、好みの分かれそうなところだけれど、発せられる言葉には間違いなく言霊が宿っている。どれもオリジナルトラックではないことから一般流通させられないのだろうけれど本当に勿体無い。wenodでは、コンピレーションアルバムの「言葉がなければ可能性はない―SpokenWordsConpilation2009―」が通販でも購入することが可能。こちらもいずれ聴きたいと思う。

スポンサーサイト

iPhone交換記

2010.02.21 | Posted in 玩具

iPhoneひび割れ

購入から4ヶ月が経とうとする自分のiPhoneにもひび割れ問題と対峙する時がやってきた。今まではケースに入れて使っており、一念発起し服を脱ぎ捨てること決めたのが一週間程前。ケースに覆われていた今までとは違い、思っていた以上に小さくて手に馴染むiPhoneの佇まいにただただ感嘆していたその矢先、まじまじと見てみるとそこかしこにひび割れが。画像はイメージ図。実際のひび割れ箇所は下記。

・音量調節ボタン付近
・マナーモード切り替えスイッチ付近
・イヤホンジャック付近
・SIMカード挿入口付近
・スリープボタン付近
・スピーカー付近
・ネジ穴付近
・ドックコネクタ付近


そう、もう穴という穴付近全てにひび割れがあった。

まずは、ソフトバンクショップ2件に電話したのだけれど、ほぼ門前払いに近い形で有償ですとの一点張り。Appleの場合は恐らく郵送での交換となるであろうから、まずはと思いソフトバンクショップに電話したのだけれどインターネット上で集めた情報の通り交換には至らず。仕方が無くAppleサポートに電話すると、即座に交換対応となる旨が伝えられた。AppleCare Protection Plan(7,800円、以降APPと呼称)に入っていない自分は交換に10日間程要し、その間は手元からiPhoneが無くなる上に代替機も無しとのこと。しかし、実際に要した日数は、iPhoneが手元を離れてから交換機が到着するまで3日程。実に素早い対応だったため非常に満足。

かくして交換となったわけだけれど、色々調べてみると今回のようなひび割れや、バッテリが弱くなった場合も、使用者に過失が無く保証期間内であれば、いずれも新品や整備品との交換になることが判った。バッテリすらも「バッテリの交換」ではなく「本体の交換」という気前の良さ。今回のひび割れ量から察するに、恐らく1年程使用すればまた同じような現象が発生するであろうと思うと、APPに入っておいて2年の保証期間ぎりぎりのところで新品に交換すれば、APPに入る価値も見出せるかなと。また、交換してもらえるのであれば、小傷を気にすることなくiPhoneを裸で使うことができる。ということでAPPに入ることを視野に入れ、1年保証に到達する直前に熟考しよう。ただ、保証外とならぬよう、落下にだけは気をつけなければ。

MCUを好きになる動画

2010.02.13 | Posted in 音楽

これを見てMCUのことがとても好きになった。



インターネットラジオ 2010.02.13 (土) 22:00~00:00

2010.02.13 | Posted in 放送

livedoor ねとらじ

本日の22:00~00:00にて日本語ラップを中心とした放送を予定しております。好みが合いましたら、お付き合いいただければと思います。

iTunesのメニューから「詳細」→「オーディオストリームを開く」を選択し、下記URLを入力後、OKボタンを押下すれば聴く事が可能です。

 http://std2.ladio.net:8180/hotoke13.m3u

尚、本記事に追記する形でトラックリストを記載する予定です。



2010.02.13 21:55 追記

放送を開始しました。(本放送は22:00からです)



2010.02.13 22:00~00:00 追記

トラックリスト

本放送前
New Age Steppers「Fade away」

本放送
YOU THE ROCK「OUTA HERE(REAL SHIT PART 1)」
TRUE ROMANCE MAIN THEME
YA-KYIM「君がいるだけで / YA-KYIM respects 米米CLUB」
CHEMISTRY「君をさがしてた シーモネーター & DJ TAKI-SHIT Remix feat. CRYSTAL BOY」
I THE TENDERNESS「Lalipop」
DJ MASTERKEY「No Chaser(We Need A Drink) feat. Hi-Timez」
HAB I SCREAM「幸 feat. 48.9(RINO LATINA II, ヨシピィ・ダ・ガマ, UZI)」
ラッパ我リヤ「言葉あそび」
CHIEF ROKKA「DBマーチ」
あるま × Alf Alpha「Newtral Maind」
COMA-CHI「1 on 1 feat. KREVA」
SONOMI「サプライズ」
KM-MARKIT「Rainy Day feat. 倖田來未」
山下達郎「Kissからはじまるミステリー feat. Ryo(ケツメイシ)」
Romancrew「It's Over」
DJ YUI「校舎 feat. 武藤正幸(サチアレト)」
闇アガリ「一期一会」
ICE BAHN「あの時」
韻シスト「Word Art」
inori「Endless Time feat. AYAKA」
SMITH-CN「2010 feat. SEEDA」
ZONE THE DARKNESS「秒数」
COMA-CHI「自傷症ガール Don't Cry」
島崎ひとみ「口づけ」
orange pekoe「やわらかな夜」
世にも奇妙な物語メインテーマ
DJ NAPEY「ホラー話 feat. SATUSSY, POCYOMKIN」
SATUSSY「続ホラー話 feat. 漢」
ジョー山中「人間の証明」




2010.02.13 00:05 追記

少し時間をオーバーしてしまいました。聴いてくださった方々、本当にありがとうございました。

箸にも棒にも掛からない告知

2010.02.10 | Posted in 放送

livedoor ねとらじ

13日の土曜日、22:00~00:00の2時間、日本語ラップ中心の放送を行います。遊び感覚で少しずつプレイリストを拵えていたのですが、どうせならと思いまして。

ねとらじの聴き方はこちら

好みが合いましたら、お付き合いいただければと思います。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。