スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICE BAHN「IB法」の感想

2009.11.24 | Posted in 音楽

ICE BAHNのデビューEP。アナログ盤。

ICE BAHN「IB法」 2003.08.23 ICE BAHN「IB法」

デビューEPでこの出来。本当に素晴らしい。本作品に収録された三曲、「IB法」、「クラウチングロケット」、「良い子のラップ講座」。これらは、互いが互いを喰い合わない絶妙なバランスを保った三曲だ。

神髄 ~B of the Essence~」で、あれほどの熱量があったにも関わらず、本作品の「IB法」では、日本的なトラックで繊細さを兼ね備えつつも、太いビートが織り交ぜられた、見事な変化球。各MCのラップも、本作品全体を通して熱量が削ぎ落とされ、良い具合に落ち着きを取り戻している。

続く「クラウチングロケット」は、DJ NAPEYによるトラック。「NO. 18」的な前のめりな勢いを持つトラックにも関わらず、以前と異なりあまり鬱陶しく感じないのは、前記した通りラップの無駄な熱が取り払われたおかげだ。

そして最後に「良い子のラップ講座」。ROCK-Teeによるトラックに韻踏合組合からOHYAとHIDAを迎えた、本EPでのみ聴く事のできる曲。最初に聴いた印象では、はっきり言って肩透かし感が凄かった。というのも、この5MCが揃ったのであれば、もっと躍動感のあるトラック上でマイクリレーを聴く事ができるだろうと期待していたからだ。しかし、蓋を開けてみれば、NHK的トラック。だが、これが時間を経ると、ラップを際立たせるためのトラックとなっており、タイトルの如く「ラップ講座」的で、ラップに集中して聴く事が出来ると気が付く。OHYAとHIDAのラップもこのトラックにぴったりだ。

また、全体を通してみると、耳に残るラインが多数。

詩書く奴は2003 「ICE BAHNってやばくねー」と言い出すはずさ


昔はサンタクロースを信じたわんぱく坊主も
今ではファン獲得に何かすごく 頑張るフォーク


振りすぎてもう首つるフォークリズムのオープニングチューンを
不眠不休でお送りするのにひっぱりダコの神戸ナペイが大袈裟ではなくぴったりだろ


踏むべくして踏む我が営みが ハンパじゃねえから生む笑いと涙
また一歩出した足から生まれる脚線美 見せてやる逆転シーン



この後に発売されたアルバムの印象は悲惨だったものの、本作品の完成度が故の期待感によるものだったのだろうと思う。

スポンサーサイト

ごった記(コピー)

2009.11.22 | Posted in 記録

ナインティナインのオールナイトニッポンで初めてそのコピーを耳にした。

 「片想いソングの女王 加藤ミリヤ」

このフィット感。「片想い」に込められる皮肉がぴったりだ。

次。(音楽関係無し)

同じくオールナイトニッポンからの情報で、ボジョレヌーヴォー解禁に際する出来に対するコメントが酷い有り様で、コピーを考える人の苦悩がよく現れていて面白い。

 95年「ここ数年で一番出来が良い」
 96年「10年に1度の逸品」
 97年「1976年以来の品質」
 98年「10年に1度の当たり年」
 99年「品質は昨年より良い」
 00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
 01年「ここ10年で最高」
 02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
 03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
 04年「香りが強く中々の出来栄え」
 05年「ここ数年で最高」
 06年「昨年同様良い出来栄え」
 07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
 08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
 09年「50年に1度の出来栄え」

もうスタートから大風呂敷広げすぎて、毎年毎年どんがぶりではないか。

次。(音楽関係無し)

失念してしまったが、ついこの間Yahooトップページのニュースの見出しで

 「性別疑惑のセメンヤ、金確定」

のようなタイトルが付いていたような気がするのだけれど、これ完っ全に狙ってないだろうか。その金は、どの金なのかと。

以上、コピーって難しいねという感想。

NOBODY KNOWS「NOBODY KNOWS 3」の感想

2009.11.22 | Posted in 音楽

メジャーデビューとなる3rd EP。

NOBODY KNOWS「NOBODY KNOWS 3」 2003.02.19 NOBODY KNOWS「NOBODY KNOWS 3」

NOBODY KNOWS名義の作品は、現nobodyknows+の作品を振り返ってみても郡を抜いて格好良いし、本当に何度も聴いた。そのNOBODY KNOWS名義のラストを締めくくるのが本作品の「NOBODY KNOWS 3」。

1st EP2nd EPは、相対的に見てソウル色が非常に強く、低音もありつつ緩いメロディが非常に印象強い。しかしこの3rd EPでは一転して、メロディの色合いが非常に強くなり、前作までにあったややノイズ混じりな低音が綺麗に出て(メジャーレーベルになった事に起因しているかは知らないけれど)、凄く聴き易いトラックとなっている。そしてこのメロディが叙情的で、ラップと相まって涙を誘う。ラップに関して言うと、g-ton、CRYSTAL BOYの前作までのゆったりとしたフローは排除され、力強さや鋭さが増している。

M-2「家々 ~撰ばれてあることの恍惚と不安とふたつ我にあり~」。4つ打ちのビートにのったメロディが心地良い。また、g-ton、CRYSTAL BOYの歌詞が、サブタイトルにある恍惚と不安を表しており、この対比が凄く面白い。

落ちてる双眼鏡 今日覗こう 向こうへ 惹かれる方へ行こうぜ
日々見つめ 石を投げ 意思みせ ひねくれて
開かないドア 開いてないのさ 目の前はRock on
入りたきゃknock knock!
瞬間 いつもの空間 広がる安堵(&)笑える時間


不思議なくらい臆病になってしまうような夜もある
内に秘めた目標に 届かずに不安色に染まる
いつしか進む道を間違い いつから嬉しくない明日に
自ら人と違う足並みで歩いて行くと決めた
華やかに見えた全ては 今や現実という悲劇で色付けられて
それすらも慣れて イマイチ冷めてハリもない



M-5「センチメンタルバス」。この曲は、本当に良い。g-ton、CRYSTAL BOYの他人同士の二人が持つそれぞれの物語。その二つの物語が、バスを中心とした空間の中で一瞬だけ交錯する時が訪れる。彼女と喧嘩し、自問自答しながらバスを待つg-ton。夢を叶えるために彼女と別れ、彼女からの手紙を読みながらバスに乗るCRYSTAL BOY。g-tonがバスの到着を待っていると遠くでバスのヘッドライトが。その瞬間、バスのヘッドライトが照らしたのは見慣れた泣き顔の彼女。g-tonは泣きながら抱き合う。一方、CRYSTAL BOYは、バスの中で彼女の手紙を読んでいると、バス停近くで自分達とよく似た二人が抱き合っているのを見かける。街灯はまるでスポットライトのよう。「大切にしてやれよ」とささやきながら、手紙に書かれた最後の一行「辛くなったら逢いにきて ずっと待ってるから迎えにきて」に、いつの日か戻ろうと心に誓う。

そして、本曲の前奏は約1分程あり最初は長いなあと感じるものの、そこからそっと始まるg-tonのラップから最後までを聴くと、前奏の1分は、上記物語が起こる前の空白の時間を、聴いている人が自身で埋める事の出来る余白部分となって非常に良い味付けだ。

歌詞はこちら:NOBODY KNOWS「センチメンタルバス」
(歌詞に埋められたその他の仕掛けも凄く良い。)

DJ MITSUのライナーノーツによると、本作品は売れなかったらしいけれど、その他の曲を含めてトータル的に見ても本当に名作だと思う。

ヒップホップ(笑)

2009.11.20 | Posted in 音楽

「いつになったらこの国の人たちはヒップホップが何なのか分かってくれんでしょうか?」

この一言で論理思考に弱いことが浮き彫り。「なぜ」と自問自答し、そこから得られた考えに対しても「なぜ」を繰り返せば何らかの解が見つかりそうなものだ。なぜ、分かってくれないのか。なぜ、分かろうとしないのか。

別のアプローチ。

なぜ、ヒップホップが何なのかを分かる必要があるのか。もし理由があるとすれば、それは音楽を聞く人間にとってのメリットになるものなのか。

別のアプローチ。

ここで言う「分かる」とは何なのか。ヒップホップが何なのかという知識を得る事か。そんなものWikipediaでも調べれば良い。ヒップホップが何なのかの説明文章に出てくる各要素についても全て網羅すれば、簡単に知識なんてものは得る事が可能だ。「言葉では説明できないものがある」と逃げるのであれば、それはおたくも分かっていないも同然。

「分かんない奴は聞かなくて良いっす。」

今まで散々恩恵を受けておきながらの手のひら返し。その節操の無さには感服。そのような事を感じているのであれば、自身で独自のビジネスモデルでも構築して、ヒップホップ(笑)とやらを分かっている人にだけ手売りでもしておいてください。

「おめえ、まじでヒップホップって何かわかってっか?(だみ声)」

「わ、わかりません、、、」

「じゃあ売らねえ(だみ声)」

以上、宜しくお願いいたします。

Hilcrhyme「春夏秋冬」の感想

2009.11.20 | Posted in 音楽

2009年にメジャーデビューした、Hilcrhymeの2ndシングル。

Hilcrhyme「春夏秋冬」 2009.09.30 Hilcrhyme「春夏秋冬」

Hilcrhymeの作品は初めて聴く。過去、有線放送で流れていたKREVA似の声質を持ったMCはこのHilcrhymeのTOCだったのかと今気が付いた。

KREVA云々の話は後で触れるとして、TOCの全く重くない軽快なフロー、且つ、DJ KATSUによるこのポップなトラックが、普段日本語ラップを聴かない人にも受け入れられている点は非常に納得がいく。HOOKでは歌い、各バースではガチガチなラップを披露するのではなく、ポップなメロディに合わせた緩急あるラップを魅せる。普段nobodyknows+やHOME MADE家族を聴く自分の耳には馴染みがありスッと入ってくる。そして何と言ってもTOCの通る声質が凄く好みだ。重くない軽快なフローがのど元をスッと通り、次から次へと食べたくなってしまうジャンクフード的な魅力がある。声質が好みであるが故、症状が顕著。ただ、2曲聴いただけで少しだけ飽きを感じてしまうあたりもややジャンクフード的。



方々で散々言われているが、TOCがKREVAに似ているか否かと言う点。似ているのは声質だけだ。それも上っ面な似方であり、声の重さが全く違う。言葉一つ一つの重みが全く違う(ここでの重みとは、単純に、フローによって単語一つ一つに掛かる重みの事。説得力としての重みの事では無い)。声質が似ているからと言って「パクり」呼ばわりする事は些か早計だろうし、声質なんてものはパクれるものでは無いだろうと思う。

そんな思いの中、HilcrhymeのHPを訪れ「ああ」と納得した。

「今」MC TOC 「5年後」KREVA

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。