スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Artists「神髄 ~B of the Essence~」の感想

2009.11.18 | Posted in 音楽

B-BOY PARK MC BATTLE上位入賞者を中心とした作品。2002年リリース。

Various Artists「神髄 ~B of the Essence~」 2002.08.10 Various Artists「神髄 ~B of the Essence~」

2002年リリース、且つ、MC BATTLE上位入賞者。今になってみれば、この2種類のキーワードを目にしただけでも、本作品に込められている一つの要素は容易に想像が可能だ。それは韻。1999年から2001年のB-BOY PARK MC BATTLEで3連覇を成し遂げたKREVA。KREVAの文末で着実に韻を踏んでいくスタイルは、KREVAスタイルと呼ばれて多くのフォロワーを生み出した。その真っ直中で発売された今作品に参加しているMCは揃いも揃って韻踏み屋ばかりで、MIC BANK、MOTOY、HIBIKI、CIPHER BREAKA、ICE BAHN、YOUTHの面々。

本作品の印象は、最初に聴いた時から今まで一貫している。それはこの上無い程のB級感。トラックは全体を見渡してみても凄くチープな上、各MCのラップだって決して洗練されているとは言い難い。但し、ラップのポテンシャルは相当なものだ。各MCの初音源を収録した作品ということもあるのだろうけれど、聴いている人の耳にねじ込んでやろうという前のめりな熱量がこの作品には込められている。

このように感じてしまう要因としては、やはり韻を切り離す事が出来ない。中でも、本作品の頃からICE BAHNによる執拗な韻は健在で、FORK MASTER(現FORK)のライン、「韻を踏むなんて基本中の基本ですとマイク片手に日本中飲み込んでく」に、本スタイルに対する考えが集約されていると言って良いほどのパンチライン。ICE BAHNの面々のラップは、これらの韻に加え、息巻いたフローで、聴いているこちらが疲れてしまう程の熱量だ。

一方、HIBIKIのようなあっさりとしたスムースなラップを披露するMCもいる。但し、そのフローで吐き出される韻の量は膨大で、特にM-4「HANABI」のような半小節毎に韻を詰め込んで矢継ぎ早に踏んでいくスタイルは、これだけの面子の中でも凄く巧い。最初に洗練されていないと書いたけれど、HIBIKIに限って言えばそのような事は無いとも感じる。

YOUTHによる、「地方B-BOY行進曲~第二章~」は、未だにYOUTHの曲の中でも最も格好良いと言って良い程の出来で、「O.K.A.YAMA(オーケーエーヤマ)」という間抜けな読み方で岡山代表を謳いつつも、岡山という土地を全国へ知らしめた功労者であることは間違いないのでは。

MOTOYの舌がもつれそうでもつれない危なっかしいフローも今作では堪能できるし、MIC BANKの綺麗に毎小節で踏むスタイルは、今作品ではやや影を潜めるもののなかなか良い。但し、KIN DA SHER ROCK率いるCIPHER BREAKAの曲は、トラックのボトムが軽く、ラップ自体もなかなかの酷い出来。但し、この頃からKIN DA SHER ROCKのややポップよりな雰囲気は十分滲み出ている。

本作品に参加しているMCは現在でも活躍しており、今一番楽しみなのは最近活動を再開したHIBIKIの作品。YouTubeで公開された「あなたとは違うんです2008」は、単純にトピックを埋め込んでいるだけという見方も出来てしまうけれど、それを差し引いても凄く格好良い。早いところ作品をリリースしていただきたい。

新譜あれこれ

2009.11.15 | Posted in 音楽

IFK RECORDSによるSPLIT EPシリーズ。第一弾はNORIMITSUとMR. FUKUSANによるもので購入済み。第二弾は手を出さなかったのだけれど、この第三弾は凄く楽しみ。

ALI-KICK & MARUHIPROJECT「SPLIT EP VOL. 3」 2009.12.11 ALI-KICK & MARUHIPROJECT「SPLIT EP VOL. 3」 

M-1「BEFORE THE GAME feat. HUNGER, TARO SOUL / MARUHIPROJECT」
M-2「REASONS feat. あるま / ALI-KICK」
M-3「BACK IN THE DAY feat. メシアtheフライ, BES / MARUHIPROJECT」
M-4「処刑決行 feat. 遊戯, 将絢 / ALI-KICK」
M-5「HALF FULL, HALF EMPTY feat. MILI, B-BANDJ / MARUHIPROJECT」
M-6「シュビドュビバップ feat. 鎮座DOPENESS, S.L.A.C.K / ALI-KICK」
M-7「I'M SORRY feat. Romancrew / MARUHIPROJECT」
M-8「4 EMCEES feat. SATUSSY, SIMON, BRON-K, DABO / ALI-KICK」


MARUHIPROJECTという名前は初めて目にしたのだけれど、韻踏合組合の「Superstar」トラックの人との事。



何と言っても、今作の魅力はALI-KICKプロデュースによる曲と客演陣。遊戯と将絢による曲はどうなるのか。SATUSSY、BRON-Kに加えDABOが同一曲に乗ったらどうなるのか。また、聴いた曲は数少ないものの、その安定感が抜群だったあるま。名前だけでその楽しそうな雰囲気を放出している鎮座DOPENESS。ついこの間購入する事が出来なかったPSGからS.L.A.C.K。等々。メシアtheフライとBESの組み合わせは新鮮味無し。ここ最近得た新譜情報の中では抜群に心が躍った作品。

別の話。

そう言えば、10月頃にSD JUNKSTAからOJIBAHのソロアルバムが発売されるなどという情報をどこかで見た気がするのだけれど、一体どうなっているのだろうか。SD JUNKSTAメンバの中では凄く好みのMCであるため、サクッとリリースしていただきたいものだ。

別の話。

今月、TOKONA-X絡みの作品が「また」リリースされる。これについて思うところはあって、どれほどTOKONA-Xの名前を使用すれば気が済むのだろうかと思う。皆は恐らく確信犯的にリスペクトが云々というどうしようもない事を口にするのだろうが、口にしないだけで心の根底には商売魂が眠っているのだろう?吐き出して楽になっちゃいなさいよ。故郷のおふくろさんが泣いてますよ。

CHIHIRO「DRESS」の全曲感想

2009.11.14 | Posted in 音楽

2年半ぶりCHIHIROの2ndアルバム。

CHIHIRO「DRESS」 2009.11.11 CHIHIRO「DRESS」

M-1「DRESS」
 ピアノ上に乗せられるファルセットボイスで開幕。入り口から早速、聴いているこちら側がカラオケで高音が出ない時のあの表情になってくる。

M-2「Miss U part II ~恋してた~」
 作中で最も好きな曲。好きな曲だからこそ、一つのミスが気になる。「最後にしたLast Kiss」。ああ、頭が頭痛するわ。

M-3「Roller Coaster Love feat. HI-D」
 派手に装飾されたトラックが凄く良い。この勢いがローラーコースター感を出しているのだと思うと妙に納得。

M-4「Last Kiss」
 かぶってるかぶってる。M-2とかぶってるよ。

M-5「Make Up feat. USU a.k.a. SQUEZ」
 「Fakeな会話や日常にも飽きたなら心の"JEWELS"明日の"DRESS"見につけなきゃNonsense」。誤植がある事は置いておいて、"JEWELS"や"DRESS"を身につけるなんてそれこそFakeだろう。などと思う方がNonsenseか?こういった、きらびやかなトラック主体のシンガーに客演するMCは、聴こえの良さが重視されたMCが多い印象だけれど、USUのやや引っ掛かりのあるフローは健在だった。こういった意味で、この客演選択はなかなか攻めた選択だったように感じる。

M-6「Ding Dong DANCE」
 軽快なトラックとそれに合わせたサビが凄く良い。オルゴールのねじが巻かれ、今まで息を潜めて静止していた人形が、音楽と共にダンスを始める様を連想させてくれる、イントロのねじを巻く音はなかなかの味付け。(曲解含有率80%)

M-7「Too Late」
 恋愛競争に負け、告げずに終わった恋模様。「誰よりもきれいになって 君が私を見た時に 後悔をしたとしてもToo Late」。残念ながら告げずに終わっているのだから、きれいになったあなたを見たところで生まれる感情は後悔では無いだろうと。この歌の主人公は、「君」の選択肢にも入っていないにも関わらず、「後悔」と表現している時点であたかも「君」の選択肢に入っていたかのような自意識過剰ぶりにビガップ。

M-8「Lonely」
 サビの「代わりはいなくてOnly」以降の歌詞が、前半の表現を台無しに。でも前半は好きだ。「君がいないとLonely 心にいるのはOnly 私の欠片 無くして 全てが満たされないほどに」。

M-9「In the Closet(Interlude)」
 クローゼットの中にも関わらず、何故外の足音が聴こえるのかと。クローゼットの中からDRESSを選んでいるのならば、このタイトルはM-1にこそ付けるべきなのではないかと。M-1から「DRESS」という隠喩もへったくれも無いまさに「答え」を最初に持ってくる手法は、自分だったら排除したいところ。

M-10「Beautiful feat. Sweep」
 Sweepの歌声を最初に聴いた時はHI-Dに似ていると思ったけれど、早計もいいところでした。

M-11「My Place」
 トラックがそろそろ作品の終わりを告げるような締めの印象を与えてくれる。

M-12「Bouquet ~ずっとふたりで~」
 サビ後半の歌詞は、「あなただけの。。。」のくだりを聴けば、その後の歌詞を予想するのは、1.0倍の単勝を予想するよりも容易。

全体
 トラックのキラキラした感じが凄く印象的で、「Jewels」を身につけ、「Make Up」して、「DRESS」を着てと言っている通り、その装飾具合がはっきりとわかる。ただ、この文言の「Make Up」をタイトルに持つ作品が間に抜けているけれど、これが、化粧をしている姿は全面に押し出すのではなく作品の中に埋め込むのみに留めておく(本作のM-5)、という想いがあるのであればもの凄い策士。因みに、悪い印象ばかりが目立つが、実態はそんな事は無く、結構好きでもう10回以上はループして聴いている。

以上。



傳田真央のアルバム発売に向けて

2009.11.11 | Posted in 音楽

傳田真央のオリジナルアルバムが実に9年ぶりに発売されるとのニュースが(2009.12.09発売)。特に好きなわけでは無いけれど、YouTubeに新曲の「My Style」がアップロードされていた。



最強のWOMAN 自分らしくある
そのプライドを掲げて
何度でもWOMAN
立ち上がるたびに生まれ変わる
Cuz I'm tough, I'm tough, I'm tough



「最強のWOMAN」という単語が耳に入ってきた瞬間、鼻で笑ってしまった。恥ずかしい。芯のある女性像を描くにしても、この稚拙な発想力の「最強のWOMAN」は、歌詞の後ろに括弧笑いを付けられてもおかしくない程の辱めの歌詞。最強のWOMAN(笑)。

自身の生き方に誇りを持ち、女性の先導者としての思いが込められていると察するけれど、先導者として一歩踏み出すと同時に流れてくる「最強のWOMAN」が耳に入る事によって、その途端ハイヒールの踵が溝に挟まってスッ転ぶ姿が目に浮かぶ。

と、こき下ろそうとすれば湯水の如く文句が出てくる自分自身に対しては、後ほど自問自答しておきます。

Organ「Orange and Blue Invitaion」の感想

2009.11.11 | Posted in 音楽

ZZ PRODUCTIONからOrganの第一作目。ネットで情報を集めている際、disk unionのHPに試聴可能なリンクが生きていた。

Organ「Orange and Blue Invitation」 2006.09.16 Organ「Orange and Blue Invitaion」

Organのラップは、Romancrew「FLY HIGH」に収録された「A Night In Bombay」で初めて聴いた。この曲は、将絢、タカツキ、そしてOrganの三者による曲で、どこか冷めたような気取ったラップが持ち味の将絢に対し、肩を並べる程に気取ったラップを披露するOrganが非常に耳に残った、且つ、凄く格好良かった。

そんな経緯から手に取った今作品は、RomancrewからALI-KICKがプロデュースしている曲を2曲含んでいるからか、「FLY HIGH」の雰囲気が如実に現れている印象を受ける。補足しておくと「FLY HIGH」自体は非常に好きな作品であるため決して負の印象ではない。ただ、前記したように、Organのラップスタイルが将絢のそれと非常に似ているため、トラックの色合いは非常に偏ったものだ。緩急が無くて、5曲入りEPで助かったと思ったくらい。

それでも各曲は好きだし、特に将絢が客演しているM-1「Invitation」は、互いのラップスタイルによる相乗効果で非常に魅力的。但し、アルバム冒頭にして一番の山場となってしまっている感は否めないけれど。

ラップ、歌詞に関して言うと、そのフローが独特すぎて、歌詞の意味を考えずとも、放たれた言葉が格好良く聴こえる。逆に言えば、歌詞が頭の中にあまり入ってこなかったというのが正直なところ。従って、本作品は、純粋に音として楽しむ事は出来た。

因みに、Organはまだ音楽活動を続けているのだろうか。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。