スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN THE 390「FANTASTIC WORLD」の感想

2009.10.31 | Posted in 音楽

エイベックスのrhythm zoneから発売したKEN THE 390のミニアルバムを今更ながら。

KEN THE 390「FANTASTIC WORLD」 2008.10.08 KEN THE 390「FANTASTIC WORLD」

先行して公開された「FANTASTIC WORLD」を聴きながらまだかまだかと思いながら待っていた。アルバムのタイトルにもなっているこの曲、小綺麗にまとまった曲だなあと感じていた。これが後にMummy-Dによるトラックだと知り、何だか妙に納得したことを覚えている。ジャケットも綺麗な感じ。



今作品を手に取る前に恐れていた事が一点。それは、太郎 & KEN THE 390名義のアルバム「FLYING SOUND TRACK」に起因する。2MC名義のこのアルバムは、今作品と同様にMummy-Dによるトラックである「Grand Closing」を先行して公開していた。勿論この曲は格好良くて、アルバムを期待して待っていたのだけれど、蓋を開けてみれば、「Grand Closing」を除く楽曲群が霞んでいる霞んでいる。がっかり感がこの上なかったのだ。今回も状況は同じくMummy-Dによる曲が先行していたために、もしやと懸念していたのだけれど、これは杞憂もいいところだった。今作品は、ミニアルバムというコンパクトさもあり、タイトで非常に綺麗にまとまった良作だと感じる。

M-4「シューティングスター」は、RomancrewからALI-KICKがプロデュース。ALI-KICKのトラックは静かめなイメージがあったのだけれど、この曲は凄く派手でエレキギターのような音使いが印象的だ。本曲が間違いなく今作品の要。

M-5「届かないWORD」は、以下の歌詞が頭に残る。今後使えそうな言葉として、引き出しに入れておこうと思う。

タラッタッタタラ 軽すぎる言葉はきっと風で消えちゃうし
タラッタッタタラ 重すぎる言葉じゃ逆に君まで届かない



M-6「新雪(Virgin snow)」は、イントロが一昔前のドラマにでもありそうなメロディ。但し、これが新雪というタイトルにぴったりとはまっている。この一昔前のドラマというところがポイントで、当時の恥ずかし気もなく繰り広げられる言葉の数々が舞っているあの雰囲気がこのメロディと見事にはまっている。

M-7「FLOW」は、フックの重ね録りが重圧感を出していてその迫力に圧倒される。トラックはALI-KICKで、電子音が非常に良い味。

KEN THE 390のラップに焦点をあてると、M-1やM-5のような着飾ったフローもありながら、M-2やM-3では比較的自然体に近いようなラップもあり、コンパクトな作品の中でも意外と幅広くKEN THE 390を楽しむ事が出来た。

スポンサーサイト

山口リサ「Crystal Lights」の感想

2009.10.26 | Posted in 音楽

静岡県浜松市を拠点に活動しているR&Bシンガー。(Wikipedia情報)本作は3rdアルバム。多分。

山口リサ「Crystal Lights」 2008.12.03 山口リサ「Crystal Lights」

これと言って印象に残らなかったというのが正直なところで、最初から最後までさらっと聴き流してしまった。歌が格別上手いというわけでもなくて、M-7「ペアリング ~chapter Final~ feat. HI-D」でのサビ部分の抑揚の無い一本調子な歌い方は聴いていて辛かった。というのも、M-6「K.L.L.B」のトラックが好みのためM-6から聴き出すことが多いことに起因していて、その流れから聴くM-7の酷さが妙に頭の中に残ってしまっているのだ。

上記のような印象を持つ一方、M-8「Crimson Rain」なんかは比較的伸びやかに歌っているようで、全体を通してみると今ひとつ印象がまとまらなかった。だからこそ最初から聴き始めても、あれよあれよと最後まで聴いてしまい、再び最初から、というように何度も聴いてしまったのだ。

それでも好きな曲は何曲かあって、上で記したM-6「K.L.L.B」の歯切れの良いメロディの派手さは好みだし、M-10「Like A Masquerade feat. TAGG THE SICKNESS(U-PAC, Mr.JACK)」もトラックが格好良い。ここで客演しているラッパーの声質がKEN-1-RAWに通じるところがあって一瞬耳を持っていかれた。本当に一瞬だけ。

M-11「Dear My Sister」では、ANTY the 紅乃壱が客演しているのだけれど、どうしても声の野太さが耳をこじ開けようとしてきて、耳が頑にそれを拒絶していた。

歌詞については特に注意していて聴いたわけでは無いけれど、「好き好き大好き」ばかり言っているどこかの恋愛中毒者とは違ったため、こういったところが何度もループして聴けた要因の一つになっているのかもしれない。歌詞に注目しなくても、自然とその空気感がトラックなどにも出ているのだろうと思う。



ジャケットデザイン

2009.10.25 | Posted in 音楽

SNEAのブログにて、建築デザイナーのJulian Hakesによって考案されたハイヒール「Mojito(モヒート)」が紹介されており、このデザインが斬新で、オブジェ代わりに一つあっても良いなと思いました。いやいや、オブジェとしてですよオブジェとして。

Mojito shoe

ところで、このデザインに端を発し、CDジャケットに焦点をあてて考えた事は無かったなあと気が付いた。レコードの場合、ジャケットが大きいために棚の前に置く事によって嫌でもジャケットについてほんの少しだけ考える事があるけれど、CDに関しては全くと言って良いほど考えない。いや、TKC「百姓一揆」のような特殊なジャケットは触れたけれど。

ここで、最近よく聴いているということもあってか、CHIHIROがその標的になったというか、したというべきか。まあ、作品の取捨選択はしてはいるのだけれど、以下がその一例。

CHIHIRO「Jewels」 CHIHIRO「Beautiful feat. Sweep/Bouquet ~ずっとふたりで~」 CHIHIRO「DRESS」

ジャケットに焦点をあててみると、この人の作品は殆どが左からのカット。良くて正面から。これらのジャケットに加え、このシンガーのPVは、左からのカットが多いこと多いこと。そんな事考えながらPVを見ていると、「あと少し。もうちょっと。うん。よいしょ。もうちょっと左向け。」などと邪念が入る。(と、思って「Last Kiss」のPVを改めて見ると遠目の右側からのカットがあったという件についてはこの際置いておく。だってここまで記事書いたんだもの。)

とまあ、どうでも良いのだけれど、CHIHIRO左側自信説を提唱し、誰かに共感していただきたく思い記事にいたしましたとさ。めでたしめでたし。

ごった記

2009.10.23 | Posted in 音楽

ここ最近は歌ものの曲ばかりを聴いている。今は山口リサの「Crystal Lights」。こういう時期は、比較的耳がすんなりと受け入れてくれるため、ここぞとばかりに過去音源を聴いている。

別の話。

少し前に、B.I.G JOEの「Come Clean」をYouTubeで聴き、Michitaの繰り広げるピアノの旋律と、B.I.G JOEの一つ一つの言葉をしっかりと吐き出すラップがぴったりとはまっていて、アルバムを聴きたいと思って、CDショップに足を運ぶも売っていなかった事に落胆し、何を血迷ったか詩音の「Truth」を試聴していた自分を今更ながら客観視すると、自然と涙がほろりとこぼれてしまいそうになった。



別の話。

新譜をリリースして間も無いアーティストのブログを覗くと、「アルバムの中で好きな曲はどれか」という「私のこと褒めて褒めて」の会が夜な夜な繰り広げられているそうな。ああ恐ろしや。「わたしのどこが好き?」なんていう問いかけが公の場で繰り広げられているように見えて、随分自信があることあること。そんな流れから、KOHEI JAPANのラインを心に刻んでおこうと思った秋の夜長。

君の何処が好きかって問われればちょい困ってしまう
全部好きなんて言うほどガキじゃないが全部受け入れる事を誓う



以上。

CHIHIRO「Roller Coaster Love feat. HI-D」の感想

2009.10.22 | Posted in 音楽

DJ Decksteramによるリミックスが収録されていたために手を伸ばした。Remix Special盤は1500円(通常版が1200円)。今思えば、iTunesでDJ Decksteamのリミックスだけを200円で買えば良かった。iTunesでの買い物なんて殆どした事がないので、その発想にはなかなか至らない。次回からはその発想に至れるように努力しようという所存。

CHIHIRO「Roller Coaster Love feat. HI-D」 2008.12.03 CHIHIRO「Roller Coaster Love feat. HI-D」

オリジナル曲はYouTubeで何度か聴いた事があって、今回改めて聴いていると何かで聴いた事のある音使いとメロディだなあと思い、iTunesライブラリを掘ると、Thalia「I Want You feat. Fat Joe」だ。元ネタはBrenda Russell「A Little Bit Of Love」。本曲は「Roller Coaster Love」というタイトル通りに恋愛を掛け合わせた歌詞。つまらない。けれども、このメロディが良い。サビ部分のような豪華に装飾されたトラックがやはりこのシンガーにはぴったりだ。

M-2「Lonley」。

君がいないとLonely
心にいるのはOnly
私の欠片 無くして
全てが満たされないほどに
Baby2...Lonely
代わりはいなくてOnly
サヨナラしたくないから
二人を思い出にまだできない



「代わりはいなくてOnly」以降の歌詞には、なんだか答え合わせ的な役割を感じてしまって邪魔に感じるけれど前半部分は好き。また、本曲のメロディは装飾が足りなくて、シンガーの力だけでは物足りない。

M-3のDJ Deckstreamリミックスは、歌声とのちぐはぐ感が凄まじくて聴いていられない。CHIHIROの歌声によって作り出されるメロディとDJ Deckstreamのトラックが見事に反発している。これはインストで聴くべき曲と判断。M-4「Roller Coaster Love(B.O.D. remix)」は、また違ったアプローチを見せるトラックとなっていて凄く楽しめた。ダンスクラシック的なリズムがあり、ぴったりとはまっているわけでは無いけれど、なんだかんだで曲に引きずり込まれてしまった。

全体的には、その他の作品で抱いた印象と全く変わらない。だからといって、楽しめなかったわけでは無くて、予想の範疇の中で十分楽しむ事が出来た。

M-1「Roller Coaster Love」


メモ
 Thalia「I Want You feat. Fat Joe
 Brenda Russell「A Little Bit Of Love

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。