スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与太話?

2009.07.31 | Posted in 音楽

MS Cru、現MSC。2002年当時、どうも日本語ラップ界隈では「MS Cruがヤバい」というような噂が流布しており、それに便乗するかのごとく「帝都崩壊」を購入したわけだが、そのラップスタイルが好みではなかったため殆ど聴かずにいた。2003年にも「マタドール」を購入してみたけれど、やはり「好きでは無い」と判断して、これより後の作品は購入していない。

で、2003年の終わりに発売された「宿ノ斜塔」。作品としては完全にスルーだったけれど、日本語ラップの情報を掻き集めるかのように毎晩インターネットを闊歩している中で発見した、タイトル曲となっている「宿ノ斜塔」のPVだけは見ていた。

MSC / 宿ノ斜塔 2003.11.27 MSC「宿ノ斜塔」

M-1「宿ノ斜塔」。この曲の冒頭、

2002年 年の瀬師走の大晦日 まさかまさかの檻の中
頭の中覚醒しだす消灯後 目を閉じれば自然と始まる
フリースタイルエンドレス ビート無し 言いたい放題のナチュラルハイに任せ
2002年 振り返るが****に動かされ続けた一年
二、三、四月連続 空飛ぶ未成年クレイジーツーリスト
シスコ二階で**** 四月は****までカルチャーショック
帰国後ホモの聖地で****も底突く資金の中でなんとか****ワンウィーク
待てず痺れ切らしてつける愛息 トビもそこそこ
おい、よく聞け**** 俺の主張はただ一つ
有名大卒の堅物に言っても所詮右から左の民の怒りは何処へ
おい、なんだポリスメン 一公務員 いちいち職質
レディースチョーク持って散歩 感覚バイト
明日から2003 三食昼寝付きの獄中生活はいつまで続くのかわからぬが
俺は書き続ける 俺の意志、主張
時として一人の人として いや、愛するMS CRUの一員として
今年の締めくくり この詩を書けて良かった 本当に M.S.C



これが実際に刑務所の中で録音されたとかそうでないとかの話。しかし、これを念頭に置いて聴いてみると途端に凄みが増す。そもそも少佐のこのバースだけは確かに異質な感じはしていたけどまさかまさかの檻の中。

これを今現在になって知ったというだけのあっそ話。

以上。

M-1「宿ノ斜塔」


スポンサーサイト

山口リサ「Sunshine」の感想

2009.07.26 | Posted in 音楽

「Chocolate」を初めて聴いた時に凄く良いと思ったアーティスト。山口リサの4曲入りシングル。「Sunshine」、「ROYAL ROSE feat. AK-69」のダブルAサイド。

山口リサ / Sunshine 2009.07.01 山口リサ「Sunshine」

M-1「Sunshine」は、山口リサ本人が「自分を励ますために書いた」との事。

「進むべき道が見えないときや、自分に自信がなくなったとき」に聴いてほしい



と述べている通り、その想いが伝わるような歌詞になってはいる。ただ、特筆すべき内容は無い。一方、メロディも変わっているというわけでは無いけれど、サビ部分は非常に好み。また、この部分は声を重ねて録音されているけれど、これのおかげでサビが盛り上がっているように聴こえる。因みに、山口リサはR&Bシンガーという認識でいたのだけれど、本曲は完全にポップミュージック。

M-2「ROYAL ROSE feat. AK-69」。AK-69含めて、歌詞の内容の無さには失笑。AK-69のラップはいつも通りのフローで、好む人にとっては良いのだろうけれど、どうも聴いていて疲れる。

M-3「Fantastic Party」でのサビ部分は聴いていて恥ずかしい。トラックに付いていけていない。M-4「DIVER」は、山口リサの歌声が、トラックの派手さに埋もれてしまっている。特に最初。

こう書くと、文句ばかり言っているけれど、M-1はメロディが凄く好きという点を改めて補足してこの文章を締めたいと思う。

M-1「Sunshine」


久々の稼働

2009.07.26 | Posted in 玩具

つい先程テレビを見ているとボクシングゲームのCMが流れてきた。そして最後に言い放たれたそのタイトル。PUNCH-OUT!!。まことか・・・。個人的ファミコンNo.1ゲームである作品がWiiで発売されるのか。もとい、発売されているのか。任天堂HPにてすぐさま確認。

以下はファミコン版のマイクタイソン・パンチアウト!!の画像。最後のマイクタイソンが反則的に強すぎて、小学生の頃、何度もコントローラ放り投げていたっけ。大人になってからようやく倒す事が出来たと記憶している。今でも押し入れにカセットが眠っている。

PUNCH OUT

PUNCH OUT

という事で、閉店間際のGEOに走り込んで購入してきたわけだが。

PUNCH OUT Wii

Wii版ではファミコン版を徹底的に踏襲しているとのこと。少しプレイしてみたところ、そのキャラ特徴は言わずもがな。何よりも音楽も踏襲していて、これが懐かしくてたまらない。特に、サーキット間のトレーニング場面で流れる音楽。これは良い。

5分00秒あたりからの曲。


paris match「Passion8」の感想

2009.07.26 | Posted in 音楽

paris matchの8thアルバム。

paris match / Passion8 2009.06.24 paris match「Passion8」

2000年4月ビクターaosis recordsからアルバム「volume one」でデビュー。 ボサノヴァ、ジャズ、ソウル、クラブミュージックのエッセンスが溶け込んだ楽曲と、クールな歌声で注目を集める。 キリン・チューハイ「氷結」のCMソングになった「SUMMER BREEZE」「太陽の接吻」やPOLA化粧品「STAY WITH ME」「NIGHT FLIGHT」「ETERNITY」 「HELLO BEAUTIFUL DAY」等をはじめ、これまでさまざまなテレビCMや番組でも彼らの楽曲が使われている。



奇をてらって希にこのような曲を聴いてみたりもする。今作についても、paris matchを知っていたわけでは無く、ジャケットから想像して手に取った。実際に聴いてみて、なんとまあわかり易いジャケットワーク。想像通りの曲調に歌声。まあそれを望んでいたわけではあるが。

各曲の雰囲気は似通ってはいるものの、しっかりと聴いてみると、ポップな曲もあり、スウィングジャズのような曲もあり、なかなか楽しめる仕上がりになっている。あとは何と言っても、ミズノマリの歌声が、実に良い雰囲気を醸し出している。はしゃいだような声でもなく、甲高くて耳をつんざくでもなく、つつみ込むような声質にひたすら耳を預ける事ができる。

中でもトラックとも相まって、M-2「プラネタリウム・シンドローム」や、M-8「空っぽの君と僕」が良い。

M-2「プラネタリウム・シンドローム」


さて、偏見の塊の文章。本作の印象は「大人の女性」。癇に障る程の「大人の女性」。ワイン片手に「あはは。おほほ。」とセレブ丸出しな雰囲気がこの作品にはぎっしり詰まっている。普段であれば、そんなものにははっきりとファックサインを送りたいところではあるけれど、車にセットしてドライブに出掛けると、確かに途端にお洒落な雰囲気になってしまうから困る。「あはは。おほほ。」と言いたくなる気持ちは解らなくは無い。

KREVA「赤」の感想

2009.07.25 | Posted in 音楽

前作「」が4曲入りEPだったため、本作を楽しみにしていたのだが、2曲とそのインストで計4曲の時点でがっかり。

KREVA / 赤 2009.07.08 KREVA「瞬間speechless」

ついでに言うと曲聴いてがっかり。

本作品はどうやらKREVA自身の渾身の一作らしい。(ソースはネット上の情報)ラップというラップではなく、ほぼ歌っていると言って差し支えない。基本的に、KREVAに全編歌ものの曲は望んでいなく、一通り聴き終わってがっくり。ただ、

で 振り返った瞬間にすぐに恋に落ちた



での声を抑えて歌っている部分は好きだ。あと、自信たっぷりな歌詞が鼻につく。まあ今に始まった事ではないけれど。

俺はここらじゃイケてるほう
OL、ショウガールにモデルも告白してくるが
「どうかなぁ・・・。もし友達だったら、今日から。」とか
余裕ブチかましたりしつつ



M-2「君に、胸キュン。 -浮気なヴァカンス-」は、YMO「君に胸キュン」のカバー。しかもオートチューン使い。ここで更にげんなり。ラップ無し。

YouTubeで見たが、平井堅「POP STAR」をサンプリングして「I wanna be a rap star」と言っていたラッパーがラップ無しのシングルをリリースするとは。もはや、KREVA名義の作品と、くレーベルや客演でのKREVAとは別と考えた方が良いのかと。

メモ
 M-1「瞬間speechless」 / 元ネタ:RUPERT HOLMES「Speechless
 M-2「君に、胸キュン。 -浮気なヴァカンス-」 / 元ネタ:YMO「君に、胸キュン。


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。