スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僥倖 in da くレーベル

2009.04.30 | Posted in 音楽

KREVAが「CONCERT TOUR '09 意味深2」を終えた。事前情報として、この会場ではくレーベルコンピの其の四と其の五が発売されるという事が情報として出ていたため、尚更行きたいと思ったけど、行動には移す事は無かった。

今日、このコンピの今後を知りたくて、くレーベルのホームページに訪れたところ、トップページで流れていた曲が凄く気になった。

千晴「STOP!! feat. 三浦大知」


千晴は、KREVAにフックアップされたMCというイメージでしか無く、KREVAの「よろしくお願いします」に収録された「You are my sunshine feat. 千晴」を聴いても特に何とも思わなかった。でもこの曲は凄く好きだ。まあ千晴のラップが、というわけでは無く、三浦大知の歌唱力が突出していて、凄く耳に残る。と思って聴いていると、千晴のラップも格好良く聴こえてきた。

三浦大知と言えば、最近KREVAとも共演していた。こちらも凄く好きだ。

三浦大知「Your Love feat. KREVA」


言い尽くされた事かもしれないが、三浦大知がこんなことになるなんて予想だにしなかった。Folderとしてデビューした時にも歌がうまいって言われていたけど。

話がそれた。くレーベルコンピ。其の五がたまらなく魅力的。このMC陣を見て反応しない人は不感症。

01. 都会陸上 feat. KREVA, Romancrew
02. NEXT LEVEL feat. THE FLEX UNITE, KREVA, SONOMI
03. good boy,bad boy feat. SEEDA, KREVA
04. 無くない!無くない! feat. KREVA, L-VOKAL, AMIDA
05. 忘れずにいたいもの Remix feat. 千晴, KREVA(bonus track)

くレーベル 其の四 2009年6月17日発売予定 くレーベルコンピ【其の四】
くレーベル 其の五 2009年6月17日発売予定 くレーベルコンピ【其の五】

スポンサーサイト

うほ、いいマイクリレー。

2009.04.28 | Posted in 音楽

これはテンション上がるなあ。

KEN THE 390「続・超・ラップへの道 feat. TARO SOUL & DEJI」


ミュージックステーションにKEN THE 390が出たときも凄いと思ったが、これは凄く嬉しいマイクリレー。テンション急上昇。このところYouTubeにアップされるKEN THE 390の新曲群の勢いは凄い。「届けたくて」のようなフローではなく、新曲群のようなフローの方が好きだ。(因みにだけど、過去楽曲の「雨の日曜日」なんかは比較的「届けたくて」に似たフローだけど、この曲はかなり好き。iTunesの再生回数がやんごとねえことになっている。)

あと、DEJIの3rdアルバムも楽しみにしている次第。

DEJI / Jet Stream Salmon 2009年6月3日発売予定 DEJI「Jet Stream Salmon」

まあ買いだわな。

feat. 横山やすし & 西川きよし

2009.04.28 | Posted in 音楽

悩む。

サイプレス上野とロベルト吉野 / ドリーム 2007年発売 サイプレス上野とロベルト吉野「ドリーム」

買おうかどうか悩む。

ここ最近、サイプレス上野のラップが好き。「WONDER WHEEL」のPVをYouTubeで見ていた時に偶然関連動画にあった曲。「ドリーム」に収録された「LOVE SONG feat. TARO SOUL」。

サイプレス上野とロベルト吉野「LOVE SONG feat. TARO SOUL」


たまらん良い。サイプレス上野のラップも良いんだけど、何と言ってもトラックが凄く好み。TARO SOULのラップもたまらない。この後者2つの要素が凄くマッチしている。因みにプロデュースはBUZZER BEATS。ただ、トラックが好きでアルバムを買うのは危険だなあ。この「ドリーム」、多くのプロデューサーを招いていて、BUZZER BEATSはこの一曲のみ。他にはKAZZ-KやEVISBEATSなどなど。

廃盤になってしまう前には購入しなくてはならない。

あと、この曲をやすきよのプロポーズ大作戦と合わせた編集者のセンスには脱帽。

明日になれば逢えるどうせ でも夢の中でもまた逢おうぜ
世界で一人お前だけ 溢れる思い示すだけ


騒々しい

2009.04.27 | Posted in 音楽

今日、仕事中にAmebreakを見ていると、ラッパ我リヤのインタビューが掲載されているのを発見した。へー、アルバム出たんだ。ラッパ我リヤの「SUPER HARD」こそ、人生で初めて買った日本語ラップ作品。

ラッパ我リヤ SUPER HARD 1998年発売 ラッパ我リヤ / SUPER HARD

確か「ラッパ我リヤ伝説」も買った記憶があるのだが、手元にCDが無い。ラッパ我リヤの名前を耳にすると、必ず「ラッパ我リヤ伝説」の行方が気になってしまう。一体どこにいったんだよ。でも探すのは面倒なのでまあいいや。

ラッパ我リヤ / ラッパ我リヤ伝説 2000年発売 ラッパ我リヤ / ラッパ我リヤ伝説

実は、ラッパ我リヤのこの曲が凄く好き。というのは一つも無いんだけど、何かちょっと聴いてみたくなる。話は戻ってAmebreak。同インタビュー内に「ヤバスギルスキルNo.9 feat. satoshi(山嵐), Yooco」のPVが掲載されていて、聴きたくなって家に帰ってきてから聴いてみた。こんな騒々しいトラックに乗る2MCに驚いた。トラックはどうやら外部のプロデューサーらしい。ふーん。何かトラックが騒々しすぎて、言葉が全く頭に入ってこない。山嵐のsatoshi含めて。フックで歌うYooco。力強い声だけど、騒々しさに拍車を掛けていてうるさい。ということで、全く良い感想を抱かなかった。それでも、新しいアルバムは聴いてみたい。購入すべきか否か。

ラッパ我リヤ「ヤバスギルスキルNo.9 feat. satoshi(山嵐), Yooco」


タワレコで試聴してから決めよう。

派手なトラック + シマウマ = 驚嘆

2009.04.26 | Posted in 音楽

最近Amebreakを見ていると、良く目にしたDJ。DJ KOMORIの時もそうだったんだけど、所謂セレクターDJかと思っていた。今までMIXTAPEやMIX CDでしか目にした事が無かったから。でもトラックも作るのか。へー。(DJ KOMORIがKEN THE 390と共演するのは嬉しかったが、DJ KOMORIがR&B王子と言われていたのには失笑したっけ。)

という事で、聴きたくて手に取ってみた。

DJ MAYUMI PARTY UP 2009年発売 DJ MAYUMI「PARTY UP feat. ZEEBRA, HOKT, MAY'S」

別段、革命的なトラックでも無い。音がシャカシャカしていて、低音がスッカスカ。ただ、このようなパーティチューンは嫌いではない。iPodに入れて車で聴いていると、シャカシャカ音にノイズが混じって聴いていられない。どうにかしてくれ。(自分の環境だと、どうも歌詞の「さ行」にノイズが乗る。それと同じ状況。)

派手なトラックに乗るZEEBRAは本当に格好良いラップを見せる。HOKTは初めて聴いたかもしれない。多分、NORTH COAST BAD BOYZの曲も聴いた事が無いかな?最初は要らないと思ったけれど、まとわりつくような声質がだんだん気持ち良くなってきた。MAY'Sはフックで良い歌声。PVだと2割増くらいで可愛い。

DJ MAYUMI「PARTY UP feat. ZEEBRA, HOKT, MAY'S」


Foxxi misQの「Luxury Ride」にZEEBRAが客演したときとほぼ同じ感想を抱いた。ZEEBRAは派手なトラックだと凄くマッチする。

Foxxi misQ「Luxury Ride feat. ZEEBRA」


あと、M-2に収録のDancehall Remix。要らん。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。