スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「PERFECT BLUE」の感想

2009.12.28 | Posted in 映像

PERFECT BLUE

アイドルグループのチャムに所属する霧越未麻(きりごえ みま)は突如グループ脱退を宣言し、女優への転身を計る。

かつてのアイドルからの脱却を目指すと自分を納得させ(つつも事務所の方針に流されるままに)、ドラマ出演でレイプシーンを演じる。さらにはヘアヌードのオファーが来るなど、アイドル時代からは考えられなかったような仕事をこなしてゆく未麻。

しかし、人気とは裏腹に未麻は現状への不満を募らせ、アイドル時代の自分の幻影さえ見るようになる。レイプシーンやヘアヌードは本当の自分の姿なのか。自分が望んだことなのか。そんな疑問を抱く中、何とかインターネットに接続して見たホームページに自分の行動が本人の記憶以上に詳しく描写されていることに気づく。未麻はストーカーに監視されていたのだった。また、未麻の周辺で関係者が次々と殺される事件が発生する。



「インターネット上の未麻」、「アイドルの頃の自分/女優としての自分」、「劇中劇の配役」の三種の要素がめまぐるしく入れ替わり、作品の後半にはこの中のどれが現実なのかがわからなくなってしまう程の混沌とした演出は、見ているこちら側に恐怖を与えてくれる。そんな中、結末を予想して見ていたのだけれど、その予想を見事に覆してくれた。それがその恐怖に拍車を掛ける。関係者が次々と殺されていく描写はなかなかのもので、特にエレベーターの中で大音量のラジカセが流れてくるところは本当に寒気がした。

但し、この結末の完成度は今ひとつで、最後まで見ても一つの明確な筋道をどうしてもたてることができなくて、結末をこのようにしてしまったが故に、全体としての綻びが出てしまっているようにも思う。逆に見れば、この綻びがこの混沌とした状態を助長していると言えばそうだけれど。

本作品の最後に、監督のインタビューが収録されていて、その中で「ダブルミーニング的な事をやりたかった」と言っている。それが

 ・「インターネット上の未麻」と「アイドルの頃の自分」
 ・「女優としての自分」と「劇中劇の配役」

の二カ所に埋め込まれている。後者については見事な演出なのだけれど、前者については2009年に見るとややチープに感じる。本作品は1998年に公開されたもの。1998年当時、インターネットというものが調べれば何でも出てくるパンドラの箱のような魅力と、踏み入ってはならない領域のような恐怖が入り交じっていて、その状況だからこそ上記二種の要素が交錯する様が効果的だったのだろうけれど、インターネットが普及している現況ではややお寒いところもある。本人になりすましてブログやTwitterが行われていたというニュースもあり、最近では鳩山由紀夫の偽Twitterが話題になったところだ。

但し、そういった事を差し引いても混沌に導いてくれる演出は見事だった。この混沌具合は、見終わった後にも晴れる事は無くて、遠足は家に帰るまでが遠足という事ではないけれど、本映画も見終わった後にも引きずっている状況を鑑みれば、一体どこまでが映画としての終着点なのだろうかと、またここでももやもやする。

スポンサーサイト

「ULTIMATE MC BATTLE TOKYO ROUND 2008」の感想

2009.07.05 | Posted in 映像

UMB2008

毎年発売を心待ちにしている、ULTIMATE MC BATTLEのDVD。

前年までと違う点は、決勝トーナメントではなくて、TOKYO予選がDVDとして発売されている点。これは間違いなく、TOKYO予選がULTIMATE MC BATTLE 2008のハイライトだからだろう。

TOKYO予選というものは、これほどまでに豪華な面子なんだ。と言う点と、やはり「予選トーナメント」らしく、見ていて恥ずかしくなってくるラップもあった。

MSCのPRIMALなど、B-BOY PARKのMC BATTLE決勝トーナメントに出場していたMCや、ダメレコ勢やDEJIなど、フリースタイル功者として知られる面々も出ていて、単純に心が躍ったけれど、近年の目覚ましいフリースタイルスキルの向上を前にすると、少しばかり肩透かしを食らった。あれ、もっと上手くなかったかな、、、と。

あとは、一部をかいつまんで。

【鎮座DOPENESS vs OSCAR】
このバトルは凄く面白かった。変則的なフローを持つ2MCによるバトル。バトル終了後、太華が「ああいうのは延長させたい」と言っていたが、もっともっと見たかったバトル。

【鎮座DOPENESS vs MESS】
バトル前のシャウト。鎮座DOPENESSの「音楽!」に対し、MESSの「道楽!」という返しには凄いと思ってしまった。このMESSというMCは、そのスタイルからも道楽という言葉がはまっていて、凄く良い言葉選びだと思った。(MESSがラップを始めた理由は「やらされた」というところから。)

【GUINNESS】
少し前にSEEDAとのBEEFがあったから触れるわけでは無くて、いつだったかは失念してしまったけれど、UMB予選の模様がDVDに収録されていて、その時のGUINNESSのラップはもの凄く格好良かった。(環ROYとのバトルの模様)しかし、、、ラップスタイルが全く変わっていて、凄くがっかり。今のスタイルは好きでは無い。

【RUMI】
RUMIの作品を聴いた事があるけれど、特に何も思わなかった。ただ、この人のバトルを見て、その他のMCとひと味もふた味も違う視点のラップは、他を圧倒していたように思う。

【般若】
結果的に、優勝したのは般若。ただ「引退かけている」という姿勢をバトル中にも言葉で発していたのは反則だと思う。悪い言い方をすれば「引退をちらつかせている」と感じるから。ただ、ラップの熱量は目に見えてあったように思う。

【司会陣(MASTER、太華、SharLee)】
これは、毎回思うことなんだけれど、この司会陣のちょっとした言葉が本当にイライラする。特筆すべき点は、今回は2カ所。1つめは、「BES vs GUINNESS」の終了後に、MASTERが「BES、本当に具合悪そうだった。」というような事を言っているが、これは、その他の全参加者に対して失礼極まりない。あと、「はなび vs インダラ」のバトル前、舞台に出るのに時間がかかった際、「ダメレコのわりにひっぱりよる」、「そうですね」と。これどう考えてもおかしい。

UMB2008 2009.06.03 ULTIMATE MC BATTLE TOKYO ROUND 2008 LIQUIDROOM

「サムライチャンプルー」の感想

2009.06.16 | Posted in 映像

サムライチャンプルー

ここ2、3日の間は、アニメ密度が相当高かった。

監督がヒップホップカルチャー好きという事で、ラップ、ヒューマンビートボックス、グラフィティなどなど、所々にヒップホップの要素が散りばめられていた。まあこれは事前情報の通りではあるけれど、見ているとだんだんと鼻についてくる。

物語としては伏線の無い寄り道が多く(特に野球)、後半はイライラさせられたけれど、全体としては楽しめた。最後の場面。MIDICRONICA「san francisco」が流れた時はニヤリとしてしまった。この場面だけは、「san francisco」を聴くために、前からYouTubeで見ていた。こうしてここにつながるのか。

主人公が刀で切られても死なないのはアニメ仕様。都合良くできている体だこと。このように、どうしても重箱の隅をつつきたくなってしまうのが性。部分部分で気になったところを以下に。

AFRAがヒューマンビートボックスと声優で参加していた。ヒューマンビートボックスは流石の一言ではあるけれど、ヒューマンビートボックスが脈絡無く出てくる点はもはやギャグにしかなっていない。また、声優の不出来さが際立っていた。

トリカブトの面々がラップで参加していた。これはどのように感じられたのだろう。こちらも脈絡無く登場したため、決して「格好良い」という印象を根付かす事はできないだろうな。

作品前半(テレビ放送されていた部分)の方が、スクラッチ音を頻繁に入れていたりと、やや飛ばしていた気がする。後半は、ヒップホップの印象が薄い。

こう書いてしまうと、楽しめていないように感じられるけれど、決してそんな事は無い。ヒューマンビートボックスやラップが登場した時だって、心が小躍りした事は事実だし、短期間の間に全てを見る事ができた程、作品にのめり込まさせていただいた。やはり、アニメ(しかも時代劇というヒップホップと結びつける事が難しい題材の作品)という別次元の中で、自分の好きなリズムを持った音楽が流れてくるだけで、作品に対する感想は2割増程、好印象に。DVD-BOXが発売されるのであれば、手を伸ばしたい程。

今更ながら

2009.06.14 | Posted in 映像

サムライチャンプルー

借りてきた。

サムライチャンプルーって、Nujabesが全楽曲を手掛けていると思っていたのだけれど、そういうわけでも無いという事を知った。FORCE OF NATUREもトラックを提供しているんだな。

サムライチャンプルーというと、MIDICRONICA「san francisco」ばかりが記憶にあった。パチンコのサムライチャンプルーにて、大当たり中に流れてくる曲に「やけにSUIKENとS-WORDに声が似ているなあ」と感じていた。周囲がうるさすぎてかすかにしか聴こえなかったため、家で調べてみると、FORCE OF NATUREプロデュースでSUIKENとS-WORDがラップにて参加していた。俄然本作に興味が出てきたために借りてきたという流れ。と言いつつも、パチンコが面白すぎたという点が大きい。カセットテープの巻き戻し演出は垂涎ものだ。

MIDICRONICA「san francisco」


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。