スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIC BANK「アイノギフト」の感想

2009.09.12 | Posted in 音楽

同時に購入した作品(haiiro de rossiKIN DA SHER ROCKRoundsville)、計4作品中で最も箸の進みが遅かった作品。本作は弘光が脱退した後の作品。

MIC BANK「アイノギフト」 2009.06.24 MIC BANK「アイノギフト」

過去、MIC BANKの音源を聴く度に感じていた事は、ラップが非常に胃もたれをおこし易いということ。それは、弘光とS.H.I.T(MCとしてはUNDERDOGという名なのかな?)の声質が、喉に絡み付いてくるという事に起因していたわけだけれど、今作からはCLOCKとUNDERDOGの2MC体制になったため胃もたれ感はやや薄くなった。とは言ってみたもののUNDERDOGの声質は前にも増して絡み付いてくる。こってり。

上記の理由もあってか、比較的すんなり耳に入ってくるCLOCKのラップは好み。しかしながら、やはりMIC BANKの要は弘光という気はしていたので、作品全体を通すとなんだか少し物足りなさが残ってしまったという点も事実。弘光のラップは好きでは無いけれど、CUT-Bプロジェクトへの参加等、MIC BANKの中では活躍している印象は受けていたため、やはり要は弘光という思いが自分の中で根付いている。

さて今作。トータルプロデュースがVolta Mastersという事で比較的聴き易いトラックが続く。中でもDJ SHIBUCHINプロデュースのM-8「ハートブレイカー feat. NaNa」のトラックは、NaNaによる歌声と相まって非常に良い仕上がり。M-4「情熱の楽園」もタイトルにぴったりな音使いで小気味良い。メロディ主体のトラックだけでなく、M-10「CHANGE feat. M.A.R.U. / SHINJI」に見られる低音を主体とした割とシンプルなトラックも存在し、全体を見渡せばなかなか幅広いアルバムになっている。但し、邪魔な曲が2曲。メルセデスゾーン「結婚行進曲」をサンプリングしたM-6「愛友歌」と、スティービーワンダー「Happy Birthday To Ya」をサンプリングしたM-13「Happy Birthdy」。この2曲は、アルバムの流れを断ち切っていて邪魔でしかない。箸が進まない理由はほぼこの2曲による影響だ。確かに、アルバムタイトルである「アイノギフト」の通りの2曲ではあるけれど、CLOCKとUNDERDOGのラップとは合っていない。

今作で最も嬉しかったのは、M-7「Dear... 第二章 初恋 feat. 黒石芽生 / 於菟也」だ。これは、MIC BANKの過去作品で最も聴いていた「Dear... feat. Dee Chika」の続編なのだけれど、「Dear...」の韻を引用した歌詞があって面白い。今回客演している黒石芽生だけれど、歌声がDee Chikaとそっくりで驚いた。(同一人物ではないと思うが。。。)

今回、感想を記すために改めて聴いてみて初めて、上記で記した「幅広い」という事に気が付いた。本作品の聴き込みが浅いが故ではあるけれど、個人的にはまだ伸びしろがありそうなので、もう少し聴いてみたいとは思う。最後に。歌詞については、ありがちで、直接的な表現が多く、あまり魅力を感じなかった。まあその辺りも、改めて聴くときに重きを置いてみたいと思う。

メモ
 以下の2曲は元ネタが同じ。
 M-4「情熱の楽園」 / 生中 & YUI「校舎 feat. 武藤正幸(サチアレト)」


スポンサーサイト

RICE a.k.a. AB-NICE「今日の扉」の感想

2009.05.14 | Posted in 音楽

前作から約5年か。自ら立ち上げたレーベルの代表として裏方に専念していた時期もあったらしい。それでか。前作「POWER OF HEAT」リリース後、RICEの音源は聴いたことが無かった。実際はこの5年の間にコンピレーションアルバムへの参加はあったらしいが。

RICE a.k.a. AB-NICE / 今日の扉 2009年発売 RICE a.k.a. AB-NICE「今日の扉」

まず何より声質が好み。あとフローも適度に緩急があって凄く好きな部類。それは「POWER OF HEAT」の頃から全く変わっていない。で、歌詞なのだけれど。。。今回初めて歌詞カードを見ながらRICEのラップを聴いたのだけれど、ライミングに幅が無く、ちょっと聴いていて恥ずかしい。基本的には言葉のケツで踏む形。王道と言えばそうなのかもしれないけれど、決して目新しいわけではない言葉で、強調するかのようなフローに乗せて韻を踏まれても少し照れる。

M-6「SOUL SOLDIER」より

今日はなんだかいらつき 当たるすべなく目がギラツキ
切り裂け鋭い三日月 いっそオレに落ちろイカズチ



一方トラックに関して言うと、全体的に派手なトラックが多い。その中に、M-3「LOST VOICE」のような静かなトラックも存在するが、いずれも低音がしっかり出ていて、どれもクオリティが高いという印象。その中でも郡を抜いて格好良かったのは、DJ CELORYプロデュースのM-12「LIFE TRAVELER」で、どこか「Street Dreams」を思い浮かべてしまう。これは即お気に入りプレイリスト行き。またM-3「LOST VOICE」も同じく。そういう意味では、今作品に収録された多くの曲が即お気に入りプレイリストへ追加させてもらった。それほどトラックは好みのものが多かった。

M-15「君のため」。これについてはこの記事でも少し触れたが、はっきり言って聴いていられない。

最後に、TOWER RECORDSの特典でもある「君のため Volta Masters Remix」。同上。更に言うと、トラックとラップがちぐはぐでオリジナルより酷かった。

偶然の出会い

2009.05.10 | Posted in 音楽

TOWER RECORDSへ。そして以下を購入。

Michita / THREE 2009年発売 Michita「THREE」
RICE a.k.a. AB-NICE / 今日の扉 2009年発売 RICE a.k.a. AB-NICE「今日の扉」

Michitaは、haiiroとの共作である「Soul Session」を聴いたこともあり、迷った挙げ句最新作である「THREE」を購入。客演にMEISOや将絢の名前があったから。で、聴き始めて2曲目辺りで気が付く。間違えた、haiiroがラッパーでMichitaがトラックメーカーだ。何をやっている、haiiro de rossiという名でMCとして活動しているではないか。しかもM-3に「feat. haiiro」と記載してある曲もあるのに、、、まあいいや。「Soul Session」でもMichitaのトラックは好きだったから、聴いてみたいとは思っていた。

そしてRICEも購入。TOWER RECORDSの特典で、「君のため」のVolta Masters Remixが収録されたCD-Rが付いてきた。まあラッキー。

やはりか・・・

2009.05.05 | Posted in 音楽

・・・

RICE a.k.a. AB-NICE「君のため」


Volta Mastersプロデュースだとこんなことになってしまう。大方予想はついたものの、MIC BANKの次回作がこんなことになったら、それこそ文字通り、最悪この上ない。Volta Masters、本当に曲の選択があざとい。というより、実態はどうかしらないけれどRevolution Recordings自体にあまり良いイメージが無い。知った最初の頃は、B-BOY PARKで活躍したMC達を集めたコンピを発売していたため、凄くありがたいと思っていたけれど、いつの頃からか、あまり良いイメージを持たなくなっている。ICE BAHNが自分達でレーベルを立ち上げた理由ももしかしたら・・・なんていう、ゴシップ好きの主婦みたいな話は置いておこう。

RICEと言えば「POWER OF HEAT」をよく聴いていたのだけれど、いつの間にかあまり目にしなくなっていた。で、数ヶ月前、COMPASSのインタビューで活動を再開するようなことが書いてあり、新しいアルバムを購入するか否かを迷っていた。そこにきて、「君のため」のようなPVを見てしまうと・・・うーん。他にどのようなプロデューサーが参加してるのかな。とりあえずはタワレコへ足を赴かせるか?

RICE「0地点から・・・ feat. OZON」


これも6月か

2009.05.05 | Posted in 音楽

HIBIKI「あなたとは違うんです2008」


YouTubeで上記の曲を聴いていた流れから、

HIBIKI → 8th Wonder → Revolution Recordings → MIC BANK

と、久しぶりにホームページを覗いてみると、へー、MIC BANKがVolta Masters総指揮の元、今年の6月に2ndアルバムを発売するのか。しかも客演にRICEやSOHJINの名前が。これは楽しみだ。しかしMIC BANKのラップとVolta Mastersのトラックは合うのだろうか?想像しただけでは決して合うとは思えないが。・・・って、そんなことよりも弘光がMIC BANKを脱退したのか・・・知らなかった。弘光こそMIC BANKの要と思っていただけに、CLOCKとS.H.I.Tだけでやっていけるのかが少し心配。余計なお世話か。

Revolution Recordingsのコンピである「神髄 ~B of the Essence~」を購入した当時、本当によく聴いていた。そのコンピに参加しているMIC BANKが再始動、更にHIBIKIもKNOCKOUT RECORDSを立ち上げて再始動、となるとやっぱり楽しみで仕方が無い。あと、HIBIKIには、CUT-B PROJECTのメンバとして、全メンバを揃えて、もう一度マイクリレーを披露して欲しいな。

因みに、MIC BANKの曲としては「DEAR...」が好きで、今もよく聴いている。

MIC BANK「DEAR... feat. DEE CHIKA」


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。