スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMITH-CN「yumenokakera ~PIECE OF DREAM~」の感想

2010.01.01 | Posted in 音楽

SEEDAのフルサポートを受けた、ESSENCIALのメンバSMITH-CNによる1stソロアルバム。特典CD-R「未発表音源 feat. SEEDA」付き。

SMITH-CN「yumenokakera ~PIECE OF DREAM~」 2009.12.23 SMITH-CN「yumenokakera ~PIECE OF DREAM~」

帯に記載されたI-DeAの「オリジナリティという言葉はSMITH-CNのためにある。」という文を見て、大風呂敷広げすぎだろうと試聴機に手を伸ばしてみると、なるほど、確かにオリジナルなフローだ。とは言いつつも、M-2「Nice Dream」を最初に聴いたとき、SMITH-CNとBACH LOGICの名前をシャウトするイントロ部分はSEEDAが担っているのかと思った。聴いていくうちに、SMITH-CNのラップはSEEDAよりもねっとりと喉に絡み付いてくる程のフローを持っていることがわかり、どのようなトラックでもSMITH-CNのラップが乗せられるとそれだけでグルーヴが生まれている事に気が付く。

M-2「Skit」では、北野武の映画「キッズ・リターン」の一幕が挿入され、M-3「Kids' Return」に繋がれる。本曲では、SMITH-CNがラップをするきっかけから現在までの事が描かれ、小さい頃に想像していた場所にいるのかどうかを自問自答する。これらの内容だけであればよくあるテーマの曲だと思うのだけれど、「キッズ・リターン」と掛けられているところがウィットに富んでるなあと思う。曲の終わりにも映画の最後の場面が挿入される。

シンジ「あんちゃん。俺達もう終わっちゃったのかな。」
マサル「バカヤロウ。まだ始まっちゃいねえよ。」



M-3では自問自答しているかと思えば、M-7「NARIAGARI」ではタイトルの通り、茨城のクソガキが今ではステージに立っているというまさに成り上がりが描かれ、「ろくでなしが売れっ子ラッパー」、「一文無しが高級革ジャン」と放つ。それでも「忘れねえよ母ちゃんの味は」とも。M-9「Hanakin ~FLYFRIDAY~」はタイトルに持っていかれる。

本作品、M-10までは比較的ダークなトラックが続く。SMITH-CNのねっとりラップもあってか、その印象は非常に強い。M-11以降ではその流れが変わって、トラックがやや爽やかなものに遷移。M-12「I Miss You」ではそれがピークとなり、フックで歌ってしまう気前の良さ。M-10までは本当に喉に絡み付いてきてやや疲れ気味だったため、最後のこの開放感は非常に心地が良い。そしてこの流れは、特典CD-Rの「未発表音源」まで続く。因みに本作で最も好きな曲がこの未発表音源だ。この曲こそが、本作品の核なのではなかろうかという歌詞。

全国で拾う夢の欠片 見た事ない世界でFLY
走り出した列車は止まんねえ 夢を乗せて走ってるTRAIN
平日はREC 週末はLIVE でたまの休みは彼女とデート
今より幸せって考えてる余裕があるならかませよ1バース



そして、仲間の現況もラップし、自分以外の夢の欠片も本曲に乗せる。トラック自体も優しさに包まれている。アルバムの最後として聴けば、M-11以降の開放感に更なる開放感を与えてくれる。

本作品を聴き始めたとき、NORIKIYO「OUTLET BLUES」を聴いた時のように心が躍った。なんだか良さそうな雰囲気がプンプン匂うような、そんな。聴き終えてみればなかなかの良作だ。但し、やっぱりSMITH-CNのラップはねっとりとしていて、歌詞に注目して聴けば非常に疲れる。従って、今後はさらりと聴く事になりそうだ。



スポンサーサイト

SEEDA feat. ILL-BOSSTINO, EMI MARIA「WISDOM」の感想

2009.12.30 | Posted in 音楽

SEEDAの復帰作第一弾。本作品のプロモーションとして拡張現実アプリケーション「Layar」が使用された。本曲に参加している三者の出身地である、東京、札幌、神戸のとあるスポットにてアプリケーションを起動するとストリーミングファイルが出現し、「WISDOM」を先行して視聴できるという仕組み。

SEEDA feat. ILL-BOSSTINO, EMI MARIA「WISDOM」 2009.12.23 SEEDA feat. ILL-BOSSTINO, EMI MARIA「WISDOM」

「Layar」によるプロモーション活動がどれほど先進的なのかは判断のつかないところだけれど、ニュースとして取り上げられるという事はある程度の先進性はあるのだろうと思う。それが日本語ラップという決して大規模とは言えないマーケットから発信されたという事が驚きだった。記憶が曖昧だけれど、firestorageにて未発表曲をフリーダウンロードとして公開したのも、自身が知った中ではSEEDAが最初だった。「God Bless You Kid」だったかな。また来年には、SEEDAのベスト盤や、SMITH-CNのアルバムをマイクロSDで発売するとの発表もあった。こういった事から、SEEDAに対しては、ラッパーとしての魅力以外の部分で凄く面白いアプローチをする人だという印象が強い。

本曲は、OHLDのトラック上で、「街風」に収録された「MIC STORY」で共演したILL-BOSSTINOと、シンガーのEMI MARIAを迎えた曲。このOHLDの作り出したトラックでのハープのような音が曲に繊細さを与えていて、非常にドラマチックな展開を繰り広げてくれている。トラックで生み出されたドラマに、SEEDAとILL-BOSSTINOそれぞれのドラマが重ねられ、EMI MARIAの歌声がそれらを昇華させる。と言えばやや大袈裟か。それでも、非常に格好良い曲という点には違いない。

SEEDA

ごめんと言える勇気でFLY
ありがとうはカルマを切る言葉


ILL-BOSSTINO

俺はフィクションも所属プロダクション
スタイリスト 初期衝動 暴力 ボーダフォンも
何一つ持っちゃいないが いまだBOSSと呼ばれてる男



という歌詞が印象的。ILL-BOSSTINOの歌詞自体は既発曲でも何度か聴いた事がありそうなフレーズではあるけれど、その格好良さは再認識させられ、またSEEDAの歌詞が凄く詩的で格好良い。SEEDAに対しては、ある種「時代の寵児」のような印象を抱いている。SCARSやSD JUNKSTAという、事実はどうあれ一見悪そうな印象のあるグループと近しいMCという事から、SEEDAも凄く悪いのではないかという印象を持っていたのだけれど、今年に入ってからのTERIYAKI BOYZ、GUINNESSらとのBEEFや、引退から復帰までの流れを見る限り、SEEDA自身はただ単純にラップが本当に好きであるという事がまざまざと思い知らされた(やや膨らましているけれど)。こういった背景が「ありがとうはカルマを切る言葉」という歌詞に強い味付けをしている。

1曲入りで315円。買って正解。

「くレーベルコンピ【其の五】」の感想

2009.06.21 | Posted in 音楽

出た。楽しみで仕方が無かった作品。

くレーベル 其の五 2009年発売 くレーベルコンピ【其の五】

基本的にKREVAのラップ、オートチューンを使った歌なんかはかなりの好物。だからこそ今作も、確かに客演陣への期待も大きかったのだけれど、KREVA自身のラップが最も楽しみだった。

だが、それは良い意味で裏切られた。KREVAが最も輝いていたのは、M-3「good boy, bad boy feat. SEEDA, KREVA」でのオートチューン使いのフック部分。歌詞カードに2分で書き上げたと書いてあったが、そうは思えない歌詞とそのメロディ。

いまさら もう遅いから
あきらめの境地 どこからどうみてみても全く届かない
good boy, good girl

仕方ない 似合わないから
あきらめの境地 結局 ハタからみればやっぱり俺たちは
bad boy, bad girl





その他の曲では前に出過ぎずに、良いバランスでその他のMCを引き立てているように感じる。M-1「都会陸上 feat. KREVA, Romancrew」。ドラムンベースにシンセを加えたトラック。トラックは好みから外れるものの、Romancrewの面々との掛け合いは聴いていて楽しい。特筆すべきは、将絢がオートチューンを使って歌っている事と、早口のラップを披露している事。

M-2「NEXT LEVEL feat. THE FLEX UNITE, KREVA, SONOMI」。THE FLEX UNITEの2MCは、どことなく似ているフロー。だが、声がハスキーで非常に好み。勝はライミングが上手い。SATUSSY「THE NOVEL」で聴いて以降、非常に気になっていたMCだけに、今回もそれが聴けて良かった。また、SONOMIがフック要員で無い点が面白かった。

明日はどっちや?羅針盤は何処指すか?
マイナスかプラスか その二つさ
生み出すプラズマ いつもフラフラ
手放すな運命 つなぐ手綱



M-4「無くない!無くない! feat. KREVA, L-VOKAL, AMIDA」。これは何と言ってもAMIDAのバースに目が行く。テーマは「無くない話」。AMIDAは「自称ラッパー」における「無くない話」の歌詞なのだけれど、これは面白い。ただ、トラックはシンプルなビートであったため、好みではなかった。

M-5「忘れずにいたもの Remix feat. 千晴, KREVA」。これは特に言う事はない。よく拝見させてもらっているブログでは、KREVAのフローと似ていると書かれていたが、よく聴くと確かにそうだ。ただ、千晴のラップには遊びが無い。そりゃ、KREVAと比較される事自体、本人にとっては不毛ではあるかもしれないが、やはり千晴のラップは少し退屈に感じてしまう。

全てのトラックは、作品タイトルにもある通り熊井吾郎が担当。決して一つには括る事が出来ないような、様々な色のトラックを作る人のようで、非常に面白かった。(AmebreakのKREVAとのセッションを見たが、熊井吾郎という名からは想像できないような細身で驚いた。こちら。)



2009.06.24 追記

Amebreakに、KREVAと熊井吾郎のインタビューが掲載されていた。アーティストのインタビュー記事を見ること自体好きなだけに、十二分に楽しむことができたのだけれど、何よりも驚いたのは、KREVAが共演したい人として、あるまとpunpeeを挙げていた点。くレーベル作品は、これからも尚楽しみ。

話題の2人

2009.06.13 | Posted in 音楽

GUINNESSのSEEDAに対するDISが話題。こんなもの(ここでの「こんなもの」という言い回しは蔑んだ意味では無く)に勝敗をつける必要性なんて微塵も感じないし、HipHopが云々という話もどうだって良い。ただ単純に、ゴシップ好きの主婦的な視点として、見ていて楽しい。「おー、やれーやれー」と。

GUINNESSのSEEDAに対するDIS。


SEEDAからのアンサー。


ただ一つだけ言いたいことと言えば、両者共に歌詞の脱字が多すぎる。(SEEDAの動画には歌詞がついていないが、SEEDAのブログから歌詞がダウンロードできる。)何故、アップロードする前に確認しないのか。



2009.06.16 追記

「おー、やれーやれー」と野次馬根性で見ていたけれど、続くGUINNESSのDIS第2弾、および、SEEDAの再アンサーを聴いて、両者のスタンスがまるで違うことが浮き彫りになったように思う。SEEDAは、あくまでラップを目的としており、対するGUINNESSは、目的は相手をねじ伏せることで、たまたま手段がラップであっただけ。という解釈。ラップに主軸を置いているSEEDAには、やはりユーモアがあるし、単純に比喩表現に長けている。本記事の最初で「勝敗なんてつける必要性なんて無い」と言ったが、それはあくまでも曲の上だけでのBEEFであり、実世界での被害が無いことが前提条件である。今回のGUINNESSによる、SEEDA周辺へ電話をする行為を鑑みれば、「人間として」やってはならない方向に向かっている。SEEDAの勝ちということではないけれど、GUINNESSに対しては「そんなことするならやめろ」という思いが強い。

SEEDAによる、

一歩出るたびに音を忘れ もう一歩出るたび楽しさ捨て


誰かをプッと笑かしてえだけ



というラインにはグッときた。

ゲータレードのCMにて一考

2009.05.28 | Posted in 音楽

ICE BAHNのブログを見ると、DJ BOLZOIがゲータレードのCMについて触れていた。そう言えば、よく訪問させていただくブログでもゲータレードという単語が出ていたな。なるほど、BOSSのラップが起用されているのか。

※上下反転ではあるけれど。


1ステージ チャンスは1度きり
次のステージ そしてその次また次 さらに次 次 次

どこまでいっても泣いても笑ってもチャンスは1度きり
その1度きりがずっと続くんだ

やめるまで
あきらめるまで
負けるまで

勝ち続けたなら命の果てまで それを承知でたった一人
越えるべき山に挑んでる 崖っぷちの隣人へ我が荒ぶる言葉よ響け

勝ちたいと願う全ての人々へ
そりゃあ今日も外はみぞれ混じりの悪天候だけれども
だからってやまない雨を 向かい風を ちょうどいい言い訳と
変わらぬ明日を待てど暮らせど突破口は絶対に開かねえよ

たった独り切に勝ちたいと願っている人へ
真正面 moments 時間が減ってってることを認め
荒れ果てた原野を急げ 1度きりのチャンスをつなぎとめ
君を待つ独りがけの椅子をつかみ取れ



実はTHA BLUE HERBの楽曲は殆ど聴いた事が無い。「未来は俺らの手の中」くらいか。また、SEEDA「街風」に収録された「MIC STORY feat. ILL BOSSTINO」のPVが格好良かった。そのPVでもイントロではなかなか臭い事を言っていて賛否両論だった。その程度の印象でしかない。THA BLUE HERBも聴いていないのに、よくもまあ日本語ラップが好きと言えたもんだ。とも思うけれど、聴いた事が無いのだから仕方が無い。

SEEDA「MIC STORY feat. ILL BOSSTINO」


「俺を誰だと思ってる。お前が高校生の頃からこの稼業なんだ」

何言ってんだお前 そんなこと言ってっからお前は芽が出ねえんだ
マイク稼業は やる事やってる奴が正義なんだ
昔凄かったとか キャリアとか関係ねえの
なあSEEDA ストーリーを続けようぜ



今回のCM、普段日本語ラップを聴かない人にはどのように映ったのだろうか。普段聴かない人の感想を聞くと、自分の感想とは乖離しており、驚く事が往々にしてある。従って、どのような印象を与えたのかが気になって仕方が無い。日本語ラップが広く浸透し、テレビでも目にする機会が増えればもっと楽しいのに。KEN THE 390がミュージックステーションに出たみたいに。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。