スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OJIBAH「THE FIRST CAUSE」の感想

2010.08.29 | Posted in 音楽

ZAKAIでアルバム未収録のCD-Rが特典として付いて売っていたのを何度も目にしつつも、買うことを先延ばしにした結果、在庫無しとなってしまったが故、仕方が無くAmazonで購入。なんつーこった。

OJIBAH「THE FIRST CAUSE」 2010.05.19 OJIBAH「THE FIRST CAUSE」

SD JUNKSTAという個性的なMCの集団の中では、比較的オーソドックスなフローのOJIBAHという印象から一転、トラックのリズムから外れようが強い剛性を持っているとも言えるフローによって強引に引き戻す力を持つOJIBAHのラップは、聴いていてハラハラさせられなく、安定感があって凄く良い。

ただ、OJIBAHのラップが印象強すぎて、どうしても個々の曲に対する印象が抜けきらない。確かに、OHLDによるM-3「Distance」なんて戦慄的で格好良いし、BACH LOGICによるM-10「South Xide Chronicle」も攻撃的なメロディは好み。トラックに引っ張られて印象は多少左右するものの、最終的にはOJIBAHの強いラップに覆われて運ばれる。好みから外れるトラックでも、OJIBAHの強いラップに覆われ中身が隠されて運ばれる。同時期に聴いたhaiiro de rossi「SAME SAME BUT DIFFERENT」と異なるのは、haiiro de rossiのラップはトラックに乗っているのだけれど、前記した通りOJIBAHのラップはトラックを覆っていると感じた。それでも、好きで何度も聴いてるけれどね。

そんな中、最後のM-11「GOING」ではやや実験的なラップを見せる。トラックにもピアノが入り交じって、最後にフッと作品を昇華させようとしているのか。実験的と言ったのは、どうにもこのフローはOJIBAHが苦しそうな印象を持ったし、トラックもなんだか少し浮いてしまっていた気がした。ただ、作品全体の緩急という意味では、こういった曲がもっとあれば、個々の印象が抜ける気はした。贅沢なもので、一定水準以上なものでも安定した供給があると、不満が生まれてしまう。勝手だよね。

スポンサーサイト

SD JUNKSTA「GO ACROSS THA GAMI RIVER」の感想

2009.08.09 | Posted in 音楽

取り敢えずさくっと聴いた感想を。

SD JUNKSTA / GO ACROSS THA GAMI RIVER 2009.08.05 SD JUNKSTA「GO ACROSS THA GAMI RIVER」

期待外れ。NORIKIYOのラップに魅せられ、BRON-Kの歌心に酔いしれ、OJIBAHの切れのあるラップにも、TKCの独特なフローにも耳を奪われた。その面々が揃っているクルーなのだから、それはそれはハードルが上がっていたという点はあるけれど、期待を下回った点は事実。作品を通して一番印象に残ったのはWAXのラップ。あのねちっこさのあるフローが凄く耳についた。

YouTubeで見たSAG DOWN PARTYの映像で「普段のくだらない話を真空パックにした」という事を言っていたが、その言葉が本当によく当てはまっているのだろうと容易に想像ができる。特にM-5「イッちゃってイイ? part.1」からM-8「イッちゃってイイ? part.2」にかけて。skitを挟んで通常の会話からラップに入り、各MCのラップが紡がれていく。通常、skitから曲に入る流れは良く見かけるものの、4曲に渡って一つの流れを表すこの曲群には、大胆なやり方だなあと感じた。と同時に、今作品中にskitが多いという印象を助長させている点もある。というよりも実際に多いわけだけれど。

大所帯クルーだけあってマイクリレーが堪能できる点はやっぱり面白い。皆でワイワイ楽しい雰囲気が出ているところは大所帯ならでは。ソロ作品でのこの期待外れ感だったら救いようが無いけれど、マイクリレーにて色々なラップが聴けるのであれば、期待外れだったとしてもこれはこれでなかなか長く聴けるかも。また、ソロ作品で格好良かったからと言ってクルーとしての作品に同じものを期待する方がナンセンスか。

個人個人で言えば、NORIKIYOは相変わらず格好良い。ただしこれだけMCがいると出番が少なくて寂しい。BRON-Kはフックばかりという印象。やっぱり良いなと思ったのはOJIBAH。音への乗り方が巧みで、フローも独特な緩急の付け方で非常に良い。10月にソロアルバムが発売されるという事で凄く楽しみなMC。ただ、歌詞に「bitch」が多い。出てくる度に「bitch」好きだなーと思いながら聴いていた。DJ ISSOもラップしていた。おまけ程度。必要無い。

で、ZAKAIで付いていた「人間交差点~ORIGINAL VER~」。アルバムに収録されている曲、予約特典の曲、全ての中で最も格好良い。はっきり言って、ZAKAIで予約購入しなきゃ損なくらい。Amebreakにてそれを聴く事が可能。(予約特典の場合は、トラックの女性の声が無い。)

http://amebreak.ameba.jp/media/2009/08/000967.html

これはテーマの切り口一つだと思うのだけれど、例えばキリコの「ありがとう。名無しの2チャンネラー諸君。」なんかはネタ感満載で面白かったりするけれど、SD JUNKSTAのようなラッパーが2chって言うだけで少し引く自分がいる。それはネタとして言っているとしても。今回で言えばDEFLOが言ってるんだけど、なんかこう、所謂ファビョっているようにしか見えなくて滑稽。そんな事歌詞にするくらいなら黙っていてくれと切に願う。

メモ
 M-4「SA.GA.MI. ORIGINAL ~RE: SA.GA.MI~」 / 元ネタ:Nas「Warrior Song」(多分)




2009.08.12 追記

OJIBAHの歌詞にbitchが入ってる曲は2曲だけだった。好んで頻繁に聴いていた、M-5「イッちゃってイイ? part.1」とM-21「レイノヤツ ~SAG DOWN PARTY~」に入っていたために、その印象が根付いてしまっていた。

各MCの参加曲数を数えてみたところ、

 NORIKIYO / 12曲
 BRON-K / 11曲
 TKC / 10曲
 KYN / 9曲
 WAX / 15曲
 OJIBAH / 13曲
 SITE / 2曲
 DEFLO / 3曲

という結果から、WAXのラップが印象に残った点も頷ける。

2009.08.06 | Posted in 音楽

ZAKAIにてSD JUNKSTA「GO ACROSS THA GAMI RIVER」を購入。

SD JUNKSTA / GO ACROSS THA GAMI RIVER 2009.08.05 SD JUNKSTA「GO ACROSS THA GAMI RIVER」

予約特典として「人間交差点~ORIGINAL VER~」が収録されたCDが貰えるからだ。ZAKAIのHPには、

この特典に入っている「人間交差点~ORIGINAL VER~」はZAKAIでSD JUNKSTAの1stアルバムを予約した方にしか配られません、ですので万が一この曲を他人に譲渡したり複製したり、インターネット(YOU TUBE、LIME WIRE等)にUPされたり流出しますと今後一切ZAKAIでは予約特典に未収録音源をつける事が出来なくなります。



との注意書きが。ただ、次の日に「人間交差点~ORIGINAL VER~」がAmebreakにて公開されているわけだが、これはなんぞ。

TKC「百姓一揆」の感想

2009.08.02 | Posted in 音楽

SD JUNKSTAからTKCのソロアルバム。

TKC / 百姓一揆 2007.08.15 TKC「百姓一揆」

NORIKIYO「EXIT」を聴いたとき、SD JUNKSTAの他メンバには全く魅力を感じなかったものの、続く「OUTLET BLUES」でBRON-Kの魅力に引き込まれ、「レイノヤツ」を聴いたときに、SD JUNKSTAの各メンバがキャラ立ちしており凄い集団だという事を痛感させられた。ただ好き嫌いでいうと「嫌い」なラップが多かったし、TKCのフローも決して好きなラップではなかった。にも関わらず今作を手に取った理由は、DJ ISSOによるOJIBAH音源のMIX CD「海賊盤」に収録された「TKC / HISTORY ONES feat. OJIBAH」のトラックが凄く好みであったため。

まずは今作のジャケット。これが今作を敬遠していた一要因でもあるのだけれど、ファミコンのいっきをサンプリングしたジャケット。いっきをリアルタイムにプレイしていた人間ではあるので面白いとは思ったのだけれど、田舎臭い作風なんだろうなという勝手な印象を持ってしまい敬遠していた。で、聴き始めた「INTRO」。いっきのボーナスステージの音楽に乗せてラップしており、「これ、むじいよ。」と嘆くTKCに、自分でも解り易い好みしてるなあと自身にほとほと呆れるものの、ここで一気に心を掴まれた。

作品を聴く前に持った「田舎臭い」という印象は、近いわけではないけれど、決して遠くもないと思っている。SD JUNKSTAというハードコア寄りなラッパーが多い中で、TKCのラップは良い意味で洗練されていない。

トラックとして凄く好み、という曲が多いわけでは無いけれど、比較的結構聴く事が出来たのは、客演陣の力もそうだけれど、やはりTKCの持つフローが独特で、このフローがなかなかのグルーヴを生んでいるため。M-2「運の実力」、M-5「おれバッカい~の?」なんかは、完全にTKCのフローによってその魅力が生まれている。

M-2「運の実力」


逆にトラック面では、M-12「GD EX」に驚いた。こういうトラックがSD JUNKSTAメンバの作品で聴く事が出来るとは思わなかった。M-16「HISTORY ONES」は本作品を手に取るきっかけだったため非常に好みだし、歌詞も良い。

中高短大でいじめにあって 20歳の手前で不振だ人間
20歳になる前 SD POSSEが俺のなんもかんもを認めてくれたんだ
泣いてもいい 笑ってもいい 何してもいいってさ
なら生きていいや ここにいよう もうちっと続く俺のヒストリー



M-9「SKIT 2」では、TKCの朗読が聴けるが、実はこれが一番脳を揺さぶられた。TKCの語り口は、決して滑舌が良いものではないけれど、なんかこう脳が刺激されて凄く心地良い。

NORIKIYO「EXIT」と同時期に発売されたということもあって、影に隠れていたという印象は拭えないけれど、聴いてみるとなかなか楽しめた作品だ。

NORIKIYO「EXIT」の感想

2009.05.21 | Posted in 音楽

「2007年で一番のアルバム」というアンケートで頂点を取っている結果を目にしていた。更に、ネット上でも良い情報ばかりが目に入っていたはものの、なかなか手にすることが無かったのだけれど、Black Fileで公開されていたNORIKIYOの映像が格好良くて、直ぐに買いに行ったのを覚えている。



NORIKIYO / EXIT 2007年発売 NORIKIYO「EXIT」

NORIKIYOはSD JUNKSTAのメンバーで、7年程前にHP/JP(注1)で紹介されたことをきっかけに知ったと記憶している。ただ、その時は特に引っ掛かりは無く、名前だけが記憶に残っている状態だった。

そこで手にした今作。これは凄く良かった。特に、NORIKIYOのラップには完全に心を持っていかれた。あの語尾の上がり気味なフローが特に。トラック面で言うと、

M-3「Do My Thing」
M-7「23時各駅新宿」
M-9「In Da Hood」
M-12「2 Face feat. BES」

が郡を抜いて好み。

耳澄ましなこの街の音色 電卓じゃはじけねぇ絆、仲間
鳴らす音が呼んでる何処だ? 俺なら此処だよ此処、此処だ



「23時各駅新宿」のこの歌詞が印象的だった。

このアルバム、よく「土臭いビート」という表現のされかたを目にする(NORIKIYO自身も「土臭い」という表現をしていたインタビューがあった)。この際だから言うけれど、皆が言う「土臭い」とは一体何なんだろうか。自分自身、この表現に馴染みが無いため、言わんとしている事が理解でき兼ねている。「Do My Thing」なんかは音に奥行きが無く、閉鎖空間での音のような印象を受けたのだけれど、これのことだろうか。いや、違うだろうな。確かに、この後に発売された「OUTLET BLUES」とは毛色が違い、相対的に見た時に「今作は土臭い」とも言えなくは無い気がするけれど、絶対的に見た時にこういった表現ができるなんて、何て感性の鋭い人達だと思う。

まあそんな「土臭い」話は置いておいて、今作がきっかけとなり、以降本当にNORIKIYOのラップが楽しみで仕方がない。客演としてNORIKIYOが参加しているだけでも興奮するくらいだ。前記事でも書いた「レイノヤツ」でもそう。どんどんと新作を投下して欲しい。

最後に。この作品、NORIKIYOばかりが印象付いてしまって、SD JUNKSTAメンバの客演含め、その他のMCの影が非常に薄れている印象を受けた。あと、よく考えるとBESをBESと認識して以来、初めて音源でのラップを聴いたのだけれど、最初はNORIKIYOとの区別がつかなかった。MC BATTLEでも音源でも、やはりBESのラップはあまり好きでは無い。オリジナルなフローを持っているとは思うけれど。

(注1)ライターの磯部涼と古川耕がパーソナリティを務めていた、日本語ラップに特化したインターネットラジオ番組。



2009.05.22 追記

歌詞カードを見て気が付いた。「23時各駅新宿」ってBACH LOGICプロデュースなんだ。その他にもBACH LOGICプロデュースの曲がちらほら。全てが同プロデューサーによるトラックの「OUTLET BLUES」と比較しても、今作に収録されたBACH LOGICプロデュース曲はやっぱり毛色が違う。まあNORIKIYO自身も、「OUTLET BLUES」は土臭いビートをやめて一度最初から作り直したって言っていたから当たり前か。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。