スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAY「ギフト」の感想

2010.12.18 | Posted in 音楽

オープニングテーマだったかエンディングテーマだったか、何かの番組で表題曲の「ギフト」が流れて、なんか良いなと思って手にしたものの、今にも切れてしまいそうな細い歌声が、抑揚無く続くものだから、M-1「ギフト」、M-2「Without You」はやや退屈だった。

但し、作品全体としてどうかと問われれば、前代未聞と謳われているM-3、M-4の功績が大きくて、凄く気に入っている作品。この2曲というのが、1stアルバムからintro、interlude、outroを除いた9曲がMixされた14分の曲(M-3)と、SAYが過去に客演した11曲がMixされた16分の曲(M-4)となっており、矢継ぎ早に繋がれる曲郡と共演しているMC陣(OZROSAURUSやKayzabroなど)が、歌声の退屈さを緩和してくれて何度も聴けてしまう。これが1000円なのだからコストパフォーマンスは相当のもの。

その中で、M-4を聴いていると耳にしたことのある曲が流れてきた。「Life Is One Time -Rhyme & Blues- feat. 般若, SAY / OZROSAURUS」だ。この曲に客演しているシンガーがSAYであることに合点がいった。思い返せば、OZROSAURUSのこの曲を聴いたときに抱いたシンガーへの感想って、今回感じたことと一緒だったんだった。うーん。つまり今回の結果はある種必然だったんだなあと回帰してしまった感じが少しがっかり。

M-3を聴いてみて「スーパースター」なんかは凄く好み。今度は、SAYの細い歌声が凄く味を出していて妙に惹かれるものがある。ただ、アルバムを購入するべきか否か、二の足を踏んでいるところ。

SAY「ギフト」 2010.11.03 SAY「ギフト」



スポンサーサイト
RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。