スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将絢 × EVISBEATS「offtaride」の感想

2010.09.11 | Posted in 音楽

くレーベル発。大人のためのネオラウンジHIP HOP。

将絢 × EVISBEATS「offtaride」 2010.06.16 将絢 × EVISBEATS「offtaride」

大人。ラウンジ。将絢。この要素を並べ立てただけでも、その方向性がモザイク無しでくっきりと見える。そこにEVISBEATSがどのような土台を提供するのかが気になっていた。EVISBEATSは「AMIDA」に収録された「シャンティシャンティ」の印象が強い。トラックとしてはラウンジという要素にリンクするところがあるけれど、自分を卑下する部分が、今回のような「大人を楽しんでいます」というところにすっぽりとハマるとは思えなかったからだ。でも意外や意外、聴き入るには落ち着き、BGMとしては引っ掛かりの無いところが見事にラウンジ的だった。再生しているとEVISBEATSだと忘れてしまう程で、久しぶりにCDケースを取り出して歌詞を見ようとしたときに「あーこれEVISBEATSだったっけ」と思ってしまった。

ラップは将絢。この手のトラック、および、テーマにおいて将絢は外さない。夜の街を転々とし、気まぐれな女に怒らずに付き合う優男を演じ、別れて久しぶりに再会し「教えてよ何してた?つらいことも冗談まじりでさ」と言い、またそのうち会いましょうねと別れる。最初から最後まで抑揚無く続く5曲が、これまたラウンジ的。

大人。ラウンジ。笑。



スポンサーサイト

Organ「Orange and Blue Invitaion」の感想

2009.11.11 | Posted in 音楽

ZZ PRODUCTIONからOrganの第一作目。ネットで情報を集めている際、disk unionのHPに試聴可能なリンクが生きていた。

Organ「Orange and Blue Invitation」 2006.09.16 Organ「Orange and Blue Invitaion」

Organのラップは、Romancrew「FLY HIGH」に収録された「A Night In Bombay」で初めて聴いた。この曲は、将絢、タカツキ、そしてOrganの三者による曲で、どこか冷めたような気取ったラップが持ち味の将絢に対し、肩を並べる程に気取ったラップを披露するOrganが非常に耳に残った、且つ、凄く格好良かった。

そんな経緯から手に取った今作品は、RomancrewからALI-KICKがプロデュースしている曲を2曲含んでいるからか、「FLY HIGH」の雰囲気が如実に現れている印象を受ける。補足しておくと「FLY HIGH」自体は非常に好きな作品であるため決して負の印象ではない。ただ、前記したように、Organのラップスタイルが将絢のそれと非常に似ているため、トラックの色合いは非常に偏ったものだ。緩急が無くて、5曲入りEPで助かったと思ったくらい。

それでも各曲は好きだし、特に将絢が客演しているM-1「Invitation」は、互いのラップスタイルによる相乗効果で非常に魅力的。但し、アルバム冒頭にして一番の山場となってしまっている感は否めないけれど。

ラップ、歌詞に関して言うと、そのフローが独特すぎて、歌詞の意味を考えずとも、放たれた言葉が格好良く聴こえる。逆に言えば、歌詞が頭の中にあまり入ってこなかったというのが正直なところ。従って、本作品は、純粋に音として楽しむ事は出来た。

因みに、Organはまだ音楽活動を続けているのだろうか。

「くレーベルコンピ【其の五】」の感想

2009.06.21 | Posted in 音楽

出た。楽しみで仕方が無かった作品。

くレーベル 其の五 2009年発売 くレーベルコンピ【其の五】

基本的にKREVAのラップ、オートチューンを使った歌なんかはかなりの好物。だからこそ今作も、確かに客演陣への期待も大きかったのだけれど、KREVA自身のラップが最も楽しみだった。

だが、それは良い意味で裏切られた。KREVAが最も輝いていたのは、M-3「good boy, bad boy feat. SEEDA, KREVA」でのオートチューン使いのフック部分。歌詞カードに2分で書き上げたと書いてあったが、そうは思えない歌詞とそのメロディ。

いまさら もう遅いから
あきらめの境地 どこからどうみてみても全く届かない
good boy, good girl

仕方ない 似合わないから
あきらめの境地 結局 ハタからみればやっぱり俺たちは
bad boy, bad girl





その他の曲では前に出過ぎずに、良いバランスでその他のMCを引き立てているように感じる。M-1「都会陸上 feat. KREVA, Romancrew」。ドラムンベースにシンセを加えたトラック。トラックは好みから外れるものの、Romancrewの面々との掛け合いは聴いていて楽しい。特筆すべきは、将絢がオートチューンを使って歌っている事と、早口のラップを披露している事。

M-2「NEXT LEVEL feat. THE FLEX UNITE, KREVA, SONOMI」。THE FLEX UNITEの2MCは、どことなく似ているフロー。だが、声がハスキーで非常に好み。勝はライミングが上手い。SATUSSY「THE NOVEL」で聴いて以降、非常に気になっていたMCだけに、今回もそれが聴けて良かった。また、SONOMIがフック要員で無い点が面白かった。

明日はどっちや?羅針盤は何処指すか?
マイナスかプラスか その二つさ
生み出すプラズマ いつもフラフラ
手放すな運命 つなぐ手綱



M-4「無くない!無くない! feat. KREVA, L-VOKAL, AMIDA」。これは何と言ってもAMIDAのバースに目が行く。テーマは「無くない話」。AMIDAは「自称ラッパー」における「無くない話」の歌詞なのだけれど、これは面白い。ただ、トラックはシンプルなビートであったため、好みではなかった。

M-5「忘れずにいたもの Remix feat. 千晴, KREVA」。これは特に言う事はない。よく拝見させてもらっているブログでは、KREVAのフローと似ていると書かれていたが、よく聴くと確かにそうだ。ただ、千晴のラップには遊びが無い。そりゃ、KREVAと比較される事自体、本人にとっては不毛ではあるかもしれないが、やはり千晴のラップは少し退屈に感じてしまう。

全てのトラックは、作品タイトルにもある通り熊井吾郎が担当。決して一つには括る事が出来ないような、様々な色のトラックを作る人のようで、非常に面白かった。(AmebreakのKREVAとのセッションを見たが、熊井吾郎という名からは想像できないような細身で驚いた。こちら。)



2009.06.24 追記

Amebreakに、KREVAと熊井吾郎のインタビューが掲載されていた。アーティストのインタビュー記事を見ること自体好きなだけに、十二分に楽しむことができたのだけれど、何よりも驚いたのは、KREVAが共演したい人として、あるまとpunpeeを挙げていた点。くレーベル作品は、これからも尚楽しみ。

Michita「THREE」の感想

2009.05.12 | Posted in 音楽

haiiroとの共作「Soul Session」が良くて、聴いてみたいと思っていたアルバム。といっても説得力がないか?(この記事参照)まずは第一印象を記す。

Michita / THREE 2009年発売 Michita「THREE」

Michitaのトラックには落ち着きがある。逆にいうとやんちゃさが無い。それはそれで、心を落ち着かせて聴くことができる反面、とかくBGMにもってこいとも思ってしまう自分がいる。ただそこは、客演陣がBGMにさせないラップを披露してくれるから、バランスとしては良いように感じる。

まず最も聴いてみたいと思っていたMEISOのラップ。MEISOといえば外人二十一瞑想としてB-BOY PARK 2003のMC BATTLEで優勝を果たしたMCとして強烈なイメージだけが残っている。というのは、そのあとフリーで公開されていた音源等、自分は見過ごしてしまっていたため、MEISOの作品は聴いたことが無い。ひいては音源としてのラップすら聴いたことが無い。なるほどこういうフローでラップをする人なんだ。MEISOは歌詞に定評があるという勝手な印象があるため、今度歌詞カードを片手にじっくりと聴いてみたい。一聴した限りは、知的な印象を受けた。

続いてM-3「BOLT feat. haiiro」、haiiroのラップはもともと好きだった。ただどちらかと言えば、歌詞に重きをおいて聴くMCではなく聴こえの良さから好きになったMCであったため、フローが良いと思いながら聴いていた。こちらも今度歌詞カードを片手に。

何と言っても個人的ヒット、いやホームランというべきか。M-9「Be Quiet Mr. feat. 将絢」。もともとRomancrewが好きな自分にとっては、楽しみこの上ない一曲。これは最高の組み合わせだ。最初にMichitaのトラックには落ち着きがあると記載した。これに加え、将絢は落ち着いたラップ。これはちょっと洒落すぎだ。

Be quiet Mr. 悪い癖ねそのすぐしゃべる気遣い
Please, Mr. お安くなるのよお願いお静かに
じっとしていてplease Mr. 無言でも私は気にしない
じっとしていてplease Mr. 気まずさを感じるかは君次第
まだじっとしていてplease Mr. 思いながら小さくあくびした
馴れ合いの中吐く息がつまるところ私を楽にした
あなたの吐き出す二酸化炭素 好きじゃないけれど嫌いじゃないの
その口車の轍がないと きっとすぐ私は迷子
なのにどうして今日はそんなに無口なの? じっと見つめる古い窓



そして最後に触れておきたいのがM-11「es-Sense 6 feat. 72」。72というのがMCの名前なのかな?初めて聴いたラップだがこれは耳を奪われたフローだった。高音のラップで、ややビブラートが掛かったフローが凄く格好良かった。ただ曲の後半で若干の息切れ感を漂わせる部分があった。また、もしかしたら客演として参加しているから良いアクセントになっているのかもしれない。ただ耳を奪われたことは確かだ。

取り敢えず最初はこんなところ。いやしかし好印象だった。うーん、こうなると、「ONE」も「TWO」も欲しくなってくるな。ちょっと検討。

偶然の出会い

2009.05.10 | Posted in 音楽

TOWER RECORDSへ。そして以下を購入。

Michita / THREE 2009年発売 Michita「THREE」
RICE a.k.a. AB-NICE / 今日の扉 2009年発売 RICE a.k.a. AB-NICE「今日の扉」

Michitaは、haiiroとの共作である「Soul Session」を聴いたこともあり、迷った挙げ句最新作である「THREE」を購入。客演にMEISOや将絢の名前があったから。で、聴き始めて2曲目辺りで気が付く。間違えた、haiiroがラッパーでMichitaがトラックメーカーだ。何をやっている、haiiro de rossiという名でMCとして活動しているではないか。しかもM-3に「feat. haiiro」と記載してある曲もあるのに、、、まあいいや。「Soul Session」でもMichitaのトラックは好きだったから、聴いてみたいとは思っていた。

そしてRICEも購入。TOWER RECORDSの特典で、「君のため」のVolta Masters Remixが収録されたCD-Rが付いてきた。まあラッキー。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。