スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HI-KING「Rhyme Viking」の感想

2009.06.02 | Posted in 音楽

思い立って、最近また聴いている。聴く度に思うけれど、TAKASEの声質とラップが好き。また、タイトに韻をどんどん踏んでいくスタイルが良い。

HI-KING / Rhyme Viking 2008年発売 HI-KING「Rhyme Vinking」

どこかのブログだったか、掲示板だったかは失念してしまったが、TAKASEのフリースタイルに対して、「この踏み方はTAKASEにしかできない」という旨の内容が記載されていた。今思えば確かにそんな気もする。短い単語ばかりを踏んでいるため、歌詞で見ると一見下手に見えるけれど、TAKASEの声質やフローに乗せられると、決して嫌な感じはしない。引き合いに出すけれど、RICEのラップなんかは短い単語を踏む際に強調するかのようなフローであるため、やや嫌悪感がある。TAKASEにはそれが一切無い。



作品としては、攻撃的なトラックあり(M-2「HI-KICK」, M-4「TEAM HK」)、メロディアスなトラックあり(M-12「It's my soul」, M-14「RAIN MAN」)、やや抜けたようなトラックあり(M-7「イベント箱」, M-9「Walking Rap」)と、なかなか盛りだくさんといった印象。

M-7「イベント箱」より

これっくらいのイベント箱に
ライミング、ライミングちょっと詰めて
キザなBeat 頭、首振ってハイキング
詰めるナップサック



やはり、この歌詞が最も印象的。ニヤリとしてしまった。

自分でも意外だったのは、M-3「ABC...」が格好良く感じた。こういうブレイクビーツ的なトラックは基本的には敬遠しがちなのだけれど、TAKASEのビートへのはめかたが自然で耳に残ってしまった。

最初は攻撃的なトラックこそTAKASEのラップとはぴったりだなあなんて思っていたけれど、改めて通して聴いてみると、どんなトラックでも乗りこなす事ができているし、どの曲だって悪くは無かった。やっぱり、こうして様々なトラックがあると、客演無しでも十分聴くに耐え得る。(これはTAKASEのラップが飽きるという事ではなく、トラックのバラエティの豊かさが重要であるという事を表現したかった。という事を補足しておく。)

と、言いつつもやっぱり客演はあったらあったにこした事は無い。次回作は客演ありの作品を期待したい。

スポンサーサイト

RICE a.k.a. AB-NICE「今日の扉」の感想

2009.05.14 | Posted in 音楽

前作から約5年か。自ら立ち上げたレーベルの代表として裏方に専念していた時期もあったらしい。それでか。前作「POWER OF HEAT」リリース後、RICEの音源は聴いたことが無かった。実際はこの5年の間にコンピレーションアルバムへの参加はあったらしいが。

RICE a.k.a. AB-NICE / 今日の扉 2009年発売 RICE a.k.a. AB-NICE「今日の扉」

まず何より声質が好み。あとフローも適度に緩急があって凄く好きな部類。それは「POWER OF HEAT」の頃から全く変わっていない。で、歌詞なのだけれど。。。今回初めて歌詞カードを見ながらRICEのラップを聴いたのだけれど、ライミングに幅が無く、ちょっと聴いていて恥ずかしい。基本的には言葉のケツで踏む形。王道と言えばそうなのかもしれないけれど、決して目新しいわけではない言葉で、強調するかのようなフローに乗せて韻を踏まれても少し照れる。

M-6「SOUL SOLDIER」より

今日はなんだかいらつき 当たるすべなく目がギラツキ
切り裂け鋭い三日月 いっそオレに落ちろイカズチ



一方トラックに関して言うと、全体的に派手なトラックが多い。その中に、M-3「LOST VOICE」のような静かなトラックも存在するが、いずれも低音がしっかり出ていて、どれもクオリティが高いという印象。その中でも郡を抜いて格好良かったのは、DJ CELORYプロデュースのM-12「LIFE TRAVELER」で、どこか「Street Dreams」を思い浮かべてしまう。これは即お気に入りプレイリスト行き。またM-3「LOST VOICE」も同じく。そういう意味では、今作品に収録された多くの曲が即お気に入りプレイリストへ追加させてもらった。それほどトラックは好みのものが多かった。

M-15「君のため」。これについてはこの記事でも少し触れたが、はっきり言って聴いていられない。

最後に、TOWER RECORDSの特典でもある「君のため Volta Masters Remix」。同上。更に言うと、トラックとラップがちぐはぐでオリジナルより酷かった。

偶然の出会い

2009.05.10 | Posted in 音楽

TOWER RECORDSへ。そして以下を購入。

Michita / THREE 2009年発売 Michita「THREE」
RICE a.k.a. AB-NICE / 今日の扉 2009年発売 RICE a.k.a. AB-NICE「今日の扉」

Michitaは、haiiroとの共作である「Soul Session」を聴いたこともあり、迷った挙げ句最新作である「THREE」を購入。客演にMEISOや将絢の名前があったから。で、聴き始めて2曲目辺りで気が付く。間違えた、haiiroがラッパーでMichitaがトラックメーカーだ。何をやっている、haiiro de rossiという名でMCとして活動しているではないか。しかもM-3に「feat. haiiro」と記載してある曲もあるのに、、、まあいいや。「Soul Session」でもMichitaのトラックは好きだったから、聴いてみたいとは思っていた。

そしてRICEも購入。TOWER RECORDSの特典で、「君のため」のVolta Masters Remixが収録されたCD-Rが付いてきた。まあラッキー。

やはりか・・・

2009.05.05 | Posted in 音楽

・・・

RICE a.k.a. AB-NICE「君のため」


Volta Mastersプロデュースだとこんなことになってしまう。大方予想はついたものの、MIC BANKの次回作がこんなことになったら、それこそ文字通り、最悪この上ない。Volta Masters、本当に曲の選択があざとい。というより、実態はどうかしらないけれどRevolution Recordings自体にあまり良いイメージが無い。知った最初の頃は、B-BOY PARKで活躍したMC達を集めたコンピを発売していたため、凄くありがたいと思っていたけれど、いつの頃からか、あまり良いイメージを持たなくなっている。ICE BAHNが自分達でレーベルを立ち上げた理由ももしかしたら・・・なんていう、ゴシップ好きの主婦みたいな話は置いておこう。

RICEと言えば「POWER OF HEAT」をよく聴いていたのだけれど、いつの間にかあまり目にしなくなっていた。で、数ヶ月前、COMPASSのインタビューで活動を再開するようなことが書いてあり、新しいアルバムを購入するか否かを迷っていた。そこにきて、「君のため」のようなPVを見てしまうと・・・うーん。他にどのようなプロデューサーが参加してるのかな。とりあえずはタワレコへ足を赴かせるか?

RICE「0地点から・・・ feat. OZON」


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。