スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OJIBAH「THE FIRST CAUSE」の感想

2010.08.29 | Posted in 音楽

ZAKAIでアルバム未収録のCD-Rが特典として付いて売っていたのを何度も目にしつつも、買うことを先延ばしにした結果、在庫無しとなってしまったが故、仕方が無くAmazonで購入。なんつーこった。

OJIBAH「THE FIRST CAUSE」 2010.05.19 OJIBAH「THE FIRST CAUSE」

SD JUNKSTAという個性的なMCの集団の中では、比較的オーソドックスなフローのOJIBAHという印象から一転、トラックのリズムから外れようが強い剛性を持っているとも言えるフローによって強引に引き戻す力を持つOJIBAHのラップは、聴いていてハラハラさせられなく、安定感があって凄く良い。

ただ、OJIBAHのラップが印象強すぎて、どうしても個々の曲に対する印象が抜けきらない。確かに、OHLDによるM-3「Distance」なんて戦慄的で格好良いし、BACH LOGICによるM-10「South Xide Chronicle」も攻撃的なメロディは好み。トラックに引っ張られて印象は多少左右するものの、最終的にはOJIBAHの強いラップに覆われて運ばれる。好みから外れるトラックでも、OJIBAHの強いラップに覆われ中身が隠されて運ばれる。同時期に聴いたhaiiro de rossi「SAME SAME BUT DIFFERENT」と異なるのは、haiiro de rossiのラップはトラックに乗っているのだけれど、前記した通りOJIBAHのラップはトラックを覆っていると感じた。それでも、好きで何度も聴いてるけれどね。

そんな中、最後のM-11「GOING」ではやや実験的なラップを見せる。トラックにもピアノが入り交じって、最後にフッと作品を昇華させようとしているのか。実験的と言ったのは、どうにもこのフローはOJIBAHが苦しそうな印象を持ったし、トラックもなんだか少し浮いてしまっていた気がした。ただ、作品全体の緩急という意味では、こういった曲がもっとあれば、個々の印象が抜ける気はした。贅沢なもので、一定水準以上なものでも安定した供給があると、不満が生まれてしまう。勝手だよね。

スポンサーサイト

ごった記(2連目)

2010.05.16 | Posted in 音楽

twitter上で"なりふり構わず"繰り広げられる、DABO「デッパツ進行」のiTunesチャートを上げようぜという動き。これ何かに似てるなあと思っていたのだけれど、これあれだ。2ちゃんねるでよくある、インターネットアンケートの一位を江頭2:50にしようぜというあの動きだ。そう、これこれ。

OJIBAHの曲がフリーダウンロードで公開されていた。OJIBAHのアルバムを待っている人間としては嬉しいなんて思ってSDPのホームページ見たら、今月の19日にアルバムが発売されるとのこと。ここ2ヶ月くらいはあまり進んで情報を集めていなかったのでこれは嬉しいニュース。つまり、フリーダウンロードがプロモーションとしての役割を果たした瞬間を身をもって味わったと。

クロノトリガーのサウンドトラックを買うと決めた。時の回廊がそれはそれは心地良い。



新譜あれこれ

2009.11.15 | Posted in 音楽

IFK RECORDSによるSPLIT EPシリーズ。第一弾はNORIMITSUとMR. FUKUSANによるもので購入済み。第二弾は手を出さなかったのだけれど、この第三弾は凄く楽しみ。

ALI-KICK & MARUHIPROJECT「SPLIT EP VOL. 3」 2009.12.11 ALI-KICK & MARUHIPROJECT「SPLIT EP VOL. 3」 

M-1「BEFORE THE GAME feat. HUNGER, TARO SOUL / MARUHIPROJECT」
M-2「REASONS feat. あるま / ALI-KICK」
M-3「BACK IN THE DAY feat. メシアtheフライ, BES / MARUHIPROJECT」
M-4「処刑決行 feat. 遊戯, 将絢 / ALI-KICK」
M-5「HALF FULL, HALF EMPTY feat. MILI, B-BANDJ / MARUHIPROJECT」
M-6「シュビドュビバップ feat. 鎮座DOPENESS, S.L.A.C.K / ALI-KICK」
M-7「I'M SORRY feat. Romancrew / MARUHIPROJECT」
M-8「4 EMCEES feat. SATUSSY, SIMON, BRON-K, DABO / ALI-KICK」


MARUHIPROJECTという名前は初めて目にしたのだけれど、韻踏合組合の「Superstar」トラックの人との事。



何と言っても、今作の魅力はALI-KICKプロデュースによる曲と客演陣。遊戯と将絢による曲はどうなるのか。SATUSSY、BRON-Kに加えDABOが同一曲に乗ったらどうなるのか。また、聴いた曲は数少ないものの、その安定感が抜群だったあるま。名前だけでその楽しそうな雰囲気を放出している鎮座DOPENESS。ついこの間購入する事が出来なかったPSGからS.L.A.C.K。等々。メシアtheフライとBESの組み合わせは新鮮味無し。ここ最近得た新譜情報の中では抜群に心が躍った作品。

別の話。

そう言えば、10月頃にSD JUNKSTAからOJIBAHのソロアルバムが発売されるなどという情報をどこかで見た気がするのだけれど、一体どうなっているのだろうか。SD JUNKSTAメンバの中では凄く好みのMCであるため、サクッとリリースしていただきたいものだ。

別の話。

今月、TOKONA-X絡みの作品が「また」リリースされる。これについて思うところはあって、どれほどTOKONA-Xの名前を使用すれば気が済むのだろうかと思う。皆は恐らく確信犯的にリスペクトが云々というどうしようもない事を口にするのだろうが、口にしないだけで心の根底には商売魂が眠っているのだろう?吐き出して楽になっちゃいなさいよ。故郷のおふくろさんが泣いてますよ。

SD JUNKSTA「GO ACROSS THA GAMI RIVER」の感想

2009.08.09 | Posted in 音楽

取り敢えずさくっと聴いた感想を。

SD JUNKSTA / GO ACROSS THA GAMI RIVER 2009.08.05 SD JUNKSTA「GO ACROSS THA GAMI RIVER」

期待外れ。NORIKIYOのラップに魅せられ、BRON-Kの歌心に酔いしれ、OJIBAHの切れのあるラップにも、TKCの独特なフローにも耳を奪われた。その面々が揃っているクルーなのだから、それはそれはハードルが上がっていたという点はあるけれど、期待を下回った点は事実。作品を通して一番印象に残ったのはWAXのラップ。あのねちっこさのあるフローが凄く耳についた。

YouTubeで見たSAG DOWN PARTYの映像で「普段のくだらない話を真空パックにした」という事を言っていたが、その言葉が本当によく当てはまっているのだろうと容易に想像ができる。特にM-5「イッちゃってイイ? part.1」からM-8「イッちゃってイイ? part.2」にかけて。skitを挟んで通常の会話からラップに入り、各MCのラップが紡がれていく。通常、skitから曲に入る流れは良く見かけるものの、4曲に渡って一つの流れを表すこの曲群には、大胆なやり方だなあと感じた。と同時に、今作品中にskitが多いという印象を助長させている点もある。というよりも実際に多いわけだけれど。

大所帯クルーだけあってマイクリレーが堪能できる点はやっぱり面白い。皆でワイワイ楽しい雰囲気が出ているところは大所帯ならでは。ソロ作品でのこの期待外れ感だったら救いようが無いけれど、マイクリレーにて色々なラップが聴けるのであれば、期待外れだったとしてもこれはこれでなかなか長く聴けるかも。また、ソロ作品で格好良かったからと言ってクルーとしての作品に同じものを期待する方がナンセンスか。

個人個人で言えば、NORIKIYOは相変わらず格好良い。ただしこれだけMCがいると出番が少なくて寂しい。BRON-Kはフックばかりという印象。やっぱり良いなと思ったのはOJIBAH。音への乗り方が巧みで、フローも独特な緩急の付け方で非常に良い。10月にソロアルバムが発売されるという事で凄く楽しみなMC。ただ、歌詞に「bitch」が多い。出てくる度に「bitch」好きだなーと思いながら聴いていた。DJ ISSOもラップしていた。おまけ程度。必要無い。

で、ZAKAIで付いていた「人間交差点~ORIGINAL VER~」。アルバムに収録されている曲、予約特典の曲、全ての中で最も格好良い。はっきり言って、ZAKAIで予約購入しなきゃ損なくらい。Amebreakにてそれを聴く事が可能。(予約特典の場合は、トラックの女性の声が無い。)

http://amebreak.ameba.jp/media/2009/08/000967.html

これはテーマの切り口一つだと思うのだけれど、例えばキリコの「ありがとう。名無しの2チャンネラー諸君。」なんかはネタ感満載で面白かったりするけれど、SD JUNKSTAのようなラッパーが2chって言うだけで少し引く自分がいる。それはネタとして言っているとしても。今回で言えばDEFLOが言ってるんだけど、なんかこう、所謂ファビョっているようにしか見えなくて滑稽。そんな事歌詞にするくらいなら黙っていてくれと切に願う。

メモ
 M-4「SA.GA.MI. ORIGINAL ~RE: SA.GA.MI~」 / 元ネタ:Nas「Warrior Song」(多分)




2009.08.12 追記

OJIBAHの歌詞にbitchが入ってる曲は2曲だけだった。好んで頻繁に聴いていた、M-5「イッちゃってイイ? part.1」とM-21「レイノヤツ ~SAG DOWN PARTY~」に入っていたために、その印象が根付いてしまっていた。

各MCの参加曲数を数えてみたところ、

 NORIKIYO / 12曲
 BRON-K / 11曲
 TKC / 10曲
 KYN / 9曲
 WAX / 15曲
 OJIBAH / 13曲
 SITE / 2曲
 DEFLO / 3曲

という結果から、WAXのラップが印象に残った点も頷ける。

DJ ISSO PRESENTS OJIBAH「海賊盤」の感想

2009.05.19 | Posted in 音楽

少し前に公開されたSD JUNKSTA「レイノヤツ ~SAG DOWN PARTY~」。NORIKIYO目当てで見たのだけれど、驚いたことが2点。

一.OJIBAHがSD JUNKSTA入りしてたこと。
一.DEFLOがSD JUNKSTA入りしてたこと。

SD JUNKSTA「レイノヤツ ~SAG DOWN PARTY~」


OJIBAHって、RUDEE KIZZの028のことか?なんだかフローが全く変わっていて驚いた。しかし、自分自身、ラガ調のフローが好きでは無いため、個性が薄くなったとは言えど今のフローの方が遥かに好き。

ということで購入したDJ ISSOによるOJIBAHの楽曲をMIXしたアルバム。

DJ ISSO PRESENTS OJIBAH「海賊盤」 2009年発売 DJ ISSO PRESENTS OJIBAH「海賊盤」

過去作品を殆ど聴いたことがないため、楽しく聴くことができた。更に言うとMIX CDであるためさくっと聴くことが出来て、こういう作品もありだなあと思った。ただ、この中でお気に入りの曲が見つかったとしても、フルで収録されている作品が無いから困る。(実際にはあるのかも知れないが、まあ入手するのは困難だろうと思う。)M-18「believe...」は何に収録されているのか?それとも出回っていないのか?

M-12「純血」なんかのフローはやはり好きにはなれないけれど、作品全体としては様々な側面のOJIBAHを見ることができ、楽しむことができる要因の一つにはなっている。あとは、やっぱり声が好きだ。M-1「AWARD 09」で、普通の喋り声から、

見せつけてやりましょうよ 海賊盤 OJIBAH DJ ISSO What's Up?



と、急にシャウトする辺りが、凄く格好良い。

RUDEE KIZZの2MC、028と晋平太。晋平太は、DJ CELORYやBUZZER BEATSの作品に参加しているなど、比較的活躍を目にする機会はあったけれど、028はあまり見なかった。あまりというか、自分が手にした音源では皆無だ。唯一MC BATTLEのDVDで見かけた。3 on 3だったかな。何にしても、まだ活動しているようで良かった。最初に「個性が薄くなった」と表現したけれど、「レイノヤツ」で見せたラップは凄く好み。これからソロ作品なども出していくことだろうし、期待して待っていたい。



2009.06.07 追記

この間、BRON-K「奇妙頂来相模富士」を改めて聴いていたら、あれ、OJIBAHが客演していた。「自分が手にした音源では皆無」なんて書いておきながら、自分が見過ごしていただけだった。しかもその曲、最初に聴いた時は何も思わなかったのだけれど、改めて聴くと凄く好み。(M-10「WORLD GO ROUND feat. OJIBAH」)でもまあこうして、過去に購入した作品の中で新たに好きな曲を見つける作業は嫌いじゃないので、結果オーライということで。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。