スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NORIMITSU & MR. FUKUSAN「SPLIT EP VOL. 1」の感想

2009.07.03 | Posted in 音楽

過去にNORIMITSUのトラックもMR. FUKUSANのトラックも聴いた事があるはずなのだけれど、これと言って思い当たるトラックが無い。韻踏合組合の作品の中に溶け込んでいるからだろう。今回は、初めてNORIMITSUのトラックとして、また、MR. FUKUSANのトラックとして認識した上で聴いた。

NORIMITSU & MR. FUKUSAN / SPLIT EP VOL. 1  2009.06.17 NORIMITSU & MR. FUKUSAN「SPLIT EP VOL. 1」

今作品は、IFK RECORDSから発売されているということもあり、聴く前の不安感は一切無かった。また、客演しているMC陣は、好き嫌いはあれど、どのMCも安心して聴くことができる面々であったため、非常に安心して購入する事が出来た作品。ただ、残念な事に、大体の予想が付いてしまっていただけに、突出した感想を抱かなかったのも事実。まあ、これは難しいところで、スタイルが確立されていると言えばそうとも言えるし、目新しさが無いと言えばそうとも言える。

NORIMITSUのトラックは、遊び心と格好良さが入り交じっており、手掛けた4曲共にそれぞれの味がある。M-1「I DON'T BELIEVE」にて魅せる格好良さ、M-3「大阪パッパッ (O.P.P.)」、M-5「時間厳守」にて魅せる遊び心、M-7「あきら君の気楽な話」ではタイトルとぴったりな緩めなトラック。特に、M-7では、AMIDAによるレゲエを感じさせる歌はすごく良かった。また、SHINGO☆西成のラップは、少し暑苦しい感じがして好きでは無かったのだけれど、M-3のトラックとの相性はばっちりだった気がする。

MR. FUKUSANのトラックは、「格好良い」を目指したようなトラックが続く。作品全体を通して、いかにも「ラッパー」というMC陣の中、唯一、M-4「テラセ」では、KEN THE 390という、強面ではない(というと語弊があるか)MCが客演。ただ、この曲でのラップは、メジャーでリリースした作品に多用されている囁きかけるような声でのラップであったため、はっきり言って聴いていられない。もっと、「超・ラップへの道」のような声でラップすれば良いのにと思ってしまう。

作中で最も良いと思ったのがM-8「LIFE GOES ON」。トラックが格好良いというのは言わずもがな、最近、勝のラップがたまらなく良い。声質もそうなんだけれど、シンプルにしっかりと踏んでくるあたりが凄く良い。

油断してりゃ夢希望を蝕む 気付けば我をも見失う
時の流れの中で今まで 過ぎた日々は奪われてFar Away



最初に、突出した感想は抱かなかったと言ったけれど、これほどまでに不安感を感じさせないのは、過去の韻踏合組合の作品等での活躍があったからこそ。全8曲で1800円でこのクオリティなら、全く損しない買い物だと感じた。

スポンサーサイト

新譜購入

2009.06.28 | Posted in 音楽

TOWER RECORDSへ向けて車を走らせたつもりが、いつの間にやらパチンコ屋に入っていまして。4万円の浮きが出たこともあり、気を取り直して、本日はHMVへ。

取り敢えずは以下の2枚を購入。

環ROY×DJ YUI / copydogs 2009.06.24 環ROY × DJ YUI「copydogs」
NORIMITSU & MR. FUKUSAN / SPLIT EP VOL. 1 2009.06.17 NORIMITSU & MR. FUKUSAN「SPLIT EP VOL. 1」

「copydogs」は、wenodのインタビューを見る限り、どのジャンルに分類されるのかがわからないという旨の内容が記載されていたため、若干の不安があったものの、取り敢えず環ROYならば外す必要は無いかなと思って購入。「SPLIT EP VOL. 1」は、関西を中心としたMC陣が客演していたのだけれど、エムラスタ、TAKASE、KEN THE 390、POCYOMKIN、勝の名前が連なっていたため、取り敢えず購入してみた。

MIC BANKの新作も欲しかったが、在庫が無いようなのでまたの機会に。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。