スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAY'S「Prologue of Amazing」の感想

2009.12.29 | Posted in 音楽

2ndアルバム「Amazing」に先駆けたダイジェスト版。レンタル限定CD。

MAY'S「Prologue of Amazing」 2009.12.21 MAY'S「Prologue of Amazing」

M-1「NAUGHTY BO-Z Non Stop Mix」は、2ndアルバムに収録予定の5曲が、MAY'SのメンバNAUGHTY BO-Zによって繋げられたMix。曲は、

 「I WISH」
 「I LOVE YOUが言えなくて」
 「ONE LOVE ~100万回のKISSでアイシテル~」
 「恋をしてた ~Say Goodbye~(MAY’S×May J.)」
 「永遠」

の順。5曲が繋がれれているにもかかわらず、まるで一つのまとまった曲のように感じた。それは、繋ぎがスムーズということもあるけれど、それよりもNAUGHTY BO-Zが作り出すトラックは音使いが似ていて非常に幅が狭いせいだ。「永遠」のようなバラードへ繋げられれば、ある程度の浮き沈みはあらわれているけれど、全体からすればこの浮き沈みなどあって無いようなもの。特に、「ONE LOVE ~100万回のKISSでアイシテル~」から「恋をしてた ~Say Goodbye~(MAY’S×May J.)」への繋ぎなんてどこだかわからなかった程だった。これは、M-2「HERO☆HERO feat. WISE」にも言える話。ただ、こちらはWISEのラップが味付けとなっていて、少しばかりその変化を楽しむことができた。

2ndアルバムに収録される曲群がどのような展開をみせるかは、本作品である程度の予想ができてしまうようなMixだったように思う。これらの曲がフルで収録されることを考えると、恋愛に関する歌詞とも相まって食傷必至とは思うけれど、まあ聴くのだろうな。BGMとして流しておく分には、じっくりと耳を傾けるような作品ではなく、煌びやかなNAUGHTY BO-Zのトラックがなかなか向いているのかなとも思う。



スポンサーサイト

レコーディングアーティストのMC BATTLE参戦

2009.09.14 | Posted in 音楽

SOFFetのGooFがULTIMATE MC BATTLEの横浜予選に出場したという情報を聞いて、なんだか凄く心が踊った。

最近のSOFFetには、ラップ濃度が薄くなって非常に残念な思いがあった。それは、過去の音源を聴くとなかなか韻が固くて、滑舌の良いラップが凄く好みであったからで、もっともっとラップ重視の曲を聴きたいとずっと思っていた。メジャーアーティストであるが故にレコード会社からの力もあってこうなってしまうのかなあ、などと勝手な想像を膨らましていたわけだけれど、MC BATTLEに参戦したことによって1MCとして意地のようなものが垣間見えた気がして、GooFもやはりラップが好きなんだなあと、「お前はどの立場で言ってんだ」という自責の念と共に、妙に心が躍ったのだ。

また、SOFFetの曲では、その他のMCとの共演が比較的少なかったため、勝手に「壁があるのかなあ」と思っていた。今回のULTIMATE MC BATTLEがきっかけで色々なMCとの共演があれば凄く面白いなあなんて思う。

と思って調べていたら今月末にSOFFetのアルバムが発売されるとのこと。

SOFFet「Jam the Universe」 2009.09.30 SOFFet「Jam the Universe」

その中の曲、

12. 情熱のCarbonation with COMA-CHI, TARO SOUL, TSUBOI(アルファ), breakthrough



おお。これは嬉しい共演だなあ。これだけでも、アルバムを買いたくなってしまう。因に、まだ発売前にも関わらず、上記曲名で検索すると歌詞は既に公開されているのはどういうことなのだろうか。PVが公開されているのかと思って「おっ」と声をあげてしまったではないか。

M-2「More than I love you ~365のキセキ~ with MAY'S」


MAY'S「Dreaming」の感想

2009.05.25 | Posted in 音楽

日本語ラップばかりを聴いていると、サイクルとして歌ものの作品を欲する時期が来る。そこで、一度聴いただけで眠らせていた今作品を改めて聴いていた。

MAY'S / Dreaming 2009年発売 MAY'S「Dreaming」

R&BとしてiTunesに登録していた今作品への印象はガラッと代わり即座にPOPへ変更。R&BだろうがPOPだろうが、嫌いな曲は嫌いだし、好きな曲は好きなので、カテゴライズなんてどうだって良いのだけれど、iPodでアーティストを探す際はカテゴライズされていた方が見易いので、あくまで探し易さという観点から。

印象としてはややアップテンポな曲が詰まったよくある楽曲郡。片桐舞子の歌は聴いていて苦では無いし、声質だって好きな部類だけれど、楽曲としては面白みが少なかった。この点では、同時期に聴いたJUJU「What's Love?」の方が遥かに面白かった。ただ、MCの客演があったという点では、今作の方が聴きたいという想いが勝った。

結局、歌ものの作品を求めて聴いても、ラップが好きな自分としては、M-8「The Source feat. Clench & Blistah, EIGO, ZANE, TWO-K」がどうしても気になってしまう。この曲、サビのメロディが凄く良く、各ラップも耳当りが良い。ただ、格好良かったなあと思った最後に放たれた歌詞。

MUSIC 自己の主張の延長線上
MUSIC so let it flow どこまでも
MUSIC 旋律よ go on
MUSIC 人生の解答



・・・。延長線上使っちゃった(この記事参照)。最後の最後に来てこれか。がっかり。あと、EIGOのラップはthree NATIONの頃からどうも好きになれない。ZANEのラップはますますスムースなフローになり、耳当りがぐっと良くなり非常に好み。

M-4「THANK YOU feat. Jam」。Jamのラップが面白い。抑揚があるフローで耳を奪われた。が、

共に年重ねていけたなら
the life is too long but we can enjoy it!!



という部分が酷い。これさえ無ければ良かったのに。

M-9「Daydream」。シングルで発売された時には何も思わなかったが、イントロの部分が日本的な音使いで良い。よく聴いてみると、サビのメロディも自分好みだ。

面白みが少ないと言ったが、歌ものの作品を欲している時期は結構何でも良く聴こえる部分があるため、総じて楽しむ事はできた。ただ、恋愛がテーマの曲にはうんざり。かといって、メロディに乗せて、私のスキルが云々という事を言われても困るが。

MAY'S「Daydream」


派手なトラック + シマウマ = 驚嘆

2009.04.26 | Posted in 音楽

最近Amebreakを見ていると、良く目にしたDJ。DJ KOMORIの時もそうだったんだけど、所謂セレクターDJかと思っていた。今までMIXTAPEやMIX CDでしか目にした事が無かったから。でもトラックも作るのか。へー。(DJ KOMORIがKEN THE 390と共演するのは嬉しかったが、DJ KOMORIがR&B王子と言われていたのには失笑したっけ。)

という事で、聴きたくて手に取ってみた。

DJ MAYUMI PARTY UP 2009年発売 DJ MAYUMI「PARTY UP feat. ZEEBRA, HOKT, MAY'S」

別段、革命的なトラックでも無い。音がシャカシャカしていて、低音がスッカスカ。ただ、このようなパーティチューンは嫌いではない。iPodに入れて車で聴いていると、シャカシャカ音にノイズが混じって聴いていられない。どうにかしてくれ。(自分の環境だと、どうも歌詞の「さ行」にノイズが乗る。それと同じ状況。)

派手なトラックに乗るZEEBRAは本当に格好良いラップを見せる。HOKTは初めて聴いたかもしれない。多分、NORTH COAST BAD BOYZの曲も聴いた事が無いかな?最初は要らないと思ったけれど、まとわりつくような声質がだんだん気持ち良くなってきた。MAY'Sはフックで良い歌声。PVだと2割増くらいで可愛い。

DJ MAYUMI「PARTY UP feat. ZEEBRA, HOKT, MAY'S」


Foxxi misQの「Luxury Ride」にZEEBRAが客演したときとほぼ同じ感想を抱いた。ZEEBRAは派手なトラックだと凄くマッチする。

Foxxi misQ「Luxury Ride feat. ZEEBRA」


あと、M-2に収録のDancehall Remix。要らん。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。