スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8th Wonder「The Second EP ...」の感想

2009.09.27 | Posted in 音楽

2003年発売の2nd EP。アナログ盤。前作「焦燥」から5年の歳月を経て、今月の2日に1stアルバム「ヴァルハラ」が発売されたものの、未購入なので過去作品に対する感想で自分の気を紛らわそうという妙手。

8th Wonder「The Second EP ...」 2003年発売 8th Wonder「The Second EP ...」

ラップスタイルは好みではないものの、歌詞に深みがあり、何と言ってもA-1「戦争を知らない第三者の日記」というタイトルに心を奪われて購入。

作品全体として、前作の「Eternal Triangle」と比べてラップが聴きやすくなっている。そのおかげか、若干ではあるけれど個々の違いが判別できるようになってきた。但し、それでもやはり聴き取り難いという枠からは出ていない。だからこそ、アナログ盤にも関わらず歌詞カードが入っているということに、大きなありがたみを感じる。感謝。

最初にも書いたけれど、A-1のタイトル名に惹き付けられる。「戦争を知らない第三者の日記」。放たれる言葉の数々も勿論だけれどトラックにも物語があるのだ。平和な日常から混沌に満ち溢れた「世の終わり」を見せつけるかのように変貌を遂げる緩急のあるトラックで耳を奪われる。そこに乗せられる言葉。

これは映画でもなくCGでもなく 悲鳴がブラウン管の中に充満する


いつしか日本は いやすでに53番目の州の仲間入りをしていたんだ
まったくなにをすべきか解らないこの国はつねに無責任な夢に動かされ眩暈がする
もうここから見えるのは富士山ではなく女神だ


今も覚えている あの日夜遅く覗くテレビ 街が燃えている
吠えているレポーター パブリックエネミー 初めて見るこれが戦争か
ペンは岩の様だ 重くピクリともしない ペンの灯し合いも殺し合いの前じゃ機能しない



ここに書きたい歌詞は山ほどある。まるで手記を読んでいるようだった。また、B-1「Triplet Poets」の歌詞も面白い。

午前4時の路地 息切れする闇に照らされる文字
ストイック色に汚れたノート
今日と昨日のすき間から吹き出した行き交う言葉のキャラバンを
かつて誰かが詩と名付けた


詩は作り出すものじゃない ただそこにあるものだ
詩人はただ拾い上げる そこにある言葉
木々達は天と地の間の空白を埋めつつ 詩人はその木々と大地の間の空白に住みつく


なりたい詩人に 何が足りない? 早く向こう岸に渡りたい
なりたいというより詩人でありたい


誰かが言った詩人とは乞食と同じそうだ 路地裏がアーティストの画廊だ
儲かるかどうかよりも この先自分がどうあるかってことだろうな



8th Wonder。歌詞が文学的で凄く好きだ。故に、どうしても歌詞からのアプローチの感想が先行してしまう。トラックは確かに格好良いけれど、遥かに歌詞の方に魅力が詰まっている。但し、歌詞に突出した魅力があるものの、この人達の曲は気軽に聴く事が出来なく、聴くまでは本当に腰が重い。「ヴァルハラ」も気になるのだけれど、この事があって今ひとつ購入に踏み切れない。どうしようか。

スポンサーサイト

8th Wonder「Eternal Triangle」の感想

2009.05.24 | Posted in 音楽

8th Wonderは、Masashi、KSK、Fakeの3MCによるユニット。HIBIKIが所属していた8th Wonderとは別。手に取った理由は、B-BOY PARKのMC BATTLEにKSKが参戦していたのを見た事があったため。アナログ盤。

8th Wonder / Eternal Triangle 2001年発売 8th Wonder「Eternal Triangle」

まるで文学作品を聴いているようだった。いや、読んでいるようだった。これは、3人が3人ともフローが高速で、曲を聴いているだけでは何を言っているのか全く聴き取れないからだ。アナログ盤にしては珍しく歌詞カードが入っており、それを片手に聴く事でやっと何を言っているかが聴き取れる。従って「読んでいるよう」だと。

しかし、これは致命的。3人のフローも似ていて、今ひとつキャラが立っていない。いや、そもそもこの3人自体が、その他のラッパーとは異色であるため、全体の中ではキャラ立ちしているのかも。ただ、8th Wonderというユニットの中でキャラが立っているとは言えない。類は友を呼ぶとはこの事か。

8th Wonder「Eternal Triangle」


ラップ面では些か辛辣な表現となってしまうけれど、トラックは非常に格好良かった。「THA BLUE HERBが好きな人には特にお薦めしたい。」という感想を良く見かけるけれど、そのように表現する理由がなんとなく分かる。怪しくうねりをあげる、エレクトロニカの要素も含んだビートとでも言おうか。

歌詞は面白い。「まるで文学作品」と表現した理由はここにある。A-2「Below the Underground」の歌詞。

闇を保つロウソクは
人様の定規で己を測り自ら個性を殺す
地下という言葉を勘違いした連中は
寄生虫の様に成功者に媚を売り
永久に底には潜れぬ


入り込んだ時から既に色の付いた世界で
生き延びるつもりはない
逆撫でされる気持ちとは裏腹に
変わり果てる姿と
ここに群がる薄く歪んだ色には
当然の事ながら
俺達は誰一人としてその場所から動かないし
ましてや手も出さない



また、AA-1「Eternal Triangle」の歌詞。

この青い星で定め背負いし尊い三者は
そう、遠い大地で早々に
出会いを果たしていたかの様な妄想を抱いてる
何億もの星達は安堵の上で過ごしがちだが
強く光る三連星は太陽に挑む星達だ



これらの歌詞を読むだけでも、この作品を購入した甲斐があった。但し、やはり聴き取り易いフローで「ラップ」として聴きたかったとは思うけれど。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。