スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Artists「神髄 ~B of the Essence~」の感想

2009.11.18 | Posted in 音楽

B-BOY PARK MC BATTLE上位入賞者を中心とした作品。2002年リリース。

Various Artists「神髄 ~B of the Essence~」 2002.08.10 Various Artists「神髄 ~B of the Essence~」

2002年リリース、且つ、MC BATTLE上位入賞者。今になってみれば、この2種類のキーワードを目にしただけでも、本作品に込められている一つの要素は容易に想像が可能だ。それは韻。1999年から2001年のB-BOY PARK MC BATTLEで3連覇を成し遂げたKREVA。KREVAの文末で着実に韻を踏んでいくスタイルは、KREVAスタイルと呼ばれて多くのフォロワーを生み出した。その真っ直中で発売された今作品に参加しているMCは揃いも揃って韻踏み屋ばかりで、MIC BANK、MOTOY、HIBIKI、CIPHER BREAKA、ICE BAHN、YOUTHの面々。

本作品の印象は、最初に聴いた時から今まで一貫している。それはこの上無い程のB級感。トラックは全体を見渡してみても凄くチープな上、各MCのラップだって決して洗練されているとは言い難い。但し、ラップのポテンシャルは相当なものだ。各MCの初音源を収録した作品ということもあるのだろうけれど、聴いている人の耳にねじ込んでやろうという前のめりな熱量がこの作品には込められている。

このように感じてしまう要因としては、やはり韻を切り離す事が出来ない。中でも、本作品の頃からICE BAHNによる執拗な韻は健在で、FORK MASTER(現FORK)のライン、「韻を踏むなんて基本中の基本ですとマイク片手に日本中飲み込んでく」に、本スタイルに対する考えが集約されていると言って良いほどのパンチライン。ICE BAHNの面々のラップは、これらの韻に加え、息巻いたフローで、聴いているこちらが疲れてしまう程の熱量だ。

一方、HIBIKIのようなあっさりとしたスムースなラップを披露するMCもいる。但し、そのフローで吐き出される韻の量は膨大で、特にM-4「HANABI」のような半小節毎に韻を詰め込んで矢継ぎ早に踏んでいくスタイルは、これだけの面子の中でも凄く巧い。最初に洗練されていないと書いたけれど、HIBIKIに限って言えばそのような事は無いとも感じる。

YOUTHによる、「地方B-BOY行進曲~第二章~」は、未だにYOUTHの曲の中でも最も格好良いと言って良い程の出来で、「O.K.A.YAMA(オーケーエーヤマ)」という間抜けな読み方で岡山代表を謳いつつも、岡山という土地を全国へ知らしめた功労者であることは間違いないのでは。

MOTOYの舌がもつれそうでもつれない危なっかしいフローも今作では堪能できるし、MIC BANKの綺麗に毎小節で踏むスタイルは、今作品ではやや影を潜めるもののなかなか良い。但し、KIN DA SHER ROCK率いるCIPHER BREAKAの曲は、トラックのボトムが軽く、ラップ自体もなかなかの酷い出来。但し、この頃からKIN DA SHER ROCKのややポップよりな雰囲気は十分滲み出ている。

本作品に参加しているMCは現在でも活躍しており、今一番楽しみなのは最近活動を再開したHIBIKIの作品。YouTubeで公開された「あなたとは違うんです2008」は、単純にトピックを埋め込んでいるだけという見方も出来てしまうけれど、それを差し引いても凄く格好良い。早いところ作品をリリースしていただきたい。

スポンサーサイト

KIN DA SHER ROCK「ぼくのきもち」の感想

2009.08.29 | Posted in 音楽

KIN DA SHER ROCKのソロ作品を聴くのは今回が初めてだった。

KIN DA SHER ROCK「ぼくのきもち」 2009.07.29 KIN DA SHER ROCK「ぼくのきもち」

想像以上にポップに仕上がっていた。フックに歌を持ってきたり、トピックも好青年と思わさせるような身の丈に合ったものが多く、メジャーでも通用しそうな作風に仕上がっている。Amebreakのインタビューでは、

今って『聴きやすいけどHIP HOPじゃないもの』と、『もろHIP HOPだけど一般的にはなれないもの』のどっちかになりがちだと思うんですよ。俺はその真ん中にあるであろう、『HIP HOPでありながら、メジャー・フィールドにもポップスとして届く』ことをやりたいんですよね。



と述べている。HIPHOPかHIPHOPじゃないかという話は結論の出ない話であるためそこはどうでも良いのだけれど、例として「聴きやすいけどHIP HOPじゃないもの」をHOME MADE家族とし、『もろHIP HOPだけど一般的にはなれないもの』をMSCとするのであれば、やはり今作はその中間をいっているのだと思う。やや前者に傾倒してはいるけれど。それは、ジャケットや歌詞カードの色使いにも現れているし、その歌詞をピックアップしてもそれが伺える。

M-3「スマイルNo.1」より

天気が良ければアウトドア じゃなきゃインドア でも会う事が
大事だからどっちでも良い キミん家のほうかコッチでも良い


M-7「ハタラキMAN」より

俺が選んだLIFE キミが選んだLIFE
べつにひがんでないよ 互いに丈夫なダンデライオン
どっちもREALなLIFE どっちもそんなに気楽じゃない
出来れば最後はハッピーエンド どっちが見れんの?


M-15「SWEET HOME」より

友達100人出来てるかも 大きな輪っか出来てるかも
平凡な環境だったからこそ俺の色 出来あがったカラー
年取るたんびに似てきたみたい 当たり前だろ否定はしない
父ちゃんも母ちゃんも超えてくさ 俺もその先の奇跡が見たい



M-5「Memory Lane feat. JACREN」。トピックとしてはタイトルの通り、過去から現在までの事を歌っているという、別段変わったトピックではないのだけれど、KIN DA SHER ROCKと言えば、やはり2001年のB-BOY PARKのMC BATTLEで準優勝という経歴を持っているため、この曲の歌詞はやや重みのある歌詞で面白かった。

じゃあ俺の話でイイ?変に茶化すとかは無しでイイ?
最初の大きなFirst Step(Hey)2001年夏の夢(Hey)
何も無かった19の俺が無いなりにあの日出した結果
結局2位じゃいけないんだけど大勢が拍手くれた俺に



また、フックでの歌声が妙にはまっていて、曲としての雰囲気が凄く良い具合になっている。聴いているとなんだか心から応援したくなる程に。

日本語ラップの作品では珍しく、作品全体を通すと心が暖かくなる。但し、その反面、今作品には日本語ラップ特有の脳を揺さぶられるようなパンチラインが見られないという点は否めない。うーん、ここはトレードオフになってしまうのかな。

最後に、千晴がオートチューンを使って客演しているけれど、KREVAそっくりだった。それこそ、千晴 a.k.a. KREVAで良いのではないかと。あと、CIPHER BREAKA時代の相方であるMC THE K.O.は参加していないのだけれど、活動はしているのだろうか、、、?

M-2「パワーオブミュージック feat. BAMBOO」


到着待ち

2009.08.19 | Posted in 音楽

やっと購入した。タワレコ、HMVに行っても、そもそもこの人の棚が無い。やっと手に入りそうで歓喜。haiiroのラップは、Michitaとの共演で聴いた事があり、凄く好み。声質からか、肩に力が入っていないように聴こえる独特なラップは凄く心地が良い。SLYE RECORDSはEccyの作品をリリースしているレーベルでもあるため、haiiroのソロ作品も大きく期待をしている。

haiiro de rossi「True Blues」 2008.11.21 haiiro de rossi「True Blues」

その存在はAmebreakで初めて知った。このようなピアノを主体としたメロウなトラックはインストでこそよく聴いていたけれど、日本語でのラップが乗せられた曲は珍しいと思っていた。最初はちぐはぐに感じていたのだけれど、だんだんとその印象が緩和されたので思い切って。

Roundsville「Love Delight」 2009.06.03 Roundsville「Love Delight」

要のMC、弘光が脱退したMIC BANKに些か不安があるものの、少し気になったので。全編Volta Mastersがプロデュースしている点にもやや不安がある。但し、Volta Mastersのようなメロウなトラックに、MIC BANKの男臭いラップがどのように混ざるかは非常に楽しみ。いやしかし、このタイトルはちょっと想像できないのだけれど。。。

MIC BANK「アイノギフト」 2009.06.24 MIC BANK「アイノギフト」

これが最も新しい作品か。この人のラップはCIPHER BREAKAでの活動や客演で耳にしていたけれど、別段好きでは無かった。ただなんとなく気になって購入。KIN DA SHER ROCKはポップな路線が多いような印象を持っていて、今作にもポップなものを期待している。事前に聴いた「パワーオブミュージック」は好み。但し、歌の濃度が濃いと言うべきか、KIN DA SHER ROCKのラップ濃度が薄いと言うべきか。

KIN DA SHER ROCK「ぼくのきもち」 2009.07.29 KIN DA SHER ROCK「ぼくのきもち」

以上、到着を楽しみにしている作品群に対する心持ち。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。