スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEN THE 390「NEW ORDER」の感想

2010.05.28 | Posted in 音楽

メジャーシングル2枚を間に挟んだ、KEN THE 390のメジャー1stアルバム。

KEN THE 390「NEW ORDER」 2010.04.07 KEN THE 390「NEW ORDER」

2006年、Da.Me.Recordsから1000円でリリースされたKEN THE 390初のソロ作品である「プロローグ」。トラックの彩りと多様なラップによって多くの支持が得られたにも関わらず、2007年に初のメジャー流通となった「My Life」、その5ヶ月後の「More Life」によって、みるみるうちに支持が得られなくなっていった。それは、リリースするにつれポップな方向へ傾倒していく点と、KEN THE 390のフローがだんだんと気持ちの悪い尻上がりなフローへと変わって行ったためだと思っている。「よくわかるプロップスの下げ方」を見事に体現してくれた。「図解入門 よくわかるプロップスの下げ方 著KEN THE 390」。説得力が違う。

とは言っても、「More Life」も、その後にリリースされた「FANTASTIC WORLD」も好きだ。さすがにメジャーシングル2枚は食すことができないが、基本的にはKEN THE 390のラップは好みではある。否定的に捉えられ兼ねないが、KEN THE 390の当たり障りのないラップが、構えることなく気軽に聴けるのだ。

そして今作品。塵も積もれば山となるとは言ったもので、先程は食すことができないといった2曲についても、アルバムの中の2曲となると意外にも聴けてしまう。いや、「Hey Boy feat. 童子-T」はさすがに飛ばしがちにはなってしまうものの、それでもシングル時の絶望感は無い。更に、今作品でのM-3「THE DOOR feat. COMA-CHI, Baby M」、M-10「DEAR MY ONLY ONE」が凄く良い。特に、M-3。KEN THE 390のフローがトラック上でうねり暴れていて、久しぶりにKEN THE 390の本気を垣間見た気がした。また、DJ HASEBEによるリミックスM-16「One story -KEN THE 390 ver.- byDJ HASEBE remix」もなかなかだ。ただ、KEN THE 390が直接的な表現をせずに歌詞を連ねていく中、May J.の「出会いと別れ」という、比喩なんてあったもんじゃない安直に配置された歌詞で興醒め。歌い手によるこの手の歌詞が、本当に嫌いであることを改めて実感した。

2枚のメジャーシングルがあったせいか、現在、KEN THE 390のラップが受け入れられている層というものが、果たして存在するのかが疑問でならなかった。MC BATTLEではあれほど攻撃的で格好良いのに、いざ作品として落とし込まれれば途端にダサくなる。それでも、今作品からはこれまでに感じたダサさはやや薄れた気がする。それは、「塵も積もれば」なのか、本当の意味で「格好良くなった」のかはわからないけれど。

スポンサーサイト

KEN THE 390「雪が降る街」の感想

2009.12.20 | Posted in 音楽

KEN THE 390のブログにて、フリーダウンロードという形式で公開された曲。数年前の月刊RAPに収録された曲を再録したものとのこと。

KEN THE 390「雪が降る街」 2009.12.19 KEN THE 390「雪が降る街」

KEN THE 390の文面から察するに、楽曲をいち早く公開したいがためにフリーダウンロードという形式を取った訳ではなく、フリーダウンロード形式ありきでの選曲と見受けられる。つまりは、フリーダウンロードを使ってのプロモーション活動なのかな。まあ、そりゃそうだろうとは思うし、それが何だと言われれば口をつぐんでしまう訳だけれど。

まず何よりも、無料の楽曲にもかかわらず、ジャケットまで用意して公開してくれているところに大きなありがたみを感じる。iTunesに登録する際、ジャケットが無いと物足りなさが否めないから。

肝心な楽曲については、月刊RAPに収録されていた音源を聴いてみたいと強く思った。オリジナルは数年前の音源。ということはメジャーで活動する前だろうから、今みたいな尻上がりなフローでは無いと予想したからだ。まあこう書いている時点で、本曲に対する印象は良いはずも無いわけで。トラックについては、良くも悪くも季節もの。こういう季節ものの曲は長く聴けないので、ラップの悪印象もありこの上なく短命だろうななんて思ったよ。

http://ameblo.jp/kenthe390/entry-10414385240.html

KEN THE 390「FANTASTIC WORLD」の感想

2009.10.31 | Posted in 音楽

エイベックスのrhythm zoneから発売したKEN THE 390のミニアルバムを今更ながら。

KEN THE 390「FANTASTIC WORLD」 2008.10.08 KEN THE 390「FANTASTIC WORLD」

先行して公開された「FANTASTIC WORLD」を聴きながらまだかまだかと思いながら待っていた。アルバムのタイトルにもなっているこの曲、小綺麗にまとまった曲だなあと感じていた。これが後にMummy-Dによるトラックだと知り、何だか妙に納得したことを覚えている。ジャケットも綺麗な感じ。



今作品を手に取る前に恐れていた事が一点。それは、太郎 & KEN THE 390名義のアルバム「FLYING SOUND TRACK」に起因する。2MC名義のこのアルバムは、今作品と同様にMummy-Dによるトラックである「Grand Closing」を先行して公開していた。勿論この曲は格好良くて、アルバムを期待して待っていたのだけれど、蓋を開けてみれば、「Grand Closing」を除く楽曲群が霞んでいる霞んでいる。がっかり感がこの上なかったのだ。今回も状況は同じくMummy-Dによる曲が先行していたために、もしやと懸念していたのだけれど、これは杞憂もいいところだった。今作品は、ミニアルバムというコンパクトさもあり、タイトで非常に綺麗にまとまった良作だと感じる。

M-4「シューティングスター」は、RomancrewからALI-KICKがプロデュース。ALI-KICKのトラックは静かめなイメージがあったのだけれど、この曲は凄く派手でエレキギターのような音使いが印象的だ。本曲が間違いなく今作品の要。

M-5「届かないWORD」は、以下の歌詞が頭に残る。今後使えそうな言葉として、引き出しに入れておこうと思う。

タラッタッタタラ 軽すぎる言葉はきっと風で消えちゃうし
タラッタッタタラ 重すぎる言葉じゃ逆に君まで届かない



M-6「新雪(Virgin snow)」は、イントロが一昔前のドラマにでもありそうなメロディ。但し、これが新雪というタイトルにぴったりとはまっている。この一昔前のドラマというところがポイントで、当時の恥ずかし気もなく繰り広げられる言葉の数々が舞っているあの雰囲気がこのメロディと見事にはまっている。

M-7「FLOW」は、フックの重ね録りが重圧感を出していてその迫力に圧倒される。トラックはALI-KICKで、電子音が非常に良い味。

KEN THE 390のラップに焦点をあてると、M-1やM-5のような着飾ったフローもありながら、M-2やM-3では比較的自然体に近いようなラップもあり、コンパクトな作品の中でも意外と幅広くKEN THE 390を楽しむ事が出来た。

SWEET BLACK「Mine with KEN THE 390」に見る三本の矢

2009.10.04 | Posted in 音楽

「SWEET BLACK」とは?

Sweet(ポジティブ・アクティブ)な希望と、Black(ネガティブ・シニカル)な本音が共存する。そんなネガポジ両面のキモチが共存する20代女子のリアル=SWEET BLACK世代のリアルをテーマに、気鋭の女性クリエーターがオリジナル作品を制作し、mixiを中心としたさまざまなメディアを通じて発信していく、ユーザ参加型のまったく新しいメディアプロジェクト。



SWEET BLACK発の音楽を担当するアーティストとして後藤真希が参加したとのこと。「SWEET BLACK世代」という恐ろしくどうしようもない言葉を必死に流行らそうと躍起になっているプロジェクト側と、アイドルからの脱却を必死に図ろうとしているアーティスト側の利害が一致した、mixi発崖っぷちプロジェクトと捉えた。そこにエッセンスとして加えられたKEN THE 390が、この崖っぷち具合を助長している。簡単にポッキリいってしまいそうな三矢がここに誕生である。という嫌みはここまでにしておこう。

SWEET BLACK feat. MAKI GOTO「SWEET BLACK」 2009.09.16 SWEET BLACK feat. MAKI GOTO「SWEET BLACK」

後藤真希の歌声を聴きたかったわけでは全く無くて、勿論KEN THE 390が目当てな訳だけれど、正直がっかりだった。KEN THE 390はフック担当で、後藤真希による歌がメイン。どうせなら1バース丸々KEN THE 390にあげて欲しかったとは思う。というのも、ここでのKEN THE 390は、自身のシングルで見せるようなウィスパーボイスや、文章のケツが上がるようなフローではなく、いつも通りの声でしっかりとラップしているからだ。トラックもアップテンポ、且つ、やや攻撃的。

でも実は、作品全体を通すとそこそこ聴けたのは事実。KGの力があれど、特にM-4「TEAR DROPS with KG」が。

SWEET BLACK feat. MAKI GOTO「TEAR DROPS with KG」


B-BOY PARK 2009のKEN THE 390

2009.09.21 | Posted in 音楽

B-BOY PARK 2009のMC BATTLEにおいて、KEN THE 390が凄かったということは方々で言われていて、足を赴かせることが出来なかった自分は、YouTubeにアップしてくれている現人神のおかげで見ることが出来たのだけれど、特に漢とのバトルは刺々しい言葉の数々を矢継ぎ早に吐き出すKEN THE 390に完全に魅了された。



特に、KEN THE 390がラップしている時、漢が途中で喋るのだけれど、それをラップの中に取り込んでしまうあたり、KEN THE 390の臨機応変な対応力が表れていて凄く良い。(これは3 on 3 MC BATTLEのHIDA戦のときも同じことを感じたっけ)また、KEN THE 390は必ず16小節の最後にしっかりと文章をまとめてくる。この構成力がまた魅力的だ。

B-BOY PARK 2009のMC BATTLEを見て、KEN THE 390の公式サイトへ行ってみたはものの、スタイルの違いに驚いてすぐに戻った人もいたという、笑えるようで笑えない都市伝説的な話も耳にした。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。