スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JASMINE「THIS IS NOT A GAME」に見る先読み予告

2010.03.06 | Posted in 音楽

JASMINEはパチンコの先読み予告を身にまとうという新しい風を与えてくれた。

JASMINE「THIS IS NOT A GAME」 2010.03.03 JASMINE「THIS IS NOT A GAME」

1stシングル「sad to say」。保留予告「白」で期待せずに始まったこの変動は、演出の中盤で確定音を響かせ気持ちよく大当たり。良いかも。2ndシングル「No More」は予告「緑」。パチンコにおける中途半端な予告はハズレと言っていると同義なので期待せずに聴いていると、これが疑似4連まで発展。背景予告で森も出現。当たり。へえ、保留「緑」という中途半端な予告でも当たってしまうタイプのシンガーなんだ。良い。凄く良い。さて今作。予告は「赤」。はい当たり。なんてふんぞり返って聴いていると、予告がどんどんと弱くなっていく。文字は白な上、カットインも通常。これはまずい。ああやっぱり外れた。と、思ったところで演出終了後にモード移行。2Rセグは、、、光らない。小当たり。あと一歩のところ。

という感じ。おしまい。



スポンサーサイト

JASMINE「No More」の感想

2009.11.08 | Posted in 音楽

JASMINEの2ndシングル。

JASMINE「no more」 2009.10.28 JASMINE「No More」

sad to say」でも感じた、抑揚の無い高音一本調子な歌い方はM-1「No More」でも健在。但し、このシンガーに求めているものはこの歌い方であるため心地良い事は事実。歌詞を眺めると、前作よりは落ち着いた印象を抱くと同時に、自分の読解力の無さは認めつつも、やや支離滅裂な文章ではないかと感じる。

そこにあなたがいて 過去に縛りつけて
憎み続けても 辛いだけ みにくいだけ
たとえ震え立って こぶし握ったって
普通に笑っていたいだけ 今だけ
あたしには大事な人 何度も振り返るけど
だからこそ深い傷を 負ったまま今日も
謝られたい訳じゃない 何が欲しい訳でもない
あたし自身に恥じないように



ぼんやりとしたベクトルは理解できるけれど、文章同士の繋ぎが荒くて理解出来ないでいる。

M-2「CLUBBIN"」は、前作でいう「恋」的な、M-1とは全く異なった調子の曲。エレキギターでかき鳴らされた音がメインとなったトラックなものの、メロディ自身はJASMINEの歌声で作り出されている。従って、トラックのメロディ色が強いM-1よりも、こういった曲の方が歌の上手さが出ている。好き嫌いで言えば、M-1の方が遥かに好きだけれど。

やたらイラつくスクランブル こうなったらダッシュで歩く



という部分の歌い方は凄く好き。

M-3「what you want?」はミディアムバラード。特に印象は無いけれど、こういった曲もこなす事が出来るのだと認識。



PVを見てOZROSAURUSの「ON AND ON」を連想した。歌っている周りで人々が地面に張り付いているこの異形な絵は、何かの作品のオマージュなのだろうか。



JASMINE「sad to say」の感想

2009.11.02 | Posted in 音楽

家族の影響で幼い頃から音楽に慣れ親しみ、13歳の時、米軍横田基地の一般解放日にゴスペルクワイアのライブを初体験。その魅力に取り付かれたジャスミンは、すぐさまゴスペルクワイアに入門する。(中略)弱冠20歳にして、間違いなく時代を変える驚異の存在。



というJASMINEの1stシングル。

JASMINE「sad to say」 2009.06.24 JASMINE「sad to say」

歌は上手いと思うし、M-3「恋」でみせるような独特なリズム感も好みではあるけれど、M-1「sad to say」での印象が非常に強く、その金切り声のような耳をこじ開けようとする歌い方が凄く耳に残る。抑揚が無い故にそれが顕著だ。

とは言いつつも、変に抑揚つけるのではなくて、思い切って歌っているこの歌唱に対しての印象は悪いものでは無かったし、本曲のメロディも好み。逆にM-3「恋」の方が違和感があった。但し、作品中に異なった歌い方(M-1とM-3)を披露している点は、幅の広さが垣間見えて単純に楽しむ事は出来た。

M-1「sad to say」の歌詞を見る限り、決して穏やかとは言えない言葉が散りばめられており、これはこれで凄く新鮮で良かった。

Cry Cry 届けない想い抱いて泣いて泣いても悔しいだけ
The time is over! Time is over! なげいても無意味だった
ちぎれてったクソくらえ思い出なんか


もろくたおれるあんたの「I love you」
You don't know I have believed in you
信じた人が弱く空ッポの背中ムカつくから あんたのいないどっかで
笑ってるからねぇ あんたはナゼ なんのためあたしの中へ
キレイな思い出残して



M-3では自身を「プライド高め」と言う反面、「きみからのメールでなんかニヤニヤ(^o^)」という歌詞も含んでいる。M-1にある「ぶっ飛んでいる強気な歌詞」と「嘆きの歌詞」の関係もそうだけれど、この二種の相互作用によって、感情の浮き沈みがより出ていてなかなか好きだ。



RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。