スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEEDA feat. ILL-BOSSTINO, EMI MARIA「WISDOM」の感想

2009.12.30 | Posted in 音楽

SEEDAの復帰作第一弾。本作品のプロモーションとして拡張現実アプリケーション「Layar」が使用された。本曲に参加している三者の出身地である、東京、札幌、神戸のとあるスポットにてアプリケーションを起動するとストリーミングファイルが出現し、「WISDOM」を先行して視聴できるという仕組み。

SEEDA feat. ILL-BOSSTINO, EMI MARIA「WISDOM」 2009.12.23 SEEDA feat. ILL-BOSSTINO, EMI MARIA「WISDOM」

「Layar」によるプロモーション活動がどれほど先進的なのかは判断のつかないところだけれど、ニュースとして取り上げられるという事はある程度の先進性はあるのだろうと思う。それが日本語ラップという決して大規模とは言えないマーケットから発信されたという事が驚きだった。記憶が曖昧だけれど、firestorageにて未発表曲をフリーダウンロードとして公開したのも、自身が知った中ではSEEDAが最初だった。「God Bless You Kid」だったかな。また来年には、SEEDAのベスト盤や、SMITH-CNのアルバムをマイクロSDで発売するとの発表もあった。こういった事から、SEEDAに対しては、ラッパーとしての魅力以外の部分で凄く面白いアプローチをする人だという印象が強い。

本曲は、OHLDのトラック上で、「街風」に収録された「MIC STORY」で共演したILL-BOSSTINOと、シンガーのEMI MARIAを迎えた曲。このOHLDの作り出したトラックでのハープのような音が曲に繊細さを与えていて、非常にドラマチックな展開を繰り広げてくれている。トラックで生み出されたドラマに、SEEDAとILL-BOSSTINOそれぞれのドラマが重ねられ、EMI MARIAの歌声がそれらを昇華させる。と言えばやや大袈裟か。それでも、非常に格好良い曲という点には違いない。

SEEDA

ごめんと言える勇気でFLY
ありがとうはカルマを切る言葉


ILL-BOSSTINO

俺はフィクションも所属プロダクション
スタイリスト 初期衝動 暴力 ボーダフォンも
何一つ持っちゃいないが いまだBOSSと呼ばれてる男



という歌詞が印象的。ILL-BOSSTINOの歌詞自体は既発曲でも何度か聴いた事がありそうなフレーズではあるけれど、その格好良さは再認識させられ、またSEEDAの歌詞が凄く詩的で格好良い。SEEDAに対しては、ある種「時代の寵児」のような印象を抱いている。SCARSやSD JUNKSTAという、事実はどうあれ一見悪そうな印象のあるグループと近しいMCという事から、SEEDAも凄く悪いのではないかという印象を持っていたのだけれど、今年に入ってからのTERIYAKI BOYZ、GUINNESSらとのBEEFや、引退から復帰までの流れを見る限り、SEEDA自身はただ単純にラップが本当に好きであるという事がまざまざと思い知らされた(やや膨らましているけれど)。こういった背景が「ありがとうはカルマを切る言葉」という歌詞に強い味付けをしている。

1曲入りで315円。買って正解。

スポンサーサイト

ゲータレードのCMにて一考

2009.05.28 | Posted in 音楽

ICE BAHNのブログを見ると、DJ BOLZOIがゲータレードのCMについて触れていた。そう言えば、よく訪問させていただくブログでもゲータレードという単語が出ていたな。なるほど、BOSSのラップが起用されているのか。

※上下反転ではあるけれど。


1ステージ チャンスは1度きり
次のステージ そしてその次また次 さらに次 次 次

どこまでいっても泣いても笑ってもチャンスは1度きり
その1度きりがずっと続くんだ

やめるまで
あきらめるまで
負けるまで

勝ち続けたなら命の果てまで それを承知でたった一人
越えるべき山に挑んでる 崖っぷちの隣人へ我が荒ぶる言葉よ響け

勝ちたいと願う全ての人々へ
そりゃあ今日も外はみぞれ混じりの悪天候だけれども
だからってやまない雨を 向かい風を ちょうどいい言い訳と
変わらぬ明日を待てど暮らせど突破口は絶対に開かねえよ

たった独り切に勝ちたいと願っている人へ
真正面 moments 時間が減ってってることを認め
荒れ果てた原野を急げ 1度きりのチャンスをつなぎとめ
君を待つ独りがけの椅子をつかみ取れ



実はTHA BLUE HERBの楽曲は殆ど聴いた事が無い。「未来は俺らの手の中」くらいか。また、SEEDA「街風」に収録された「MIC STORY feat. ILL BOSSTINO」のPVが格好良かった。そのPVでもイントロではなかなか臭い事を言っていて賛否両論だった。その程度の印象でしかない。THA BLUE HERBも聴いていないのに、よくもまあ日本語ラップが好きと言えたもんだ。とも思うけれど、聴いた事が無いのだから仕方が無い。

SEEDA「MIC STORY feat. ILL BOSSTINO」


「俺を誰だと思ってる。お前が高校生の頃からこの稼業なんだ」

何言ってんだお前 そんなこと言ってっからお前は芽が出ねえんだ
マイク稼業は やる事やってる奴が正義なんだ
昔凄かったとか キャリアとか関係ねえの
なあSEEDA ストーリーを続けようぜ



今回のCM、普段日本語ラップを聴かない人にはどのように映ったのだろうか。普段聴かない人の感想を聞くと、自分の感想とは乖離しており、驚く事が往々にしてある。従って、どのような印象を与えたのかが気になって仕方が無い。日本語ラップが広く浸透し、テレビでも目にする機会が増えればもっと楽しいのに。KEN THE 390がミュージックステーションに出たみたいに。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。