スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MCUを好きになる動画

2010.02.13 | Posted in 音楽

これを見てMCUのことがとても好きになった。



スポンサーサイト

Hilcrhyme「リサイタル」の感想

2010.01.23 | Posted in 音楽

Hilcrhymeの1stアルバム。

Hilcrhyme「リサイタル」 2010.01.13 Hilcrhyme「リサイタル」

昨年、メジャー2枚目のシングル「春夏秋冬」が、オリコンデイリーチャートにて1位を獲得した。普段、日本語ラップを主として聴かない自分の周りでも、Hilcrhymeの名前が出された事で初めて本ユニットが売れているという事を認知できたわけだけれど、名前が出されたついでに放たれた言葉が「KREVAに似ている」という事だった。突如としてチャートに現れたグループに対し「誰々に似ている」というリスナーの声は往々にして目の当たりにする。Hilcrhymeがそれらと異なる部分は、同業者であるDABOやZEEBRAにも同様の事を言われている点だ。当然、過去にもこのような例はあるのだろうけれど、Twitterというツールを介し、アーティストの思った事が比較的ポップに発信される現況が、自身を「Hilcrhymeは同業者にもKREVAのパクリと言われ嫌われている」という考えに傾倒させてしまう要因となっている。

そんな中、NITE FULL MAKERSでもともと一緒にユニットを組んでいたUSUによるTOCを応援するブログ記事だったり、TOCによるブログ記事で「ツルむ仲間も変わった」と記されているところにも、何だかHilcrhymeというグループとその他のグループには、とてつもなく大きな隔たりがあるような印象を受けていた。

但し、本作品を聴き、TOCはメロディに乗せて歌いラップするというスタイルを自ら選択し、凄く楽しんでいるという印象を与えてくれた。また、このスタイルに対する周りの反応へのアンサーもしっかりと作中に埋め込んでいる。ここまでは良い。問題なのは、アンサーをにおわせる歌詞が作中の複数の曲に盛り込まれているということ。多すぎる。この多さが今度は逆の印象を与えてしまう。M-3「チャイルドプレイ」における、

Let's CHILD PLAY この遊びは終わらない永遠に
こっち来れるならば さぁ この指止まれ



この歌詞が印象的で、「お前らにこのスタイルができるのか」という強気な印象が一転し、自身を鼓舞するための強がりなのではないだろうかという疑念を与えられてしまった。そう考えると、アンサーせざるを得ない状況下でリリースされた本作品は、Hilcrhymeが抱えたフラストレーションが詰め込まれた、何とも悲しい作品ではなかろうかと。同曲「チャイルドプレイ」でのメロディや、その他の曲のメロディも、フラストレーションの反動のような気がしてきて、本作品はカラ元気アルバムという印象が拭えない。曲解だらけだとおもうけれど。

上記のようなアンサーというところに焦点をあてなければ、メロディを作る事ができるTOCのラップはやっぱり好き、という事だけは最後に付け加えておきます。何度も出てるけれど、「チャイルドプレイ」のメロディは凄く気持ちが良い。

Hilcrhyme「もうバイバイ」の感想

2009.12.04 | Posted in 音楽

前作に収録されていた「♪メリーゴーラン♪」の軽快さに魅了されていた中で聴いた「もうバイバイ」は想定外だった。

Hilcrhyme「もうバイバイ」 2009.12.02 Hilcrhyme「もうバイバイ」

Hilcrhymeに求めているものは、「もうバイバイ」には無い。HOOKでは歌い、各バースでも随所に歌い上げるフローを織り交ぜている点については自身が求めている要素ではあるけれど、今ひとつしっくりとこないのは、トラックがシンプルすぎてHOOKが浮いており、TOCの歌声が一人歩きしてしまっているからだ。

また、TOCの声質は通って好みではあるけれど、声の強さが一定であるが故に、「もうバイバイ」感が曲に現れていない。幸せを願い告げる別れの「もうバイバイ」と言うよりも、夕方6時の暗くなったから「もうバイバイ」という雰囲気の声質に、ちぐはぐ感がえらいことえらいこと。

M-2「East Area」については、トラックの電子音とTOCのラップの音量が合っていなく、完全にTOCの声が喰われてしまっている。また、HOOKの「放つメッセージ届く日本中 It's like this in」には、メジャーレーベルで活動して以降のnobodyknows+のラップに感じた、早口でただ格好悪いだけのラップという印象を抱いた。また、「届く日本中」とは大風呂敷広げたというもので、本曲全体の薄っぺらい歌詞と相まって、日本中どころか、言葉を放った途端にただのノイズとして風に消えているとしか言いようが無い、とにもかくにも格好悪い歌詞に失笑しましたとさ。



Hilcrhyme「春夏秋冬」の感想

2009.11.20 | Posted in 音楽

2009年にメジャーデビューした、Hilcrhymeの2ndシングル。

Hilcrhyme「春夏秋冬」 2009.09.30 Hilcrhyme「春夏秋冬」

Hilcrhymeの作品は初めて聴く。過去、有線放送で流れていたKREVA似の声質を持ったMCはこのHilcrhymeのTOCだったのかと今気が付いた。

KREVA云々の話は後で触れるとして、TOCの全く重くない軽快なフロー、且つ、DJ KATSUによるこのポップなトラックが、普段日本語ラップを聴かない人にも受け入れられている点は非常に納得がいく。HOOKでは歌い、各バースではガチガチなラップを披露するのではなく、ポップなメロディに合わせた緩急あるラップを魅せる。普段nobodyknows+やHOME MADE家族を聴く自分の耳には馴染みがありスッと入ってくる。そして何と言ってもTOCの通る声質が凄く好みだ。重くない軽快なフローがのど元をスッと通り、次から次へと食べたくなってしまうジャンクフード的な魅力がある。声質が好みであるが故、症状が顕著。ただ、2曲聴いただけで少しだけ飽きを感じてしまうあたりもややジャンクフード的。



方々で散々言われているが、TOCがKREVAに似ているか否かと言う点。似ているのは声質だけだ。それも上っ面な似方であり、声の重さが全く違う。言葉一つ一つの重みが全く違う(ここでの重みとは、単純に、フローによって単語一つ一つに掛かる重みの事。説得力としての重みの事では無い)。声質が似ているからと言って「パクり」呼ばわりする事は些か早計だろうし、声質なんてものはパクれるものでは無いだろうと思う。

そんな思いの中、HilcrhymeのHPを訪れ「ああ」と納得した。

「今」MC TOC 「5年後」KREVA

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。