スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ULTIMATE MC BATTLE TOKYO ROUND 2008」の感想

2009.07.05 | Posted in 映像

UMB2008

毎年発売を心待ちにしている、ULTIMATE MC BATTLEのDVD。

前年までと違う点は、決勝トーナメントではなくて、TOKYO予選がDVDとして発売されている点。これは間違いなく、TOKYO予選がULTIMATE MC BATTLE 2008のハイライトだからだろう。

TOKYO予選というものは、これほどまでに豪華な面子なんだ。と言う点と、やはり「予選トーナメント」らしく、見ていて恥ずかしくなってくるラップもあった。

MSCのPRIMALなど、B-BOY PARKのMC BATTLE決勝トーナメントに出場していたMCや、ダメレコ勢やDEJIなど、フリースタイル功者として知られる面々も出ていて、単純に心が躍ったけれど、近年の目覚ましいフリースタイルスキルの向上を前にすると、少しばかり肩透かしを食らった。あれ、もっと上手くなかったかな、、、と。

あとは、一部をかいつまんで。

【鎮座DOPENESS vs OSCAR】
このバトルは凄く面白かった。変則的なフローを持つ2MCによるバトル。バトル終了後、太華が「ああいうのは延長させたい」と言っていたが、もっともっと見たかったバトル。

【鎮座DOPENESS vs MESS】
バトル前のシャウト。鎮座DOPENESSの「音楽!」に対し、MESSの「道楽!」という返しには凄いと思ってしまった。このMESSというMCは、そのスタイルからも道楽という言葉がはまっていて、凄く良い言葉選びだと思った。(MESSがラップを始めた理由は「やらされた」というところから。)

【GUINNESS】
少し前にSEEDAとのBEEFがあったから触れるわけでは無くて、いつだったかは失念してしまったけれど、UMB予選の模様がDVDに収録されていて、その時のGUINNESSのラップはもの凄く格好良かった。(環ROYとのバトルの模様)しかし、、、ラップスタイルが全く変わっていて、凄くがっかり。今のスタイルは好きでは無い。

【RUMI】
RUMIの作品を聴いた事があるけれど、特に何も思わなかった。ただ、この人のバトルを見て、その他のMCとひと味もふた味も違う視点のラップは、他を圧倒していたように思う。

【般若】
結果的に、優勝したのは般若。ただ「引退かけている」という姿勢をバトル中にも言葉で発していたのは反則だと思う。悪い言い方をすれば「引退をちらつかせている」と感じるから。ただ、ラップの熱量は目に見えてあったように思う。

【司会陣(MASTER、太華、SharLee)】
これは、毎回思うことなんだけれど、この司会陣のちょっとした言葉が本当にイライラする。特筆すべき点は、今回は2カ所。1つめは、「BES vs GUINNESS」の終了後に、MASTERが「BES、本当に具合悪そうだった。」というような事を言っているが、これは、その他の全参加者に対して失礼極まりない。あと、「はなび vs インダラ」のバトル前、舞台に出るのに時間がかかった際、「ダメレコのわりにひっぱりよる」、「そうですね」と。これどう考えてもおかしい。

UMB2008 2009.06.03 ULTIMATE MC BATTLE TOKYO ROUND 2008 LIQUIDROOM

スポンサーサイト

話題の2人

2009.06.13 | Posted in 音楽

GUINNESSのSEEDAに対するDISが話題。こんなもの(ここでの「こんなもの」という言い回しは蔑んだ意味では無く)に勝敗をつける必要性なんて微塵も感じないし、HipHopが云々という話もどうだって良い。ただ単純に、ゴシップ好きの主婦的な視点として、見ていて楽しい。「おー、やれーやれー」と。

GUINNESSのSEEDAに対するDIS。


SEEDAからのアンサー。


ただ一つだけ言いたいことと言えば、両者共に歌詞の脱字が多すぎる。(SEEDAの動画には歌詞がついていないが、SEEDAのブログから歌詞がダウンロードできる。)何故、アップロードする前に確認しないのか。



2009.06.16 追記

「おー、やれーやれー」と野次馬根性で見ていたけれど、続くGUINNESSのDIS第2弾、および、SEEDAの再アンサーを聴いて、両者のスタンスがまるで違うことが浮き彫りになったように思う。SEEDAは、あくまでラップを目的としており、対するGUINNESSは、目的は相手をねじ伏せることで、たまたま手段がラップであっただけ。という解釈。ラップに主軸を置いているSEEDAには、やはりユーモアがあるし、単純に比喩表現に長けている。本記事の最初で「勝敗なんてつける必要性なんて無い」と言ったが、それはあくまでも曲の上だけでのBEEFであり、実世界での被害が無いことが前提条件である。今回のGUINNESSによる、SEEDA周辺へ電話をする行為を鑑みれば、「人間として」やってはならない方向に向かっている。SEEDAの勝ちということではないけれど、GUINNESSに対しては「そんなことするならやめろ」という思いが強い。

SEEDAによる、

一歩出るたびに音を忘れ もう一歩出るたび楽しさ捨て


誰かをプッと笑かしてえだけ



というラインにはグッときた。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。