スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将絢 × EVISBEATS「offtaride」の感想

2010.09.11 | Posted in 音楽

くレーベル発。大人のためのネオラウンジHIP HOP。

将絢 × EVISBEATS「offtaride」 2010.06.16 将絢 × EVISBEATS「offtaride」

大人。ラウンジ。将絢。この要素を並べ立てただけでも、その方向性がモザイク無しでくっきりと見える。そこにEVISBEATSがどのような土台を提供するのかが気になっていた。EVISBEATSは「AMIDA」に収録された「シャンティシャンティ」の印象が強い。トラックとしてはラウンジという要素にリンクするところがあるけれど、自分を卑下する部分が、今回のような「大人を楽しんでいます」というところにすっぽりとハマるとは思えなかったからだ。でも意外や意外、聴き入るには落ち着き、BGMとしては引っ掛かりの無いところが見事にラウンジ的だった。再生しているとEVISBEATSだと忘れてしまう程で、久しぶりにCDケースを取り出して歌詞を見ようとしたときに「あーこれEVISBEATSだったっけ」と思ってしまった。

ラップは将絢。この手のトラック、および、テーマにおいて将絢は外さない。夜の街を転々とし、気まぐれな女に怒らずに付き合う優男を演じ、別れて久しぶりに再会し「教えてよ何してた?つらいことも冗談まじりでさ」と言い、またそのうち会いましょうねと別れる。最初から最後まで抑揚無く続く5曲が、これまたラウンジ的。

大人。ラウンジ。笑。



スポンサーサイト

遊戯「AROUND中央区」の感想

2009.05.22 | Posted in 音楽

ここ一週間、遊戯のアルバム「AROUND中央区」を聴きまくっていた。一つの作品を短期間でこれほど聴いたのは久しぶりかもしれない。いや、それは、「格好良いから」という事ではなく、何と言うか、模索していたと表現するほうが自然だ。

遊戯 / AROUND中央区 2009年発売 遊戯「AROUND中央区」

全15曲中10曲を手掛けているAKIO BEATS。それが原因なのかはわからないけれど、まあ通り一遍な印象。そんな印象の中、EVISBEATSプロデュースのM-8「ごらんあーれ feat. 韻踏合組合」、VAXIMのM-13「Street Cruising feat. L&J」なんかが箸休めとなった。ただ、M-8は良くも悪くもEVISBEATSというトラックで、M-13もやはりその他のトラックと似たような色合いを持ってはいたけれど。

と言いつつも、AKIO BEATSプロデュースのトラックでも、

M-7「Stand Up!!! feat. NORIKIYO」
M-11「I got it」

は好きだ。「Stand Up!!!」はNORIKIYOによる補正もあるけれど、HOOKが何と言っても好き。「I got it」は作中唯一の静かめなトラック。これは、通り一遍な作品の中で映えていた。もともとこういう静かめなトラックが好きというのもあるけれど。ただ、トラックでいえば、M-15「Outro」が一番好き。なんか余韻を残すようなトラックで、作品の終わりを告げるにはぴったりだ。

今作を聴いて、やはり遊戯のラップは格好良い。韻の踏み方も踏み外し方も独特で、聴いていて全く苦にならない。で、最初に記した「模索していた」というのは、ラップは格好良いのだけれど、トラック面では今ひとつぴんとこなかったからだ。全体として、格好良いのか悪いのか。なんかこう、中央で引っ張られている感覚から抜け出す事ができなかった。ただ、トラックは遊戯のラップとは合っていて、ちぐはぐな印象は一切無かったけれど、逆に「まあこんな感じか」という印象しか残らない面も否めない。

うーん、やっぱり今ひとつ考えがまとまらない。

遊戯「AROUND中央区」CM


EVISBEATS「AMIDA」の感想

2009.05.07 | Posted in 音楽

日々YouTube徘徊。そして見つけるEVISBEATS。

EVISBEATS「Just a Moment feat. vivi」


昨年12月に発売されたEVISBEATSのアルバム。購入した当初に数回聴いて、iPodに放り込んだまま眠っていたけど、改めて今聴いている。(最初は確か908ことKREVAが参加している「八百万」が最も楽しみだったのだけれど、自分の好みとは外れていてがっかりしたのを覚えている。)

EVISBEATS / AMIDA 2008年発売 EVISBEATS「AMIDA」

なんだなんだ。すごく良い。なんで眠らせていたんだ。

EVISBEATSのトラックは独特。ふざけているようでふざけていない、少し抜けたようなトラックが凄く好き。過去、最もインパクトがあったのは、「FIRE」に収録された「はじめてのKILL」。「はじめてのチュウ」のループで頭がおかしくなってくる。

韻踏合組合で活動していた時は、特にあまり引っ掛かりが無かったけれど、EVISBEATS(AMIDA)として活動し始めてからは、凄く気になる存在。くレーベルコンピ【其の五】にも参加しているので、聴きたくてたまらない。

M-2「Just a Moment」は、同名のMIX CDで聴いていて、音源として出て欲しいと思っていたので凄く嬉しい。さくっと聴いてみて、M-7「シャンティシャンティ」の歌詞がツボだ。絶妙な表現で心を持っていかれた。

僕の歌は不出来でも 君が素敵だと伝えたいんだ
君は最高 君はコロシアム
君は最高 君はルーブル美術館
君はシュトラウスのシンフォニー
シェークスピアのソネット ミッキーマウス
君はナイル川 君はピサの斜塔 君はモナリザの微笑み
僕は不当たりの小切手 使えない奴
僕は最低やけど君は最高さ



素敵さを表現するために選択した言葉の数々。不出来どころか最高すぎる。

作品全体を通して非常にまとまりがあって、通して聴くことができる。これを放置していたなんて、、、非常に勿体ないことをした。反省はしている。

一点不満。

EVISBEATS、AMIDA。どっちがタイトルで、どっちがアーティストかごっちゃになる。次回作はもっと判り易いタイトルを熱望。

feat. 横山やすし & 西川きよし

2009.04.28 | Posted in 音楽

悩む。

サイプレス上野とロベルト吉野 / ドリーム 2007年発売 サイプレス上野とロベルト吉野「ドリーム」

買おうかどうか悩む。

ここ最近、サイプレス上野のラップが好き。「WONDER WHEEL」のPVをYouTubeで見ていた時に偶然関連動画にあった曲。「ドリーム」に収録された「LOVE SONG feat. TARO SOUL」。

サイプレス上野とロベルト吉野「LOVE SONG feat. TARO SOUL」


たまらん良い。サイプレス上野のラップも良いんだけど、何と言ってもトラックが凄く好み。TARO SOULのラップもたまらない。この後者2つの要素が凄くマッチしている。因みにプロデュースはBUZZER BEATS。ただ、トラックが好きでアルバムを買うのは危険だなあ。この「ドリーム」、多くのプロデューサーを招いていて、BUZZER BEATSはこの一曲のみ。他にはKAZZ-KやEVISBEATSなどなど。

廃盤になってしまう前には購入しなくてはならない。

あと、この曲をやすきよのプロポーズ大作戦と合わせた編集者のセンスには脱帽。

明日になれば逢えるどうせ でも夢の中でもまた逢おうぜ
世界で一人お前だけ 溢れる思い示すだけ


RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。