スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJ NAPEY「NAP TRAP!」の感想

2010.06.12 | Posted in 音楽

4thアルバム。

DJ NAPEY「NAP TRAP!」 2010.01.20 DJ NAPEY「NAP TRAP!」

DJ NAPEYというと、韻踏合組合の「揃い踏み」のようなストレートな格好良さよりも「ゴエモン」のような「間抜けでありつつも格好良く聴かせてしまうようなトラック」に大きな魅力を感じていた。ただ気のせいか、作品がリリースされるにつれその要素が薄れてしまっていった。因みに3rdは未聴だけど。そして今作品ではそれらが一掃されている。

こうなったのは、2ndに収録された「蓮の花」がきっかけなのではないかという考えは邪推か。「蓮の花」は、神戸薔薇尻のラップという要素が巨大というのはあるが、元ネタを押し込んで作られたトラックには哀愁感が漂っていてそれだけでもなかなか聴ける曲だと思う。その後釜を狙ってか、本作品でもそういった曲が散見されるため、上記のように思ってしまうのだ。

また、アルバムを一周すると味わうことのできる疲労感は今作でも健在。耳を休ませることなくひたすらに叩き込んでくるDJ NAPEY作品を聴き終わると、「これがDJ NAPEY。」ということは身をもって味合わせてもらうことが可能だ。

スポンサーサイト

ICE BAHN「IB法」の感想

2009.11.24 | Posted in 音楽

ICE BAHNのデビューEP。アナログ盤。

ICE BAHN「IB法」 2003.08.23 ICE BAHN「IB法」

デビューEPでこの出来。本当に素晴らしい。本作品に収録された三曲、「IB法」、「クラウチングロケット」、「良い子のラップ講座」。これらは、互いが互いを喰い合わない絶妙なバランスを保った三曲だ。

神髄 ~B of the Essence~」で、あれほどの熱量があったにも関わらず、本作品の「IB法」では、日本的なトラックで繊細さを兼ね備えつつも、太いビートが織り交ぜられた、見事な変化球。各MCのラップも、本作品全体を通して熱量が削ぎ落とされ、良い具合に落ち着きを取り戻している。

続く「クラウチングロケット」は、DJ NAPEYによるトラック。「NO. 18」的な前のめりな勢いを持つトラックにも関わらず、以前と異なりあまり鬱陶しく感じないのは、前記した通りラップの無駄な熱が取り払われたおかげだ。

そして最後に「良い子のラップ講座」。ROCK-Teeによるトラックに韻踏合組合からOHYAとHIDAを迎えた、本EPでのみ聴く事のできる曲。最初に聴いた印象では、はっきり言って肩透かし感が凄かった。というのも、この5MCが揃ったのであれば、もっと躍動感のあるトラック上でマイクリレーを聴く事ができるだろうと期待していたからだ。しかし、蓋を開けてみれば、NHK的トラック。だが、これが時間を経ると、ラップを際立たせるためのトラックとなっており、タイトルの如く「ラップ講座」的で、ラップに集中して聴く事が出来ると気が付く。OHYAとHIDAのラップもこのトラックにぴったりだ。

また、全体を通してみると、耳に残るラインが多数。

詩書く奴は2003 「ICE BAHNってやばくねー」と言い出すはずさ


昔はサンタクロースを信じたわんぱく坊主も
今ではファン獲得に何かすごく 頑張るフォーク


振りすぎてもう首つるフォークリズムのオープニングチューンを
不眠不休でお送りするのにひっぱりダコの神戸ナペイが大袈裟ではなくぴったりだろ


踏むべくして踏む我が営みが ハンパじゃねえから生む笑いと涙
また一歩出した足から生まれる脚線美 見せてやる逆転シーン



この後に発売されたアルバムの印象は悲惨だったものの、本作品の完成度が故の期待感によるものだったのだろうと思う。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。