スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RHYMESTER「ONCE AGAIN」の感想

2009.12.19 | Posted in 音楽

RHYMESTERのカムバック・シングル。

RHYMESTER「ONCE AGAIN」 2009.10.14 RHYMESTER「ONCE AGAIN」

自身が曲を聴く際、比較的早い段階で淘汰される要素は、そのグループのバックグラウンド。仮に、本曲に対して「グループのバックグラウンド」を取り除いてしまった場合、残る魅力と言えばBACH LOGICがプロデュースしているということくらいか。それが今更魅力になるかと言えば甚だ疑問だけれど。

つまり、本曲の魅力はRHYMESTERというグループのバックグラウンドがあってこそということは間違いなくて、そこから放たれるこの歌詞だからこそ重みがある。きっと。歌詞を見ながら曲を聴くと、一度しか見ていないはずのPVのあのシーン、向こうから3人が歩いてくるあのシーンが頭の中に想像できてしまうあたり、BACH LOGICのトラックとも融合して、「あの男が帰ってきた」という雰囲気が出ているのだと思う。という自分は、RHYMESTERが活動を休止していたという事実を最近知って今ひとつピンと来ていないのだけれど、そんな自分でもこんな印象を抱いているのだから、RHYMESTERを待っていた人達にとってはどえらいことになっているだろうと思って検索したのだけれどそれほどでもないみたい。

ただ、本曲に対する印象としては、RHYMESTERが「気がつけば人生も後半のページ なのに未だハンパなステージ」なんて言ってしまうところに、飲み会の席における乾杯で、自分よりもグラスを下げて乾杯しようとしてくる先輩の姿が見えてしまい、後輩にそこまで気を遣わせるのですか、、、と、何とも言えない悲しみに包まれた。

M-3「B-Boy+Girlイズム feat. COMA-CHI(Live in SUMMER SONIC 09)」。COMA-CHIのアルバムに収録されていた「B-Girlイズム」は色物として楽しめたので、本曲についても楽しみにしていたのだけれど、声がとても苦しそうで、抑揚の無いフローが非常に際立っていたCOMA-CHIのラップが聴いていて本当に辛い。こういったところからも「ハンパなステージ」という表現が、逆に「俺達はすごいんだぜ」と言っているようで、悲しみを助長させてくれた。

以上。



スポンサーサイト

COMA-CHI「TIME 2 PARTY feat. AK-69」の感想

2009.12.05 | Posted in 音楽

極上のパーティチューンとの触れ込みで展開された本曲は確かに極上だ。

COMA-CHI「TIME 2 PARTY feat. AK-69」 2009.11.18 COMA-CHI「TIME 2 PARTY feat. AK-69」

ここ最近のCOMA-CHIに見られる歌声も披露され、BPM早めなビートの上でラップをし、HOOKに入る前にはトラックと「GO GO」という掛け声によって盛り上げられる。これらだけでなく、COMA-CHIのあざとすぎる程の作られた声と、AK-69の客演があるからこそ「極上」と謳われているのだろう。

前者については、お祭り騒ぎだとメーター振り切ってしまう女子中高生のクソ鬱陶しいあの感じが良く現れており、気持ちの悪い作られた声に作用されて非常にパーティ感が現れている。後者は言わずもがな。あらゆる客演で、内容の無い歌詞、酒の名前をここぞとばかりに列挙するあのAK-69だ。こいつはとんでもないパーティが始まったぜなんて感じてしまうのも無理は無い。なんて思ったよ。



ごった記

2009.11.08 | Posted in 音楽

COMA-CHIにAK-69が客演するという話をAmebreakで見かけ、意外な繋がりだなあと思っていて、曲のタイトルに目を移すとお茶を吹きそうになりました。「TIME 2 PARTY feat. AK-69」。

 さて問題です。
 COMA-CHI「TIME 2 PARTY feat. ○○」
 さて、○○に入るのは誰でしょう?

という問題があれば、これはなかなかの正解率となるのではないかと。



COMA-CHIの、作っている感丸出しの高い声で放たれるラップがこの上なく気持ちが悪い。「格好悪い」という思いよりも先行して「気持ちが悪い」。

次。

PSGの「David」狙いでCDショップに足を運ぶも置いておりませんでしたと。PSGの注目され具合は頭一つ抜けていた印象があって、本作ならある程度の枚数が入荷されているだろうと高を括っていたのだけれど駄目でした。もう本当にここの日本語ラップ担当者は別の人と変わらんかいと。PSGだけでなく、ここは新譜の入荷具合が非常に悪い。購入意欲というのは店頭ならではの勢いがあって、これを家に持ち帰っても冷静になってしまってどうも購入までに至らないケースが多い。

PSG「David」 2009.10.09 PSG「David」

但し、この間は無かったB.I.G JOEの「Come Clean」が入荷されていたのでこちらを購入。

B.I.G JOE「Come Clean」 2008.10.04 B.I.G JOE「Come Clean」

そして、帰り際に試聴機の前を通り過ぎてみれば、詩音の「Truth」が未だにありましたので、取り敢えずは一睨みしておきましたのでご安心を。

次。

来週、CHIHIROの新譜「DRESS」が発売される。CMがYouTubeに来ていたのでメモとして。



以上。

SOFFet「Jam the Universe」の感想

2009.10.12 | Posted in 音楽

SOFFetの5thアルバム。

SOFFet「Jam the Universe」 2009.09.30 SOFFet「Jam the Universe」

購入してから何度も聴いているもののその度に耳を素通りしていってしまい、期待していた作風とは遠いという事が露になってしまった。

もともとSOFFetの楽曲自体は、HIPHOPからのアプローチよりもPOPフィールドからのアプローチの方がしっくりくるという位、トラック群はとてもやさしくて暖かい気持ちにさせてくれる。SOFFetに求めていたものは、それらのトラックに乗せられるラップを主体とした楽曲なわけだけれど、このところのSOFFetはラップ濃度が非常に薄くなってきてしまって残念に思っていた中で、本作品には、TARO SOUL、COMA-CHI、TSUBOIが客演している曲が含まれているということから、だんだんとラップ主体に戻ってきているのかと少しだけ期待していだのだ。GooFがULTIMATE MC BATTLE予選に参戦したという情報もこの期待を助長させていた。

局所的に見れば確かにGooFはラップをしているし、YoYoは歌を織り交ぜたフローでラップしている。ただ全体を見渡せば、その他の楽曲に埋もれてしまう程に歌っているし、トラックにしてもはっきりと見えるようなビートが刻まれている曲が無くて、これもラップが印象付かない理由の一つでもある。「ソッフェのぽかぽかミュージック」や「Carnival」の頃は、それでももう少しビートが目に見えていた。

そんな中、最も印象に残ったのがM-7「CrossRoad」。スカが取り入れられている本曲は、作品の中で違った風を与えてくれる。M-12「情熱のCarbonation with COMA-CHI, TARO SOUL, TSUBOI, breakthrough」は、全編ラップものの曲だ。YoYo不参加なところが残念だけれど、攻めのある電子音が効いたトラックは凄く良い。GooF、COMA-CHI、TARO SOULの三者は、ラップも歌も両方可能であるためもっともっと面白い事ができるような気がしたのだけれど(COMA-CHIが2バース目で歌っていはいるけれど)、それでも本作品におけるハイライトと言っても良い程に格好良い。一点難があるとすれば、GooFの、

「はいよーお客様いらっしゃいませ。まいど。」



という部分が詰まってしまっていて、曲の出だしから石に躓いているところ。GooFの滑舌の良さが影響してしまっている。滑舌の良さ自体はGooFの持ち味だと思うし、それに関しては全体を通してみても耳当たりが非常に良い。本曲には参加していないが、YoYoの歌は決して上手くはないような気がするのだけれど、そのつつみ込まれるような声質は非常に好みだ。

SONOMI「S.O.N.O」の感想

2009.08.30 | Posted in 音楽

SONOMIの2ndアルバム。聴いた当初には良作と思っていて何度も聴いていた。改めて聴き直してみても、やはり当初の感想とはあまり変わらず、やはり良作ではないかと思う。

SONOMI「S.O.N.O」 2008.09.03 SONOMI「S.O.N.O」

CDを入れたらキューティーハニーが流れてきたと錯覚する程にベース音がそっくりなM-1「Hey!」。SONOMIのラップは、随喜と真田2.0「Festa e Merda di toro」に収録された「家族ゲーム」で初めて聴き、韻が固く、何とも言えない中毒性があって好きだったけれど、本曲で披露する早口のラップは若干辛い。

M-2「ジェネレーション~夜明け前~ feat. COMA-CHI」には、NORIKIYOの2ndに収録された「ALL CITY BOMBING」と同じ匂いを感じる。共にBACH LOGICによるプロデュース。サビ以外での押さえ、サビでの開放、この2つが非常に良く似ている。COMA-CHIのラップには特に感じる事は無く、別に無くても良かった気がする。

本作品のハイライト、M-4「サプライズ」。この曲は凄く良い。トラックはシンプルなビートがメイン。ただ、サビ直後に入る際に味付け程度に挿入されるメロディが絶妙で、ビートと相まって非常に良い。また、この曲は1番をKREVAが、2番をSONOMIが作詞しており、それぞれの歌詞が面白くて良い。

KREVAによる作詞

深夜に突然着信 「テレビを見てた」と嘘つく
「今から逢える?」と聞かれて 「いいよ」と答えて あわてる
ボサボサの髪の毛 腫れた目 (どういうこと?)
潤い忘れた唇 (どういうこと?)
残りわずか携帯の充電 (どういうこと?)
あきらめかけるけど 無理矢理 片付ける


SONOMIによる作詞

あれからひと月経つのに 電話もメールも鳴らない
待つだけの女はうんざり 今度は私がしかける
疑う耳元 留守電 (どういうこと?)
いくら待っても無い返信 (どういうこと?)
聞かせてよ うまい言い訳 (どういうこと?)
あきらめかけた時着信 あなたから



シングルで発売された、M-5「midnight」、M-9「I miss you」は共に好き。M-5の加工された声だって心地良いし、M-9のシンプルな曲の中にあるサビの盛り上がり方も良い。その他の曲だって、平均してどれも好きだ。どの曲も派手過ぎず、シンプルなビートで構成されたトラックが心地良い。

一通り聴くと、唯一避ける曲と言えばM-1くらいなもので、その他はどれも良い。M-11「Everyday ☆エビデー☆」については嫌いではないけれど、作中においては本曲だけやや違った毛色を持っているためか、作品に異物が混入したような印象を受ける。

全体として良作と最初に記した通りではあるけれど、ただ、はっきりと言うと、KREVAによるプロデュースで無かった場合はどうなるのだろうかという疑問も抱く。作曲がSONOMIで、編曲がKREVAという曲もあるけれど、編曲によりどれほどのアレンジが加わっているかが判断できないため、この疑問は払拭できないという点は否めない。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。