スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C-L-C Records Presentz「COE-LA-CANTH meetz Royality」の感想

2009.10.07 | Posted in 音楽

COE-LA-CANTH「CHANGE」に驚く程はまってしまっては、過去の音源だって聴きたくなるもの。本作は、COE-LA-CANTHを中心に現場で繋がったクルー達が集まったコンピレーションアルバム。この中で知っているのは、COE-LA-CANTH、ZIOPS、ROCKASEN。

C-L-C RECORDS PRESENTZ「COE-LA-CANTH meetz ROYALITY」 2007.09.22 C-L-C Records Presentz「COE-LA-CANTH meetz Royality」

一言で表すのであれば、がっかり感がやんごとないことになっているわけだけれど、それはCOE-LA-CANTH以外のMCに引っ掛かりが無かった事に起因する。「CHANGE」で感じたのは、フローが似ているという点なのだけれど、驚く事に本作品に収録されているCOE-LA-CANTH以外のMCにも同様の事を感じた。奇をてらったフローを望んでいるわけでは無いけれど、各MCはそもそも声に力強さが無く、耳に入ってはくるもののその奥に到達する前にフッと消え去ってしまうため、どうも印象として残らない。

M-4「叱られて、雨。 / マリオ」の狙ってか狙わずしてか判らないような舌が回っていないフロー(やや歌い上げるようなフローも見せる)や、M-6「24 HOUR / Pe.YANG」のトラックに飲み込まれているラップ(タワレコで「存在感は特異」と書かれていた)は、完全にスキップ対象。M-9「はじめの一歩 / MOGURA POSSE」は、トラックとラップの相互作用によって90年代後半の雰囲気を醸し出しているため、一瞬耳を持っていかれたけれど、ラップそのものについては特に何も感じなかった。

結局のところ、印象に残ったのはK-MOONのトラックと、M-2「ROYALITY」でのDJ UNO a.k.a. KILLAH SOULのトラックだ。ROCKASENによるM-12「STEP UP」は、ラップも含めて作品内にて相対的に見れば良かったものの、作品の後半に配置された本曲に到達するまでに何度停止ボタンを押下したことか。COE-LA-CANTHは、「CHANGE」の印象もあってか本作での予想は付いていたため特に悪い印象は無い。寧ろ、作品中の中では頭一つ抜けていたようにも感じた。

スポンサーサイト

COE-LA-CANTH「CHANGE」の感想

2009.09.26 | Posted in 音楽

3年ぶり、大阪アメ村の深海魚から届いた2ndアルバム。どのレコードショップのHPにも記載されている「大阪アメ村の深海魚から届いた2ndアルバム」という表現の、絶妙な間抜け具合が格好良すぎてたまらない。嫌みではなく本当に。

COE-LA-CANTH「CHANGE」 2009.08.05 COE-LA-CANTH「CHANGE」

このところ、頭に叩き込むように本作品をループさせて聴いていた。実は、COE-LA-CANTHとしての音源をしっかりと聴いたのは今回が初めてとなる。勿論、MIX CDに収録されていたり、DJ YUIのトラックに乗る悠然のソロ曲を耳にしたことはある。但し、これらの音源で特に引っ掛かりがあったわけでは無くて、手に取った理由としては、悠然のフリースタイル(3 on 3 MC BATTLEのDVD)が結構好きで、音源もしっかりと聴いてみたいと思ったことがきっかけとなっている。

まず、4MC全員(悠然、BOOBEE、OOGAWA、KENTA)に言えることは、ラップに切れが無い。皆が皆、言葉をはっきりと、奇をてらわずに自然体に近いような形でフローしている。それが格好悪いというわけでは無くて、作品全体を通せば安定した心地良さを感じさせてくれているのは確かだけれど、突出した印象を持てなかったのは事実。また、聴き比べれば勿論差異はあるのだけれど、4人ともフローが似ているということもあってか前記した印象を持たすことを助長させているのだろうと思う。と言いつつも、BOOBEEのラップは相対的に見れば切れがある方なので好きだったりするのだけれど。

今作品、各曲のテーマの殆どが、マイクを握ることになった経緯だったり、その周辺に対する想いだったり。このテーマ自体は、よくあるものなので、その人のルーツを知るためにはあって良い、寧ろ、あった方が自分としては嬉しかったりするけれど、作品の殆どがそのテーマで埋まってしまっている今作は、はっきり言って幅が狭すぎて嫌気がさす。作品自体に遊びが無い。もっとくだけた曲があっても良いと思う。M-14「GET DOWN」が、若干(本当に若干程度)くだけているかな。

トラック面で言うと、このK-MOONの作るトラックは殆どが好みだ。派手すぎないメロディのあるトラックは、ラップの邪魔をせず、各ラップと相まって非常に良い塩梅だ。なんだろうかこの独特な感覚は。ややローファイに感じる部分もあったのだけれど(特にM-7「DON'T STOP」)それがまた凄く良い。

試聴はCOE-LA-CANTHのMySpaceで。M-2「はじまり」も凄く良い。

http://www.myspace.com/clcrecords08



2009.09.29 追記

感想を記した以降も本作品をひたすら聴いている。凄く良い。やはりK-MOONのトラックによるところが大きいのだけれど、各人のラップがまた良い具合。上記の感想でも書いているけれど、決して突出しているわけでは無い。但し、安定感は抜群だ。暫くは深海魚と共に遊泳しよう、などとありがちな着地で締めてみる。

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。