スポンサーサイト

--.--.-- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHIHIRO「DRESS」の全曲感想

2009.11.14 | Posted in 音楽

2年半ぶりCHIHIROの2ndアルバム。

CHIHIRO「DRESS」 2009.11.11 CHIHIRO「DRESS」

M-1「DRESS」
 ピアノ上に乗せられるファルセットボイスで開幕。入り口から早速、聴いているこちら側がカラオケで高音が出ない時のあの表情になってくる。

M-2「Miss U part II ~恋してた~」
 作中で最も好きな曲。好きな曲だからこそ、一つのミスが気になる。「最後にしたLast Kiss」。ああ、頭が頭痛するわ。

M-3「Roller Coaster Love feat. HI-D」
 派手に装飾されたトラックが凄く良い。この勢いがローラーコースター感を出しているのだと思うと妙に納得。

M-4「Last Kiss」
 かぶってるかぶってる。M-2とかぶってるよ。

M-5「Make Up feat. USU a.k.a. SQUEZ」
 「Fakeな会話や日常にも飽きたなら心の"JEWELS"明日の"DRESS"見につけなきゃNonsense」。誤植がある事は置いておいて、"JEWELS"や"DRESS"を身につけるなんてそれこそFakeだろう。などと思う方がNonsenseか?こういった、きらびやかなトラック主体のシンガーに客演するMCは、聴こえの良さが重視されたMCが多い印象だけれど、USUのやや引っ掛かりのあるフローは健在だった。こういった意味で、この客演選択はなかなか攻めた選択だったように感じる。

M-6「Ding Dong DANCE」
 軽快なトラックとそれに合わせたサビが凄く良い。オルゴールのねじが巻かれ、今まで息を潜めて静止していた人形が、音楽と共にダンスを始める様を連想させてくれる、イントロのねじを巻く音はなかなかの味付け。(曲解含有率80%)

M-7「Too Late」
 恋愛競争に負け、告げずに終わった恋模様。「誰よりもきれいになって 君が私を見た時に 後悔をしたとしてもToo Late」。残念ながら告げずに終わっているのだから、きれいになったあなたを見たところで生まれる感情は後悔では無いだろうと。この歌の主人公は、「君」の選択肢にも入っていないにも関わらず、「後悔」と表現している時点であたかも「君」の選択肢に入っていたかのような自意識過剰ぶりにビガップ。

M-8「Lonely」
 サビの「代わりはいなくてOnly」以降の歌詞が、前半の表現を台無しに。でも前半は好きだ。「君がいないとLonely 心にいるのはOnly 私の欠片 無くして 全てが満たされないほどに」。

M-9「In the Closet(Interlude)」
 クローゼットの中にも関わらず、何故外の足音が聴こえるのかと。クローゼットの中からDRESSを選んでいるのならば、このタイトルはM-1にこそ付けるべきなのではないかと。M-1から「DRESS」という隠喩もへったくれも無いまさに「答え」を最初に持ってくる手法は、自分だったら排除したいところ。

M-10「Beautiful feat. Sweep」
 Sweepの歌声を最初に聴いた時はHI-Dに似ていると思ったけれど、早計もいいところでした。

M-11「My Place」
 トラックがそろそろ作品の終わりを告げるような締めの印象を与えてくれる。

M-12「Bouquet ~ずっとふたりで~」
 サビ後半の歌詞は、「あなただけの。。。」のくだりを聴けば、その後の歌詞を予想するのは、1.0倍の単勝を予想するよりも容易。

全体
 トラックのキラキラした感じが凄く印象的で、「Jewels」を身につけ、「Make Up」して、「DRESS」を着てと言っている通り、その装飾具合がはっきりとわかる。ただ、この文言の「Make Up」をタイトルに持つ作品が間に抜けているけれど、これが、化粧をしている姿は全面に押し出すのではなく作品の中に埋め込むのみに留めておく(本作のM-5)、という想いがあるのであればもの凄い策士。因みに、悪い印象ばかりが目立つが、実態はそんな事は無く、結構好きでもう10回以上はループして聴いている。

以上。



スポンサーサイト

ごった記

2009.11.08 | Posted in 音楽

COMA-CHIにAK-69が客演するという話をAmebreakで見かけ、意外な繋がりだなあと思っていて、曲のタイトルに目を移すとお茶を吹きそうになりました。「TIME 2 PARTY feat. AK-69」。

 さて問題です。
 COMA-CHI「TIME 2 PARTY feat. ○○」
 さて、○○に入るのは誰でしょう?

という問題があれば、これはなかなかの正解率となるのではないかと。



COMA-CHIの、作っている感丸出しの高い声で放たれるラップがこの上なく気持ちが悪い。「格好悪い」という思いよりも先行して「気持ちが悪い」。

次。

PSGの「David」狙いでCDショップに足を運ぶも置いておりませんでしたと。PSGの注目され具合は頭一つ抜けていた印象があって、本作ならある程度の枚数が入荷されているだろうと高を括っていたのだけれど駄目でした。もう本当にここの日本語ラップ担当者は別の人と変わらんかいと。PSGだけでなく、ここは新譜の入荷具合が非常に悪い。購入意欲というのは店頭ならではの勢いがあって、これを家に持ち帰っても冷静になってしまってどうも購入までに至らないケースが多い。

PSG「David」 2009.10.09 PSG「David」

但し、この間は無かったB.I.G JOEの「Come Clean」が入荷されていたのでこちらを購入。

B.I.G JOE「Come Clean」 2008.10.04 B.I.G JOE「Come Clean」

そして、帰り際に試聴機の前を通り過ぎてみれば、詩音の「Truth」が未だにありましたので、取り敢えずは一睨みしておきましたのでご安心を。

次。

来週、CHIHIROの新譜「DRESS」が発売される。CMがYouTubeに来ていたのでメモとして。



以上。

ジャケットデザイン

2009.10.25 | Posted in 音楽

SNEAのブログにて、建築デザイナーのJulian Hakesによって考案されたハイヒール「Mojito(モヒート)」が紹介されており、このデザインが斬新で、オブジェ代わりに一つあっても良いなと思いました。いやいや、オブジェとしてですよオブジェとして。

Mojito shoe

ところで、このデザインに端を発し、CDジャケットに焦点をあてて考えた事は無かったなあと気が付いた。レコードの場合、ジャケットが大きいために棚の前に置く事によって嫌でもジャケットについてほんの少しだけ考える事があるけれど、CDに関しては全くと言って良いほど考えない。いや、TKC「百姓一揆」のような特殊なジャケットは触れたけれど。

ここで、最近よく聴いているということもあってか、CHIHIROがその標的になったというか、したというべきか。まあ、作品の取捨選択はしてはいるのだけれど、以下がその一例。

CHIHIRO「Jewels」 CHIHIRO「Beautiful feat. Sweep/Bouquet ~ずっとふたりで~」 CHIHIRO「DRESS」

ジャケットに焦点をあててみると、この人の作品は殆どが左からのカット。良くて正面から。これらのジャケットに加え、このシンガーのPVは、左からのカットが多いこと多いこと。そんな事考えながらPVを見ていると、「あと少し。もうちょっと。うん。よいしょ。もうちょっと左向け。」などと邪念が入る。(と、思って「Last Kiss」のPVを改めて見ると遠目の右側からのカットがあったという件についてはこの際置いておく。だってここまで記事書いたんだもの。)

とまあ、どうでも良いのだけれど、CHIHIRO左側自信説を提唱し、誰かに共感していただきたく思い記事にいたしましたとさ。めでたしめでたし。

CHIHIRO「Roller Coaster Love feat. HI-D」の感想

2009.10.22 | Posted in 音楽

DJ Decksteramによるリミックスが収録されていたために手を伸ばした。Remix Special盤は1500円(通常版が1200円)。今思えば、iTunesでDJ Decksteamのリミックスだけを200円で買えば良かった。iTunesでの買い物なんて殆どした事がないので、その発想にはなかなか至らない。次回からはその発想に至れるように努力しようという所存。

CHIHIRO「Roller Coaster Love feat. HI-D」 2008.12.03 CHIHIRO「Roller Coaster Love feat. HI-D」

オリジナル曲はYouTubeで何度か聴いた事があって、今回改めて聴いていると何かで聴いた事のある音使いとメロディだなあと思い、iTunesライブラリを掘ると、Thalia「I Want You feat. Fat Joe」だ。元ネタはBrenda Russell「A Little Bit Of Love」。本曲は「Roller Coaster Love」というタイトル通りに恋愛を掛け合わせた歌詞。つまらない。けれども、このメロディが良い。サビ部分のような豪華に装飾されたトラックがやはりこのシンガーにはぴったりだ。

M-2「Lonley」。

君がいないとLonely
心にいるのはOnly
私の欠片 無くして
全てが満たされないほどに
Baby2...Lonely
代わりはいなくてOnly
サヨナラしたくないから
二人を思い出にまだできない



「代わりはいなくてOnly」以降の歌詞には、なんだか答え合わせ的な役割を感じてしまって邪魔に感じるけれど前半部分は好き。また、本曲のメロディは装飾が足りなくて、シンガーの力だけでは物足りない。

M-3のDJ Deckstreamリミックスは、歌声とのちぐはぐ感が凄まじくて聴いていられない。CHIHIROの歌声によって作り出されるメロディとDJ Deckstreamのトラックが見事に反発している。これはインストで聴くべき曲と判断。M-4「Roller Coaster Love(B.O.D. remix)」は、また違ったアプローチを見せるトラックとなっていて凄く楽しめた。ダンスクラシック的なリズムがあり、ぴったりとはまっているわけでは無いけれど、なんだかんだで曲に引きずり込まれてしまった。

全体的には、その他の作品で抱いた印象と全く変わらない。だからといって、楽しめなかったわけでは無くて、予想の範疇の中で十分楽しむ事が出来た。

M-1「Roller Coaster Love」


メモ
 Thalia「I Want You feat. Fat Joe
 Brenda Russell「A Little Bit Of Love

CHIHIRO「Jewels」の感想

2009.10.13 | Posted in 音楽

久しぶりに取り出して聴くCHIHIROの1stアルバム。このところCHIHIRO漬け。

CHIHIRO「Jewels」 2007.08.29 CHIHIRO「Jewels」

CHIHIROの声質に関しては、「Beautiful feat. Sweep」で記載した通り、か細くて辛そうな声と、ファルセットでの輪をかけて辛そうな声がある種の心地良さを与えてくれて非常に好み。これは、力強さが無いが故にあまり主張せず、スッと耳に入ってきてそのまま頭の中に居座ってくれるからだ。

本作は、オリジナル8曲と、内3曲のリミックス、計11曲の収録。静かめな曲からややアップテンポな曲まで収録されているが、このシンガーには静かめなトラックの上を歌声メインで聴かせるだけの歌唱力があるとは思えない。こういった思いもあり、本作品のM-4「Love & Hate」なんかは好きでは無い。



作品全体を通してみれば、こういった静かめなトラックはM-1「CARE」とM-4のみとなっており、この辺りに自身の声質が故のトラック選びが現れているのではないかと勘ぐってしまう。因みに、M-1「CARE」の1分という短い中にCHIHIROというシンガーの歌声が十分に詰められている。(ヘアサロン「CARE」にて聴く事が可能。)

一方、M-2「Miss U feat. ZANE(three NATION)」やM-3「Glitter」は凄く好みだ。特に、ZANEが客演している前者は、非常にスムースなフローを持つZANEの主張しすぎないラップが凄く合っている。本作品に客演しているMC陣は、独特なフローを持った人選ではなく、耳当たりの良いフローを持つMCばかりだ。強く放たれた個性が無いため、残念ながらZANEを含め、殆ど印象に残っていない。(ZANEはthree NATIONの頃から英語の歌詞もスムースなフローで聴かせてくれるため、そういった意味では好みだけれど。)



因みに、最後3曲のリミックス郡は原曲を遥かに下回っているため、自分としては実質8曲入りアルバム。(M-11「Rise(Okaerio Mix)」は、トラック自体は良いのだけれど、音の大きさがあっていなく、客演しているMCのラップが殺されている。)

RSS
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。